[ai] 平成28年大相撲名古屋場所14日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所14日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所14日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

14日目 幕下の実況と解説

14日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 立田川親方(元豊真将)
リポート : 厚井大樹
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 船岡久嗣
解説 : 谷川親方(元北勝力)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

竜勢の幕下優勝が決定いたしました!

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所13日目 幕下の全取組結果と感想

本メモについて

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、
○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。

ほぼインスピレーションで書いているので
とても大雑把です。時々専門用語も出てきます。

雰囲気でどんな相撲だったかご想像、
もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

14日目 幕下 全取組の結果と感想

●中園-水戸司(三段目)○ 寄り切り
・3-3同士の対戦。
水戸司が前に出て寄り切り。

●榮(三段目)-大元○ 突き倒し
・押し合いから、大元が優勢になり、突き倒し。
【解説】立田川親方(元豊真将)
「榮は受ける時に相手の攻めを
まともに受けすぎている」

●肥後嵐(三段目)-希帆ノ海○ 寄り切り
・希帆ノ海が組み止めて寄り切り。

●桜児竜(三段目)-武蔵国○ 押し出し
・武蔵国突っかける。二度目で立つ。
武蔵国が突っ張って押し出し。

●高麗の国-伯錦○ 下手投げ
・組んで動きの止まる長い相撲。
高麗の国が極めかけるが、
伯錦、左を抜いて前廻しを取り、
最後は掛け投げ気味の下手投げ。

●笹山-克乃富士○ 寄り倒し
・土俵際投げの打ち合い、
もつれて軍配克乃富士で物言い。
克乃富士は起き上がるのに時間がかかる。
映像でも微妙。結果、軍配通り。

●魁ノ隆-久之虎○ 突き出し
・久之虎が一気に突き出し!

●野上-碧己真○ 寄り切り
・碧己真が一気に寄り切り!

○富栄-大翔岩● 寄り倒し
・3-3同士の対戦。大翔岩は膝が痛そう。
富栄がとにかく攻めまくる!
最後は大翔岩の踏ん張りがきかなくなって
呼び込む形となった。

○笹ノ山-大岩戸● 突き落とし
・立合い不成立。二度目で立つ。
笹ノ山が攻め込み、大岩戸が押し返すが、
足がついていかず、直前でばったり。

○朱雀-栃清龍● 寄り切り
・朱雀が双差しになって一気に寄り切り!
盛り上がった!

●琴太豪-大清峰○ かいなひねり
・前さばきの応酬。
手四つで動きが止まった状態から、
タイミングよくひねりが決まる。

●古場-貴源治○ 寄り切り
・3-3の対戦。
貴源治が激しく突っ張り、古場、前傾で耐える。
貴源治が引いたところを古場、頭をつけ、
組む展開に。徐々に胸があって貴源治が寄り切り。
盛り上がった!
古場は顎に突っ張りを受け、口から流血。

○大和富士-安芸乃山● はたき込み
・大和富士が土俵際逆転。

●魁盛王-天空海○ はたき込み
・天空海が動き回って最後ははたき込み。

●虎太郎-彩○ 引き落とし
・3-3同士の対戦。彩が突っ張ってからの引き。

十両土俵入り

○徳真鵬-高三郷● 押し出し
・3-3同士の対戦。徳真鵬が一気に押し出し!

○剛竜-勝誠● 押し出し
・剛竜、勝誠を前傾して中に入れず、押し出し。

○竜電-岩崎● 寄り切り
・組んで動きの止まる長い相撲。
岩崎よく攻めたが攻めきれず。
竜電の上手が勝因か。
熱戦に盛り上がった!

●坂元-武玄大○ 突き落とし
・武玄大がよく攻める!
坂元、横につかせないように動いていたが、
最後は足がもつれるように倒れた。

○明生-碧天● 送り倒し
・明生が土俵際回り込んで逆転!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成28年大相撲名古屋場所14日目の関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク