[ai] 平成28年大相撲名古屋場所5日目(幕下)取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所5日目(幕下)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所5日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

5日目 幕下の実況と解説

5日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 岡崎太希
解説 : 甲山親方(元大碇)
リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 佐藤洋之
解説 : 玉垣親方(元智乃花)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

4日目までの展開

4日目の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所4日目(幕下)取組結果一行メモ

5日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○中園-西山(三段目)● 寄り切り
・中園、立合いすぐに双差しになり、一度は巻き替えられるが、巻き替え返して双差しになって寄り切り!

○大空-大神風● 押し出し
・大空がよく前に出て押し出し。

●貴健斗-羅王○ 寄り切り
・羅王がよく前に出て寄り切り!いい相撲!

○武蔵国-深海山● 押し倒し
・武蔵国、突っ張っていなして突っ張って押し倒し!
※甲山親方(元大碇)、武蔵国について「なかなか重そうな突っ張りだ」

●相山-入江○ 寄り切り
・体格差のある対戦。相山踏み込むが、入江、上手を取って寄り切り!

●美登桜-高麗の国○ 寄り切り
・体格差のある対戦。高麗の国が胸を合わせて寄り切り。

●琴欣旺-蓮台山○ 寄り切り
・体格差のある対戦。蓮台山が中に入って、双ハズから双差しになって寄り切り!よく肘を張っていた。

●笹山-翔傑○ 寄り切り→押し出し
・笹山が双差しになるが、翔傑、抱え込んで体を入れ替え、寄り切り!

●千代雷山-魁ノ隆○ 上手投げ
・組んでの攻防。魁ノ隆が先に踏み込み、上手を取って上手投げ!

○篠原-佐々木山● 寄り切り
・篠原が激しく突っ張って、右を差して寄り切り!見応えのある相撲で盛り上がる!が、佐々木山は足が出ておらず、状態の悪さがうかがえる。

●鋼-双大竜○ 寄り切り
・双大竜が右四つ左上手で一気に寄り切り!

○碧己真-大翔岩● 小手投げ→上手投げ
・大翔岩が双差しになるが、碧己真が小手投げ。

●十勝海-巨東○ 寄り切り
・十勝海が前に出るが、巨東、体を入れ替えて寄り切り。

○力斗-笹ノ山● 押し出し
・力斗が一気に押し出し!

●鳰の湖-寺尾○ 上手投げ
・身長差のある対戦。鳰の湖が先に中に入って攻め込むが、寺尾、肩越しに上手を取って上手投げ。

●照強-芝○ 上手投げ
・体重差50kgの対戦。立合い行司待った。二度目で立つ。芝が張り差しから上手を取って一気に寄る!最後は上手投げ。
【解説】甲山親方(元大碇)「大きい力士が小さい力士に対してよくやる技が張り差し。動きが止まってしまった隙に上手を取る」

●竜王浪-貴源治○ 押し出し
・貴源治が終始突っ張って押し出し!いい相撲!

●古場-魁盛王○ 寄り切り
・魁盛王が先に上手を取って寄り切り。古場は土俵際よく回り込んで粘った。

○翔天狼-高春日● 押し出し
・46kg差の対戦。翔天狼、相手をよく見て押し返して押し出し!

○肥後ノ城-安芸乃山● 引き落とし
・安芸乃山突っかける。二度目で立つ。激しい攻防に盛り上がる!最後は安芸乃山、足があと一歩出ず土俵際まで追い詰めたがばったり。

●栃丸-天空海○ はたき込み
・天空海が当たってからの引き。

●千代栄-高三郷○ 引き落とし
・千代栄、前に出るが足が出ず、はたかれる。

○安芸乃川-勝誠● はたき込み
・身長差のある対戦。勝誠が低く頭をつけ、安芸乃川がはたく。
【解説】甲山親方(元大碇)「勝誠は頭を下げすぎているのではないか?はたきに落ちることも多い」

●力真-白鷹山○ 押し出し
・白鷹山が一気に押し出し!力真は立合いが高い。

十両土俵入り

○鏡桜-天鎧鵬● 寄り切り
・鏡桜が頭をつけて前に出て寄り切り!天鎧鵬はちょっと元気がない。

●坂元-小柳○ 押し出し
・小柳が徹底して突っ張って押し出し!見応えのある相撲で盛り上がる!
【解説】玉垣親方(元智乃花)「今日は技術云々より、小柳の方が前に出ようという意識が強かった」

○明生-諫誠● 突き落とし
・明生が前に出ながら前廻しを取って突き落とし。決まり手の発表に時間がかかる。

●玉飛鳥-魁○ 下手投げ
・組んでの攻防。玉飛鳥有利に見えたが、投げの打ち合いを魁が制した!

●希善龍-若乃島○ 寄り切り
・希善龍突っかける。二度目で立つ。若乃島が中に入って前に出て寄り切り!いい相撲!

感想

この日は体格差のある力士同士の取組が多く組まれました。

甲山親方(元大碇)曰く、小さい力士が大きい力士に勝つためのポイントは、「相手に上手を与えないこと」なのだそうです。

そのためには、「肘を張ること」と「差さないこと」が大事なのだとか。

一方で大きい力士は、「張り差し」を使って上手を狙うのだそうです。

上記メモは、勝敗を分けたポイントっぽいところを赤字にさせていただきました。

別途記事にも詳しく書かせていただきたいと思います。

[ai] 小さい力士が大きい力士に勝つポイントは、相手に上手を与えないこと

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲名古屋場所5日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所5日目(幕内)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所5日目(十両)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク