[ai] 平成28年大相撲名古屋場所6日目(幕下)取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所6日目(幕下)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所6日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

6日目 幕下の実況と解説

6日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 戸部眞輔
解説 : 振分親方(元高見盛)
向正面 : 白岩(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 枝川親方(元蒼樹山)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

5日目の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所5日目(幕下)取組結果一行メモ

6日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●木瀬乃若-希帆ノ海○ 押し出し
・希帆ノ海が木瀬乃若の双差しを振りほどき、よく前に出て押し出し。

○大元-伯錦● 突き出し
・大元突っかける。二度目で立つ。大元が一気に突き出し!いい相撲!

○白虎-貴公俊● 寄り切り
・立合いから右四つに組む展開。白虎が先に上手を取り、腕を返して寄り切り。いい相撲!

●克乃富士-琴福寿野○ 押し出し
・琴福寿野が相手の差し手を嫌い、押し出し。

●羽黒豊-栃の濱○ 押し出し
・羽黒豊はズレる立合い。栃の濱が一気に押し出し。羽黒豊は防戦一方。

○久之虎-香富士● はたき込み
・久之虎、引いてしまったが、香富士も足がついていかない。

○若龍勢-野上● 寄り切り
・若龍勢がいい体勢を作って寄り切り。野上は巻き替えでますます体勢を悪くした。でも、若龍勢は右膝が痛そう>_< 取組中にアキレス腱がブチっといったとのこと。

●武蔵海-宝香鵬○ 押し出し
・宝香鵬がよく前に出て押し出し!いい出足!

○竜勢-富栄● 小手投げ
・富栄突っかける。二度目で立つ。激しい攻防に盛り上がる!竜勢のサポーターが吹っ飛んだ!

○豪頂山-萬華城● 押し出し
・体格差のある対戦。豪頂山突っかける。二度目で立つ。豪頂山、体が離れたところを一気に攻め込む!

○大岩戸-王輝● 押し倒し
・大岩戸が立合いからいなす。どちらも元気がない。

○慶天海-宝龍山● 送り出し
・慶天海が潜って後ろに送り出し。宝龍山は諦めてしまった。

○磋牙司-栃清龍● 送り出し
・磋牙司が横について後ろに回って送り出し!盛り上がった!

○南海力-碧の正● 肩透かし
・南海力、右四つに組み止め、肩透かし。

○朱雀-靏林● 押し出し
・朱雀が双差し!極められかけるが、そこを手繰って一気に攻め込む!

○大清峰-大和富士● 押し出し
・大清峰がよく攻めたが、土俵際際どく、軍配大和富士で物言い。映像では、大清峰の勇み足にも見えるが、大和富士のかかとも微妙。振分親方(元高見盛)は「大和富士は残っているように見える」とのこと。協議は長引き、結果、大和富士の足が出たとの判定で、差し違い。

●大翔龍-琴太豪○ すくい投げ
・大翔龍が一気に出たが、琴太豪、よく回り込んで残して逆転!

●栃登-水口○ 小手投げ
・水口変わって、その後は投げの打ち合いを制した!

●剛士-海龍○ 突き落とし
・海龍が突っ張っていなして崩す。

●高立-唐津海○ 突き落とし
・合計394kgの対戦。高立、前に出るが、唐津海、土俵際逆転!
【解説】振分親方(元高見盛)「高立は前傾しすぎて伸びてしまった」

●舛ノ勝-虎太郎○ 突き落とし
・攻守がなんども入れ替わる、元気のいい相撲で盛り上がる!

■琴宏梅-彩□ 不戦勝
・琴宏梅、ふくらはぎを痛めたため、本日より休場。

○栃飛龍-武玄大● 押し出し
・激しい熱戦!武玄大、栃飛龍の突っ張りを抱え込んで止めるが、栃飛龍、ハズ押しで攻め続けて押し出し!激しい熱戦に盛り上がる!
【解説】白岩(若者頭)「武玄大は栃飛龍のハズ押しを殺せなかったのが敗因」

●徳真鵬-隠岐の富士○ 寄り切り
・隠岐の富士、自分より大きい徳真鵬と胸が合うが、寄り切り。

十両土俵入り

●剛竜-大波○ 押し出し
・立合い行司待った。二度目で立つ。大波出投げで崩して一気に押し出し!

○飛翔富士-琴弥山● 押し出し
・飛翔富士が一気に押し出し。琴弥山の突きにも下がらなかった。
【解説】枝川親方(元蒼樹山)「琴弥山はもっと当たらないといけない。双手突きだけでははさみつけられると何も出来ない」

●岩崎-山口○ 突き倒し
・先に岩崎が突っ張り、はたきにも落ちなかったが、山口が攻め込んで横に崩す。

○竜電-碧天● 寄り切り
・竜電が組み止めて一気に寄り切り!いい相撲!

○大翔鵬-阿炎● はたき込み
・阿炎突っかける。二度目で立つ。阿炎、突っ張るが、はたきに落ちる。
【解説】枝川親方(元蒼樹山)「阿炎は足が出ていない」
※枝川親方(元蒼樹山)、阿炎について「突っ張りはいいものを持っているが、相撲を覚えられている。踏み込んで、突く力をつける必要がある」

感想

今日は熱戦もあれば、元気のない相撲もあるふつうの一日でした。

幕下以下の力士は、この日で3番目の相撲。

そろそろ連勝、連敗の傾向も出てきて、元気のいい人とそうでない人の差も出てくる頃かもしれません。

最後の相撲は、枝川親方(元蒼樹山)が阿炎をとても高く評価しておられるのを感じました。

期待しているだけに「もったいないなぁ」という歯痒い雰囲気も感じて取れました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲名古屋場所6日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所6日目(幕内)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所6日目(十両)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク