[ai] 平成28年大相撲名古屋場所7日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所7日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所7日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




7日目 幕内の実況と解説

7日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 佐藤洋之
解説 : 境川親方(元両国)
向正面 : 西岩親方(元若の里)
リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

6日目までの展開

全勝だった逸ノ城が敗れ、一敗で9人が並ぶ展開となりました。

6日目終了時点での一敗力士は、白鵬、日馬富士、稀勢の里、高安、宝富士、嘉風、逸ノ城、千代鳳、佐田の海です。

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所6日目(幕内)取組結果一行メモ

7日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●豊響-北磻磨○ 突き落とし
・北磻磨が立合い変化!お客さんざわつく。北磻磨が変わると、どこか悪いのではないかと心配になる。。。

○輝-大栄翔● とったり
・予想通りの押し合い。輝が手繰って崩した!

○荒鷲-佐田の海● 寄り倒し
・佐田の海、右四つ左上手で寄るが、荒鷲も見事左上手で逆転!
※境川親方(元両国)、佐田の海について「顔は優男っぽいが腹にしっかりしたものを持った、信用なる男。放っておいてもやることはちゃんとやる」

○貴ノ岩-佐田の富士● 寄り切り
・貴ノ岩が終始横から崩して寄り切り。
※境川親方(元両国)、佐田の富士について「甘いですね。闘志も感じないし、毎日血圧の上がる思いだ(佐藤アナウンサーの「闘志を内に秘めるタイプなのでは?」とのフォローにも)秘めているならいいけど、秘めてないんじゃないですか」
※佐藤アナウンサー、終了後は少し間があったあと、西岩親方(元若の里)に貴ノ岩についての解説を求める。

●錦木-豪風○ はたき込み
・豪風が当たってからの引き。

●徳勝龍-大翔丸○ 突き落とし
・立合い行司待ったでお客さんざわつく。二度目で立つ。大翔丸が立合い先手を取って徳勝龍を引かせる。徳勝龍が押し返してきたところを、土俵際で突き落とし。終始大翔丸のペースだった。

○逸ノ城-玉鷲● 寄り切り
・逸ノ城、玉鷲の押しを組み止めて寄り切り!いい相撲!盛り上がった!
【解説】境川親方(元両国)「逸ノ城は膝が曲がっていたので玉鷲の押しを残せた。悪い時は膝が伸びきっていた」

○千代の国-遠藤● 上手投げ
・怪我に苦しむイケメン対決(笑)遠藤が組み止めていい形を作るが、千代の国、投げて投げて勝機を見出す!遠藤は顔から落ちて流血。盛り上がった!千代の国が気持ちで勝ったような相撲。(でも、千代の国は怪我しそう、遠藤は首の骨が折れそうで怖かった>_<)
【解説】境川親方(元両国)「千代の国は投げを連発して打ち続けたのが良かった」

○碧山-千代鳳● 突き出し
・碧山が一気に突き出し。千代鳳は待ったと勘違いしたような立合いだった。
※その後の吉田賢アナウンサーのリポートによると、待っただと思って「待った」と言っていたとのこと。

○正代-蒼国来● うっちゃり
・正代は胸で当たって双差しを狙う立合いで、両者左四つ右上手に組む展開。蒼国来の方が上手の位置が良く、先に引きつけて寄るが、正代、土俵際豪快なうっちゃり!強えぇ!上手は深く、腰の位置も高かったので、ほとんど背筋力だけで持ち上げたような感じだ。
【解説】境川親方(元両国)「蒼国来は頭をつけるべきだった」

後半

●嘉風-宝富士○ 寄り切り
・見応えのある攻防!初めは嘉風がよく動いて優勢に見えたが、宝富士、我慢して組み止めて寄り切り!

○隠岐の海-松鳳山● 突き落とし
・松鳳山が突っ張り、隠岐の海が横にすかす。

●琴勇輝-高安○ はたき込み
・高安、琴勇輝の突っ張りをしのいでかわしてはたき込み。琴勇輝は起き上がるのに時間がかかる。お腹を打ち付けて、呼吸が止まってしまったとのこと。
【解説】西岩親方(元若の里)「高安は押されていたが、下半身がどっしりしていたのが良かった。欲を言えば前に出て勝ってほしかった」

□魁聖-琴奨菊■ 不戦勝
・琴奨菊、左膝内側側副靱帯損傷のため、本日より休場。再出場の見込みはないとのこと。

○稀勢の里-栃ノ心● 寄り切り
・稀勢の里が一気に寄り切り!押っつけてから左を差した。西岩親方(元若の里)「理想の勝ち方ですね」良かった……!

○栃煌山-照ノ富士● 寄り切り
・栃煌山が双差しになって寄り切り!強い!照ノ富士、抱え込んで力任せに寄る場面もあったが、寄り切れず。
※境川親方(元両国)、栃煌山について「こう言っては横綱大関に失礼だが、この人が横綱大関に勝っても違和感はない」

○豪栄道-御嶽海● 上手出し投げ
・豪栄道、先に組み止めて出投げ!御嶽海は起き上がるのに時間がかかる。右足を引きずっている。寄りを踏ん張った時、右膝の下に痛みが走ったとのこと。でも、その後のリポートによると、そんなに大したことはないようだ。

○白鵬-妙義龍● 下手投げ
・妙義龍、攻め込む場面もあったが、白鵬、土俵際で逆転!が、やはり余裕はあったように思える。

●勢-日馬富士○ 寄り切り
・日馬富士、立合い上手を取ってすぐに体を開いて出投げを打ちながら寄り切り!早かった。

感想

稀勢の里の謎の笑みがようやく復活!(笑)

今日はとてもいい内容で勝てて良かったですvv

白鵬は、妙義龍に攻め込まれる場面もありましたが、やはり、攻め込まれた瞬間の対応が早いですね。

余裕があったように思えます。

前半戦では、千代の国と遠藤のイケメン対決(笑)に、熱戦で興奮しつつも怪我しそうでちょっと怖かったり、正代の不利な体制からのうっちゃりに目を瞠ったり!

熱戦続きでした^ ^

幕内の優勝争い

結果、一敗力士のうち、佐田の海、千代鳳、嘉風は敗れ、成績優秀者は以下のように変遷いたしました。

一敗 : 白鵬、日馬富士、稀勢の里、高安、宝富士、逸ノ城

7日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

7日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 栃煌山
3位 正代

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

この日の解説は境川親方(元両国)でした。佐田の海と佐田の富士へのコメントが対照的で面白かったので、別途記事にさせていただきました^ ^

[ai] 境川節、今場所は佐田の富士に炸裂!

[ai] 境川親方、佐田の海を高く評価「優男っぽいが信用なる男」

中入りの時間には、関取訪問の企画で、千代の国の特集が放送されました^ ^

[ai] 兄の活で幕内復帰!千代の国の関取訪問

平成28年大相撲名古屋場所7日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所7日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所7日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする