[ai] 平成28年大相撲夏場所千秋楽(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所千秋楽(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所千秋楽 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




千秋楽 幕内の実況と解説

千秋楽 幕内の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 白崎義彦
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

一敗の稀勢の里が敗れ、全勝の白鵬が勝ったため、白鵬の37回目の優勝が決定いたしました!

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕内)取組結果一行メモ

千秋楽 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●千代大龍-豊響(十両)○ 突き出し
・豊響が一気に突き出し!

●誉富士(十両)-英乃海○ 引き落とし
・組みたい英乃海と押したい誉富士の攻防。誉富士の足が揃ったところを引き落とし。
【解説】北の富士「英乃海は顎が上がっても残すところが正代に似ている」

○豪風-遠藤● すくい投げ
・遠藤は三賞、豪風は勝ち越しのかかる相撲。遠藤が一気に攻め込むが、豪風、土俵際で逆転!
※遠藤、敢闘賞受賞ならず。すでに11勝しているのだし、無条件であげていいと思うのだが……北の富士さんと舞の海さんも同意見。

○千代鳳-青狼● 押し出し
・千代鳳が一気に押し出し!千代鳳勝ち越し!
※北の富士さん、千代鳳の立合い前の上下運動を「みんな我慢しているけれど、相手は合わせにくくて嫌なのでは?」と苦言。

○錦木-徳勝龍● 寄り切り
・両者左四つ、右は抱え込む形で動きが止まる。最後は錦木がいい流れで寄り切り!いい相撲!

○蒼国来-佐田の海● 寄り切り
・蒼国来がいい形を作って一気に寄り切り!

●大翔丸-御嶽海○ 寄り切り
・御嶽海は敢闘賞のかかる相撲。御嶽海が一気に寄り切り!大翔丸は引いてしまった。
※御嶽海、初の敢闘賞受賞!

●臥牙丸-大砂嵐○ 上手投げ
・大砂嵐は双手のふわっとした立合い。臥牙丸が一気に出るが大砂嵐残し、臥牙丸、巻き替えで体勢を悪くしてしまった。

○豊ノ島-阿夢露● 寄り切り
・豊ノ島がいなして体を入れ替えて寄り切り。どちらもどことなく元気がない。

●大栄翔-玉鷲○ 押し出し
・玉鷲が一気に押し出し!押し相撲先輩が今日も勝った!(笑)

○松鳳山-高安● 寄り倒し
・立合い行司待ったで不成立。二度目で成立。松鳳山が一気に攻め込んだかに見えたが、軍配松鳳山で物言い。映像では、高安の甲も手も先に落ちているように見える。結果、軍配通り。

後半

●正代-嘉風○ 押し出し
・正代は胸で当たる立合いで、嘉風の低い立合いに状態が反る。嘉風が双差しになって一気に押し出し!正代は反ってもすぐ伸び上がるわけではないので、守りも相当強いとみた。嘉風は立合いの角度から流れが全て良かった!

●栃ノ心-宝富士○ 突き落とし
・宝富士が当たってすぐの突き落とし。

○妙義龍-逸ノ城● 押し出し
・妙義龍が一気に押し出し!
※北の富士さん、「今日は妙義龍を褒める相撲内容ではない」と、逸ノ城の負けっぷりをボロクソ(苦笑)

●貴ノ岩-隠岐の海○ 引き落とし
・隠岐の海が一気に前に出て、最後は引き落とし。
【解説】北の富士「(隠岐の海について)こうして見てみると強いのに、上位では通用しない。大輝が上がってくれば少しは刺激になるだろう」

○魁聖-栃煌山● 押し出し
・魁聖が一気に押し出し!魁聖、勝ち越し!
【解説】北の富士「魁聖は大きいのに左の押っつけが強い」難しいことは分からないけれど、大きい力士には難しい細かい技術のようだ!

●碧山-勢○ 寄り切り
・勢立合い差し負けて左四つになるが、碧山が突き落としにきたところを一気に寄り切り!

○琴勇輝-照ノ富士● 押し出し
・琴勇輝が一気に押し出し!照ノ富士、13連敗で不名誉な記録を更新。。。
※北の富士さん、照ノ富士について「出場することが立派とばかりは言えない。出るからにはそれなりの相撲を見せてくれないと。これは前途ある大関が自信喪失に繋がるし、また怪我をする。休んで治した方がいい」同感です。

○琴奨菊-豪栄道● 寄り切り
・琴奨菊が一気にがぶり寄り!立合いから琴奨菊だった。
※北の富士さん、豪栄道の立合いについて「若い衆に稽古をつけるような手を出す立合いはないだろう」と残念そう。

●日馬富士-稀勢の里○ 押し出し
・稀勢の里が日馬富士を圧倒!左四つにはなれなかったが、右からの攻めが良かった!無事に気持ちの切り替えが出来たようで何より!コールもなかった!良かった!
※北の富士さん「今場所一番の相撲」

○白鵬-鶴竜● うっちゃり
・鶴竜が善戦!鶴竜が左を巻き替えたのと同時に、白鵬が反対側を巻き替えるのは、いつもの展開。鶴竜は右から巻き替えられないのを外掛けなどを駆使して前に出るが、最後はうっちゃり。横綱同士の千秋楽の相応しい相撲!いい相撲だった!白鵬も息が上がっている。

感想

優勝が14日目に決まってしまい、やや盛り下がり気味の千秋楽でしたが、上位力士は今日も熱戦を見せてくれました!

稀勢の里は13日目の敗戦のショックを切り替えられて何より^ ^

これで綱取りが来場所に繋がりました!

恐らくは「白鵬に勝った上での優勝」が絶対条件になるかとは思われますが、今度こそ、今まで破れなかった壁をブレイクスルーしてほしいです!

優勝戦線から早々に離脱してしまった鶴竜と日馬富士が頑張ってくれたおかげで、最後まで盛り上がったように思えます^ ^

これこそ土俵の充実じゃないかと思います。

力士さん、関係者の皆さん、そしてファンの皆さん、15日間、お疲れ様でした^ ^

千秋楽 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

千秋楽の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 御嶽海
3位 白鵬

でした!

無事気持ちを切り替えて日馬富士を圧倒した稀勢の里、
勝って敢闘賞受賞の御嶽海、
そして、熱戦を制しての全勝優勝の白鵬がランクイン!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所千秋楽 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所千秋楽(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所千秋楽(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする