[ai] 平成28年大相撲夏場所(幕下)ふり返り | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所(幕下)ふり返り

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 幕下の土俵を、改めて、初日から振り返っていきたいと思います。

番付発表

[ai] 平成28年大相撲夏場所 番付発表

この場所新十両となった宇良と同期の大輝は、西の筆頭!
見事勝ち越し、次の場所の新十両を決めました^o^

阿武咲と旭大星は十両から陥落。
彼らも大勝ちし、一場所での十両復帰を果たします。

また、この場所初幕下の力士は、北勝就、榮、大司、小柳の四人です。

参照 : [ai] 平成28年夏場所 初幕下の力士は4人

初日

[ai] 平成28年大相撲夏場所初日(幕下)取組結果一行メモ

小柳、阿武咲、大輝の活躍が印象に残りました。

小柳は場所全体を通してとにかく強かった記憶がありますが、阿武咲は「一場所で絶対戻るぞ!」という気迫、大輝も一場所で絶対に新十両を決めるという気合いを感じました!

阿炎と芝の相撲は、始まる前から両者への声援が多く、盛り上がっていました!

相撲もその期待に応える素晴らしい内容だったのですが、最後、芝が怪我をしてしまったことだけが残念でした>_<

2日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所2日目(幕下)取組結果一行メモ

特に誰が、というのはないのですが、熱戦続きの2日目でした!

幕内や十両にはない、関取目前の幕下という番付特有の必死さに、胸を打たれるものを感じました。

3日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所3日目(幕下)取組結果一行メモ

この日は唐津海、濱栄光、鋼、羽黒豊が登場!
いずれも1年以上の歳月をかけて、幕下に復帰した力士たちです。

参照 : [ai] 一年以上かけて幕下に復帰した力士たち(平成28年夏場所)

幕下って、世間一般では認知もされていない番付ですが、ここまで上がるのもまた、大変なんですよねぇ。。。

4日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所4日目(幕下)取組結果一行メモ

寺尾と力斗の激しい突っ張り合いに盛り上がりました!

初日の阿炎戦で足首を痛めた芝は休場。

武玄大-照強戦では、武玄大の指が明らかに照強の髷に引っかかっていたのですが「勝負に影響はなかった」との理由で反則扱いにはならず、一部のファンのあいだで物議を醸しました。

力士会からの要望により、審判部は「髷を掴みの反則は、勝負に影響が出たかどうかで判断する」という見解で一致することになったようですが、故意であれ過失であれ、髪の毛引っ張られて勝負に影響出ないことなんてあるの?という感じですもんねぇ。。。

5日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所5日目(幕下)取組結果一行メモ

この時点で早くも、優勝は阿武咲か小柳ではないかと予想していましたが、見事、千秋楽はこの両者による優勝決定戦となりました!

とにかくこの両力士の勢いを感じた一日でした^o^

管理人の地元越谷出身の阿炎も、この時点では3連勝だったので、期待していたのですが…… 3連勝のあと、少し失速することになります(苦笑)

6日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(幕下)取組結果一行メモ

この日も熱戦続き。

三保ヶ関親方(元栃栄)の解説がとても分かりやすかったので、より楽しく観ることが出来ました^o^

7日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所7日目(幕下)取組結果一行メモ

この日も熱戦続き。小柳と阿武咲の勢いをますます感じました。

この日のBS中継では、奄美大島出身の力士と島相撲について話題になりました。

参照 : [ai] 相撲どころ・鹿児島県奄美大島出身の力士たちと島相撲

この日、初めて有名な指導者・禧久昭広(きくあきひろ)先生について知りました!

中日

[ai] 平成28年大相撲夏場所中日(幕下)取組結果一行メモ

この日も熱戦続き。

特に阿炎-若乃島戦は、始まる前から声援が多く、盛り上がっていました!

その期待に応える素晴らしい相撲でした^o^

この日は新序出世披露も行われました。

参照 : [ai] 平成28年夏場所の新序出世披露 モンゴル出身・朝日龍など12人

9日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所9日目(幕下)取組結果一行メモ

栃丸-飛翔富士、明生-栃飛龍と、二番続けて激しい熱戦が続きます!

明生は栃丸の同期、栃飛龍は栃丸の兄弟子なので、目の前で栃丸が熱戦を制したのを見て、二人とも気合いが入ったのかな?なんて思いました(笑)

スポ根ドラマのような一日でした(笑)

10日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所10日目(幕下)取組結果一行メモ

この日は三番目の終盤から幕下の前半にかけて、怪我をする力士が続出>_<

特に苦労して幕下に戻ってきた濱栄光の怪我は、さぞや無念だろうなと思えてなりませんでした。。。

スポーツであり、それも格闘技である以上、怪我は避けては通れないことかもしれませんが、それでも怪我は、あまりしないでほしいです>_<

11日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所11日目(幕下)取組結果一行メモ

この時点で、6戦全勝は阿武咲、高三郷、小柳の3人。

高三郷には申し訳ないのですが、阿武咲と小柳の決定戦になる予感がますます高まります。

12日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所12日目(幕下)取組結果一行メモ

松ヶ根親方(元玉力道)の「もう一腰落とせば良かった」の解説になるほどと頷いたり、

細い大波が大きな飛翔富士をぶん投げて盛り上がったり、

際どい相撲なのに物言いがつかなくてモヤモヤしたり。

色々あった一日でした。

13日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所13日目(幕下)取組結果一行メモ

阿武咲と小柳がともに勝って7戦全勝とし、千秋楽、両者による優勝決定戦となりました!

叩き上げ若手ホープの阿武咲と、学生出身エリートの小柳。

いい組み合わせに、期待感が高まりますvv

(この時はまさか、14日目に幕内の優勝が決定してしまい、千秋楽一番の楽しみが幕下の優勝決定戦になる羽目になるとは、夢にも思っていませんでした(^_^;))

14日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕下)取組結果一行メモ

この日は幕下の取組数が少なく、三段目上位の取組がたくさん放送されていました。

こちらも熱戦が多かったです!

千秋楽

[ai] 平成28年大相撲夏場所千秋楽(幕下)取組結果一行メモ

竜電-濱口という3勝3敗同士の取組が組まれ、濱口が勝って勝ち越しを決めます!

その後十両の枠が空き、濱口改め志摩ノ海の新十両が決定!おめでとうございます^o^

注目の優勝決定戦は、小柳が圧倒的な強さを見せました!

思わず「マジか!」と叫んでしまいました(苦笑)

これは十両も二場所あれば余裕で通過するだろうと確信。

稽古場では正代と互角に渡り合っているという情報も、あながち盛られたものではないだろうと思えてきました!

小柳の優勝インタビューは、下記記事をご参照のこと。

参照 : [ai] 幕下優勝 小柳のインタビュー(平成28年夏場所)

なかなか根性の据わった若者だなと思いました。

総括

阿武咲と小柳が特に印象に残りました。

阿武咲は元々の実力もさることながら、「絶対に一場所で十両に戻るぞ!」という気合いを感じました!

小柳は、とにかく強かった!

幕下でも、頭一つ抜きん出ている感がありましたね。

それで幕下付出しが叶わないって、アマチュア相撲のレベルも相当高いのだなと思います。(プロ入りしてからドーンと伸びた部分も、あるかもしれませんが……)

濱口改め志摩ノ海の新十両も、嬉しかったです!

「怪我で番付が下がっても、腐らずに頑張っていた」という評判を度々聞いていたので、そういう人が十両になったと聞くと、嬉しくなります^ ^

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

平成28年夏場所 幕内と十両のふり返りも書いております。あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り

[ai] 平成28年大相撲夏場所(十両)ふり返り

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク