[ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所(幕内)ふり返り

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年夏場所 幕内の土俵を、改めて、初日から振り返っていきたいと思います。

終わった今となっては「まあいいか」となっていることもあるのですが、そこはその時の気持ちをもう一度思い出して、振り返っていきます。

番付発表

[ai] 平成28年大相撲夏場所 番付発表

新三役で勝ち越しは難しいのではと思っていた琴勇輝と魁聖は見事勝ち越し!
新十両の佐藤と宇良は、期待をいい意味で裏切る大活躍でした^o^

幕下西筆頭まで番付を上げた大輝は、硬さが出て3連敗する場面はあったものの、その後盛り返して翌場所の新十両が決定。

十両から幕下に落ちた旭大星と阿武咲は、見事、一場所で十両に返り咲きました^o^

初日

[ai] 平成28年大相撲夏場所初日(幕内)取組結果一行メモ

初日は横綱・大関は全員安泰。
新入幕の錦木も、白星発進です♪

その「錦木」の四股名の由来を聞いた北の富士勝昭さんは、とても感銘を受けていらっしゃいました!

参照 : [ai] 北の富士さん、錦木の四股名の由来に感銘を受ける。

また、この場所をもって、安美錦は歴代幕内在位場所数が寺尾と並んで4位タイとなります。

参照 : [ai] 安美錦、幕内在位場所数4位タイ

また、八角理事長新体制の下、審判部の面々も大きく入れ替わります。

琴勇輝の「ホウっ」が禁止になったり、立合いの手付き不十分を厳しく指摘されるようになり、初日からモヤモヤする相撲も目立ちましたm(_ _)m

参照 : [ai] 新しい審判部と地方場所の担当部長(平成28年夏場所)

場所前には熊本で大きな地震が起こったため、熊本出身力士たちの心境のコメントも紹介されていました。

参照 : [ai] 大地震に関する熊本出身の力士たちのコメント

2日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所2日目(幕内)取組結果一行メモ

2日目も上位力士は安泰。

白鵬は幕内勝ち星数が880となり、魁皇を抜いて単独の1位です!

参照 : [ai] 白鵬、幕内勝ち星数1位

正代は初めて横綱日馬富士に挑みましたが、全く歯が立ちませんでした。でも、横綱相手だろうが怯まずに、胸で当たって双差しを狙う自分の相撲を貫く姿に、大物の予感を感じました。

錦木は2連勝。十両時代の攻めの遅さを克服しつつある印象を、この時は受けました。

中入りの時間には、八角新理事長のインタビューも行われました。(収録ではなく、生で)

「土俵の充実とは、力と力のぶつかり合う相撲が充実した状態である」という理事長のビジョンや、審判部の講習会についての言及などを聞くことが出来ました。

それを言及されたそばから明らかな誤審と思しき相撲もあったので、審判部の講習会は、ぜひやっていただきたいところです。

参照 : [ai] 八角理事長の語る、これからの相撲協会のビジョン

3日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所3日目(幕内)取組結果一行メモ

2日間安泰だった上位陣の一角が崩れました。
大関照ノ富士は新関脇の勢に、横綱日馬富士は逸ノ城に敗れます。

照ノ富士は怪我をしていることと、大関になる以前は勢を苦手としていたこと、勢がここ最近力をつけていることから、薄々想像は出来たのですが、日馬富士はまさかでした!

逸ノ城が、少しずつですが、目覚め始めているのを感じました。

4日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所4日目(幕内)取組結果一行メモ

この日は結びに、正代が白鵬に挑戦!

とても楽しみな一番だったのですが、時間いっぱいでの正代コールに全てが台無しにされ、とてもモヤモヤm(_ _)m

吉田アナウンサーが上手くまとめてくれたことで、ちょっと救われました^ ^

また、この日は取組合間に、モンゴルの県(アイマク)についてのお話がありました。

参照 : [ai] モンゴルの県と出身力士たちの分布

5日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所5日目(幕内)取組結果一行メモ

この日は勢が鶴竜に勝利!

とてもいい内容の相撲に、前の前の取組での白鵬の振る舞い(いつも太刀持ちをしてくれている魁聖へのダメ押し)に対するイライラが吹き飛びました!(笑)

また、この日は藤井康生アナウンサーが、大栄翔のきれいな仕切りを好評価されていました。きれいに手をついて仕切ることは、実は理に適ったことであることも判明!

参照 : [ai] 大栄翔のきれいな仕切り

(改めて↑の記事を読み返してみると、むだに埼玉出身を推しすぎている(^_^;)

6日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(幕内)取組結果一行メモ

手付き不十分で止められる相撲が多く、モヤモヤした一日でしたm(_ _)m

それの何が嫌、って、そのせいで力士の集中力がそがれて白けた相撲になったり、せっかくの快心の相撲が不成立扱いにされてしまうからですよ。

それでいて、ちゃんと手をついていた方が仕切り直しで集中力を奪われ、不十分だった方が勝ってしまう、なんてことも多いから、余計に。。。

この日あたりから、お客さんも徐々に、勝負を止める行司さんや審判に対してイライラを露わにするようになってきました。

真面目に、手付きの講習会とか、先に手をついて後の先の立合いを身につける稽古とか、するようにした方がいいと思います。。。

7日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所7日目(幕内)取組結果一行メモ

前日、手付き不十分で勝負を止められ、集中し直すことが出来ずに敗れてしまった豪栄道。この日はそのショックを引きずることなく、いい内容で勝ちました!

その手付きについて、北の富士さんは「三度目の立合いも手をついていなかったのだから不成立にするべきだろう」と苦言を呈しておられました。

参照 : [ai] 北の富士さん、豪栄道三度目の手付き不十分を指摘していない審判を指摘

一方で、照ノ富士は3日目から5連敗。

上位の勝ちっ放しは白鵬と稀勢の里のみとなり、徐々にこの二人の一騎討ちの展開が見えてきました。

また、この日は隠岐の海が手から落ちて敗れたため、北の富士さんがとても残念がっておられました。

参照 : [ai] 北の富士さん、手から落ちた隠岐の海を叱る

中入りの時間には、双葉山の時代に活躍した若浪さんのつり出しの特集が組まれました。

参照 : [ai] この人この技・若浪のつり出し特集

その3日後に、栃ノ心がつり出しを決め、技能賞を受賞することになるとは、この時は夢にも思ってませんでした。

中日

[ai] 平成28年大相撲夏場所中日(幕内)取組結果一行メモ

この日も白鵬と稀勢の里はともに勝って全勝をキープ。

稀勢の里は翌日、一敗で好調の豪栄道との対戦が組まれ、ワクワク感が増しますvv

一方白鵬は、ぱっと見変化にも見えるような立合いに、お客さんからはブーイング。(実際は、カチ上げが琴勇輝の双手突きに当たったことで、物理的に両者の体が弾かれる形となったので、変化ではないのですが……)

それよりはむしろ、ダメ押しをこらえて琴勇輝を土俵内に戻したあと、後ろから突き飛ばすような「ダメ戻し押し」の方が、わたしは嫌でしたm(_ _)m

でも、中入り時間に放送された、宇良の締込み特集に心が和み、まあいいかと思いました(笑)

参照 : [ai] 宇良の締め込みが出来るまで

9日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所9日目(幕内)取組結果一行メモ

中日に対戦が発表された時は、ただワクワクしていただけだった稀勢の里-豪栄道戦ですが、気が付いたら物凄く緊張してしまい、勝負が終わる頃にはぐったりでした(笑)

快心の豪栄道に対して稀勢の里が完勝という、素晴らしい内容でした!

参照 : [ai] わたしが疲れるほど緊張した稀勢の里-豪栄道戦

一方で、白鵬は立合いのカチ上げで勢を一発KO。まあ、物議を醸す相撲とは思いましたが、北の富士さんの「対戦相手が何とかしないといけない」の一言に納得し、これを打ち破れる力士が現れることに気持ちを向けることにしました。

参照 : [ai] 白鵬は勢をカチ上げで一発KO!これをぶち破る力士の登場に期待!

またこの日、北の富士さんは、髷掴みに対する持論も述べておられました。個人的には激しく支持です。

参照 : [ai] 北の富士さん、「髷をつかんだら取り直しにすべき」持論を展開

向正面の解説の桐山親方(元黒瀬川)は、立合い、先に手をついて待つことのメリットについても話して下さいました。とても目からウロコなお話でした。

参照 : [ai] 桐山親方(元黒瀬川)が立合いを合わせることのメリットを語る

10日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所10日目(幕内)取組結果一行メモ

稀勢の里は琴奨菊に完勝!大関同士の相撲と呼ぶのに相応しい内容に、幸せな気持ちになりましたvv

一方、白鵬は土俵へ上がると同時に、お客さんから「今日は横綱相撲取れよ!」と言われていて、思わず笑ってしまいました(笑)

でも、相手が手負いの照ノ富士だったことがある意味では良かったのか、それで挑発されて荒れることはなく、期待に応えて横綱相撲で完勝。

ホッとしました(笑)

11日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所11日目(幕内)取組結果一行メモ

稀勢の里は勢に完勝。勢は本来右四つ得意の力士ですが、左四つになっても、右からの小手投げが強烈です。でも、慌てずに対処しました。

白鵬も横綱相撲で琴奨菊を組み止め、退けました!「白鵬にはこういう相撲を見せてほしい!」とまさにわたしが期待している内容の相撲でした!

同様に思われたファンの方も多かったようで、ツイッターには「白鵬にはこういう相撲を見せてほしい」「ダメ押しとかカチ上げとかいいから、こういう相撲見せて」という内容の書き込みが多くみられました。

参照 : [ai] 白鵬、横綱相撲で琴奨菊に完勝!

一方で、色々と残念だったのは豪栄道。師匠の境川親方(元両国)にボロクソに言われていました(笑)

参照 : [ai] 境川親方、豪栄道の張り差しに「バカの一つ覚えみたいに」と味のある苦言

12日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所12日目(幕内)取組結果一行メモ

稀勢の里は安定感ある相撲で12連勝。

前日師匠にボロクソに言われた豪栄道は、白鵬の張り手→カチ上げにも怯まずに頭から突っ込んで中に入り、善戦しました!

前日に師匠の話しておられた「自信を持って当たって中に入れ」という教えを実行する内容の相撲でした。いい相撲でした^o^

(のちに、この相撲が原因で眼窩内壁骨折していたことが判明しますが……)

13日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所13日目(幕内)取組結果一行メモ

全勝同士の白鵬-稀勢の里戦が組まれました!

事実上の優勝決定戦。白鵬の完勝でした!素晴らしい熱戦でした^o^

出来れば稀勢の里に勝ってほしい思いはありましたが、白鵬が格好良かった!あぁ、やっぱり強いなぁと、感嘆の声しかないです。

これだけの熱戦なら、もはやどちらが勝とうが関係ないです。

参照 : [ai] 全勝対決は白鵬が稀勢の里に完勝!素晴らしい熱戦でした!

14日目

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕内)取組結果一行メモ

優勝戦線からはすでに後退しているものの、日馬富士が横綱の意地を見せ、白鵬戦を盛り上げてくれました!いい相撲でした^o^

一方、稀勢の里は完全に集中力が切れてしまったのか、いつもの稀勢の里に。。。横綱とはいえ、分のいい鶴竜に一方的に敗れますm(_ _)m

結果、白鵬37回目の優勝が決定!

白鵬の優勝は素直に祝福したいものの、いつもの稀勢の里に戻ってしまった稀勢の里に対しては「もーーーーう!」という気持ちでいっぱいでした(苦笑)

でも、伊勢ヶ濱親方(元旭富士)の解説がとても的確で分かりやすかったため、最後まで楽しく観ることが出来ました!

参照 : [ai] 伊勢ヶ濱親方の解説がとても的確だった14日目

千秋楽

[ai] 平成28年大相撲夏場所千秋楽(幕内)取組結果一行メモ

14日目は集中力が切れていつもの稀勢の里に戻ってしまった稀勢の里ですが、千秋楽は切り替えて、日馬富士相手に素晴らしい相撲で完勝!

これで綱取りが来場所に繋がりました!

一方白鵬は、千秋楽も鶴竜相手に熱戦の末、勝利!
37回目の優勝を全勝で飾りました!

三賞は、殊勲賞は該当者なし。

敢闘賞はともに勝てばという条件付きで、遠藤と御嶽海がエントリーされ、遠藤は敗れて受賞ならず。御嶽海は勝って11勝目をあげ、初の受賞です!

技能賞は「つり出し」の技術などが評価された栃ノ心が初受賞しました。

総括

上位力士同士の熱戦が、久々にたくさん見れた場所だったように思えます!

特に14日目、千秋楽、白鵬と稀勢の里の対戦相手となる鶴竜、日馬富士が頑張ってくれたことが、とても良かったですね^o^

今場所は、優勝戦線からは離脱している上位力士も、意地を見せたいい相撲をよく見せてくれました!

それもこれも、初場所の琴奨菊の優勝が、周りの横綱大関にも良い影響を及ぼしているように思えます。

若手力士の台頭にも、期待が持てました。

帰り入幕の遠藤は、十両落ちがあったせいか懸賞金が一気に減りましたが、結果は12勝!体も大きくなったし、強くなって戻ってきたように感じます!

次はまた上位と当たる番付になるかと思いますが、上位力士相手にどれだけ通用するようになっているのか、楽しみですvv

正代は上位初挑戦の場所で、見事跳ね返されましたが、6勝なので及第点ではないでしょうか?強い相手にも怯まずに自分の相撲を貫き、負け続けても自分の相撲を見失わないところには、大物の予感を感じました。

御嶽海はいよいよ、来場所が上位初挑戦の場所。まあ壁に当たることは想像出来ますが、何かしらの爪痕は残してほしいところです。

逸ノ城は……まだ相撲にムラはあるものの、少しずつ意識が変わっているであろうことは感じます。

唯一、心配なのは照ノ富士。3日目以降はほとんど相撲らしい相撲が取れているようには思えなかったし、怪我が悪化したり、治りが悪くなることが心配です>_<

若くて将来が有望な力士なので、しっかり治して、また元気な姿を見せほしいです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

平成28年夏場所 十両と幕下のふり返りも書いております。あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所(十両)ふり返り

[ai] 平成28年大相撲夏場所(幕下)ふり返り

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク