[ai] 平成28年大相撲夏場所12日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所12日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所12日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




12日目 幕内の実況と解説

12日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 陸奥親方(元霧島)
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 吉田賢
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

11日目までの展開

11日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

全勝 : 白鵬、稀勢の里
二敗 : 鶴竜、日馬富士

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所11日目(幕内)取組結果一行メモ

12日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●豪風-千代大龍○ 引き落とし
・千代大龍がバチン!と当たってからの引き落とし。

●英乃海-阿夢露○ 肩透かし
・阿夢露が動きの中で肩透かしを決めたかに見えたが、軍配阿夢露で物言い。映像では、頭を押さえているので髷掴みの確認だろうか?結果、髷は掴んでいないとのことで、軍配通り。
※審判長の友綱親方(元魁輝)、力士の名前を覚えていないどころか、西と東もごっちゃになっていて、ちょっと説明が酷いm(_ _)m

○千代鳳-錦木● 寄り切り
・千代鳳が低く当たって、左四つ右上手で一気に寄り切り!早かった!

●佐田の海-大翔丸○ 押し出し
・大翔丸が一気に押し出し!

●蒼国来-青狼○ 寄り切り
・蒼国来突っかける。二度目で立つ。青狼が両廻しを取って寄り切り。蒼国来に上手を取らせなかった。

○松鳳山-御嶽海● 寄り切り
・立合い行司待った。二度目で立つ。松鳳山が立合い直ぐに左四つ。右上手も取って寄り切り。御嶽海は何も出来ず。。。さすがにがっちり上手を取られてしまうと厳しいか。
【解説】舞の海「御嶽海は最近は密着しても取れるようになってきたが、背が低いので頭をつけないと不利」今日は頭を上げる体勢になってしまった。

○遠藤-大砂嵐● 押し出し
・遠藤が立合いから双差し速攻で一気に出る!大砂嵐の肘打ちに近いカチ上げも食らわない(当たってはいたけどクリーンヒットではなかった)。早かった!

●貴ノ岩-臥牙丸○ 押し出し
・臥牙丸が一気に押し出し!

○栃煌山-徳勝龍● はたき込み
・栃煌山が立合い変化。ざわつく。よっぽど連敗を止めたかったのだろう。。。
【解説】陸奥親方(元霧島)「こういう相撲があるから、上(へ行くの)が難しいのだろう」
※取組後、吉田アナウンサーのリポートによると、栃煌山の付け人は「関取がこういう分かりやすい変化をするのは初めて見ました!たまにはいいですよね?」という雰囲気だったそうだが、本人は難しい顔をして一言も話さなかったとのこと。

●豊ノ島-高安○ すくい投げ
・豊ノ島がいい攻めで攻め込んだかに見えたが、高安、逆転のすくい投げ!
【舞の海さんの解説】「豊ノ島の敗因は高安に上手を与えたこと」→高安は上手は取っていない。
【陸奥親方(元霧島)の解説】「豊ノ島は攻め急いで、体を預けるのが早かった。もう一歩足を出していれば良かった。足が出ないのは稽古不足だろう(笑)」
【吉田アナウンサーリポートの本人談】豊ノ島「足が出なかった。相手の差し手が完全に死んでいなかった」本人の解説が一番的確(笑)

後半

●大栄翔-栃ノ心○ つり出し→寄り切り
・栃ノ心が捕まえてつり上げる!つえぇ!決まり手はつり出しから寄り切りに訂正。つり上げてから最後は着地してから足を踏み出していた。

○碧山-玉鷲● はたき込み
・玉鷲が突っ張るが、碧山、回り込みながらはたき込み。
【解説】陸奥親方(元霧島)「玉鷲は上半身だけで突っ張っていて、下半身に力が入っていない」

○嘉風-逸ノ城● 寄り切り
・中に入りたい嘉風と、入れたくない逸ノ城の攻防!逸ノ城がまともにはたいたところを一気に出た!

○魁聖-妙義龍● 寄り切り
・魁聖、攻め込まれる場面もあったが、体を入れ替えて一気に寄り切り!豪快だった!

○正代-隠岐の海● 寄り切り
・正代、胸で当たって上体が反り、一気に持っていかれるが、残して逆襲!残したあとは強かった!

○宝富士-勢● 寄り切り
・宝富士が差し勝って左四つ。勢は右の上手を取るが、切られる。最後勢捨て身の小手投げが決まったかに見えたが、その前に足が踏み出していた。お客さんには分かりにくかったのか、宝富士に軍配が上がるとざわついた。

○稀勢の里-照ノ富士● 押し出し
・照ノ富士突っかける。二度目で立つ。稀勢の里が問題なく押し出し。

○琴奨菊-鶴竜● 寄り切り
・琴奨菊が一気にがぶり寄り!

○白鵬-豪栄道● 引き落とし
・豪栄道、白鵬の張り手カチ上げにも怯まず踏み込み、廻しを取って前に出る!及ばなかったが見せ場は作った!

※取組前の豪栄道コールに白崎アナウンサー「以前の大相撲の雰囲気ではありませんね」「苦しい時期を支えてきた白鵬としては、相手への手拍子は複雑な思いがあるかもしれませんね」と白鵬を気遣う。優しい。
※舞の海さん「カチ上げ」を当然のように「肘打ち」と言う(笑)確かに肘打ちだが(^_^;)

○日馬富士-琴勇輝● 寄り切り
・日馬富士が一気に寄り切り!早かった!琴勇輝は土俵に戻るのに時間がかかり、やや足を引きずっているよう。大したことないといいが……

感想

稀勢の里は変わらずの安定感で12連勝。

白鵬-豪栄道戦は、豪栄道コールが起こって白鵬が荒れてしまわないかハラハラしましたが、大丈夫でした^ ^

張り手カチ上げという、賛否の分かれる立合いではあったのですが、豪栄道が怯まず先に踏み込んでいきました!

前日、師匠に怒られたのが効いたのでしょうか?(笑)

参照 : [ai] 境川親方、豪栄道の張り差しに「バカの一つ覚えみたいに」と味のある苦言

前日に境川親方(元両国)がおっしゃっていた「自信を持って踏み込んで中に入れ」という教えを実行していましたね^ ^

あと一歩及ばなかったけれど、いい相撲でした!

鶴竜は琴奨菊に敗れて、優勝戦線からは後退。
琴奨菊が意地を見せました。

12日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

12日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 遠藤
3位 琴奨菊

でした!

安定感のある稀勢の里、
大砂嵐のカチ上げによく対応した遠藤、
意地を見せた琴奨菊がランクイン!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、12日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りとなりました。

全勝 : 白鵬、稀勢の里
二敗 : 日馬富士

鶴竜は琴奨菊に敗れて優勝戦線から後退。琴奨菊が意地を見せました!

13日目の幕内好取組

全勝の白鵬と稀勢の里が直接対決です!

ドキドキします>_< 緊張しすぎて、わたしが相撲始まる前に心臓止まってしまわないか心配です>_<(笑)

どちらが勝っても、いい相撲でありますように。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所12日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所12日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所12日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする