[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕下)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕下)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所14日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




14日目 幕下の実況と解説

14日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 岡崎太希
解説 : 山分親方(元武雄山)
リポート : 小林陽広
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 沢田石和樹
解説 : 若藤親方(元皇司)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

13日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

7戦全勝 : 阿武咲、小柳

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所13日目(幕下)取組結果一行メモ

14日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○禧勢ノ山-龍勢旺● 押し出し
・禧勢ノ山が一気に押し出し!

○富栄-竜勢● 押し出し
・富栄が一気に押し出したかに見えたが、軍配富栄で物言い。映像では、富栄の足の甲が先に返っているようにも見える。結果、軍配通り。

○電山-貴天秀(三段目)● 送り出し
・組んで動きの止まる長い相撲。電山、何度も攻めるが攻めきれない。でも諦めずに攻めきった!

●大元-篠原○ はたき込み
・篠原が回り込んではたき込み。

○大翔岩-相山● 押し出し
・大翔岩が一気に押し出し!でも、膝が痛そう>_<

○栃清龍-力斗● 寄り切り
・栃清龍が一気に寄り切り!力斗は引いてしまった。

●碧己真-靏林○ 渡しこみ
・碧己真変化に失敗。靏林が体を浴びせてついてきた。

●萬華城-竜王浪○ 上手出し投げ
・3-3同士の対戦。竜王浪が先に上手を取って出投げ!

●栃登-安芸乃山○ 寄り切り
・立合い、成立したかに見えたが不成立。(力士は呼吸が合っていないけれど行司は「残った」の声をかけ、仕方なく続けようとしたらざわついてそれに行司が負けたような感じ) 先に攻め込んだのは栃登だったが、安芸乃山、体を入れ替えて攻め込む!栃登、土俵際逆転はならず。

○若龍勢-克乃富士● 押し出し
・若龍勢が出投げを打って押し出し!

●十勝海-千代栄○ 押し出し
・十勝海突っかける。二度目で立つ。先に踏み込んだのは十勝海だったが、千代栄が一気に押し出し!

●剛士-徳真鵬○ 寄り倒し
・細い剛士が大きな徳真鵬にがぶり寄り、盛り上がった!最後は徳真鵬が反対側の土俵に寄り倒し。

○諫誠-肥後ノ城● 寄り切り
・諫誠が一気に寄り切り!

●唐津海-隠岐の富士○ すくい投げ
・組んで動きの止まる展開。最後は隠岐の富士がすくい投げ。

十両土俵入り

●虎太郎-岩崎○ はたき込み
・押し合いの末、岩崎が流れの中ではたき込み!岩崎が勝ち越し!

○水口-芝● 上手投げ
・芝が組み止めてつり寄るが、水口、残ってとっさに体を開いて上手投げ。

●安芸乃川-大翔鵬○ 引き落とし
・安芸乃川は膝から崩れるように倒れた。怖かったが、怪我などはなさそうだ。

●舛ノ勝-魁○ 寄り切り
・舛ノ勝が立合いから攻め込むが、魁、双手突きがすっぽ抜けたところを双差しになって寄り切り!

●勝誠-琴弥山○ 押し倒し
・琴弥山が一気に出る!勝誠は膝から崩れた。

感想

7番目の相撲は13〜千秋楽の3日間かけて行われるためか、14日目は幕下の取組は少なめ。BS中継では、代わりに三段目の取組をたくさん見ることが出来ました!

取組は少なめ、優勝が関わる相撲はありませんでしたが、細い剛士が大きな徳真鵬にがぶり寄りするところを見られたり、熱戦は多かったですね♪

明日はいよいよ、阿武咲と小柳の優勝決定戦!

楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所14日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕内)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(十両)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする