[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所14日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




14日目 幕内の実況と解説

14日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 吉田賢
解説 : 伊勢ヶ濱親方(元旭富士)
向正面 : 関ノ戸親方(元岩木山)
東リポート : 藤井康生
西リポート : 太田雅英
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

全勝対決を、大熱戦の末、白鵬が制しました!

[ai] 全勝対決は白鵬が稀勢の里に完勝!素晴らしい熱戦でした!

結果、13日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

全勝 : 白鵬
一敗 : 稀勢の里

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所13日目(幕内)取組結果一行メモ

14日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●青狼-松鳳山○ 押し出し
・松鳳山、張って双差しを狙うがなれず、一気に押し出し!青狼は引いてしまった。

●佐田の海-千代大龍○ はたき込み
・千代大龍がバチンと当たってからのはたき込み。

○千代鳳-徳勝龍● 押し出し
・千代鳳が低い体勢で前に出る!

○蒼国来-阿夢露● 押し出し
・蒼国来、阿夢露の低い攻めをいなして崩して押し出し。

○英乃海-大栄翔● 引き落とし
・大栄翔が一気に押して前に出るが、英乃海、残して逆転!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)「大栄翔は押してよく前に出たが、左の使い方が甘い。ハズ押しが相手の脇に入っていない」なるほど!的確!

●臥牙丸-御嶽海○ 肩透かし
・臥牙丸が極めて一気に出るが、御嶽海、逆転!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)「臥牙丸は寄り切れなかったので、右で振って崩そうとしたのだろうが、それで隙間が出来て反撃されてしまった」なるほど!

●豪風-大砂嵐○ 突き落とし
・大砂嵐は双手突きの立合い。豪風がよく攻めるが、大砂嵐が横から崩して逆転!動きのある相撲に盛り上がる!大砂嵐は勝ち越しを決めたが、内容に納得がいかないのか、笑顔がない。その後のリポートによると、勝ち越しが遅かったことの対する苛立ちだったよう。

●貴ノ岩-錦木○ 押し出し
・錦木がよく前に出て押し出し!いい相撲!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)「錦木は慌てない。どっしりはしていないが落ち着いて自分の相撲を取っている。立合いが緩い。スピードと強さがほしい」

○遠藤-高安● 寄り切り
・突っ張り合いから、遠藤が廻しを取って寄り切り!
【解説】伊勢ヶ濱親方(元旭富士)「遠藤はほぼ思い通りの相撲が取れただろう。高安は、元気な時なら廻しを取られたあとも動きがあっただろうが、今は粘り腰がない」

●大翔丸-栃ノ心○ 寄り切り
・栃ノ心が張り差しから速攻で寄り切り!大翔丸は何も出来ず。

後半

○碧山-豊ノ島● 引き落とし
・碧山が押し込んでからの引き落とし。豊ノ島は足が出ていない。

○妙義龍-玉鷲● はたき込み
・妙義龍が当たってからのはたき込み。

○栃煌山-宝富士● 押し出し
・栃煌山の変化に、宝富士対応。その後は栃煌山が双差しになって寄り切り。栃煌山は勝ったが元気がない。足の状態が相当悪いのだろうか?

●逸ノ城-隠岐の海○ 寄り切り
・隠岐の海が一気に寄り切り!

●琴勇輝-魁聖○ 寄り切り
・激しい攻防に盛り上がる!
【解説】関ノ戸親方(元岩木山)「琴勇輝は立合いからいなすような動きがあった。いつもより消極的だったのではないか?」伊勢ヶ濱親方(元旭富士)「魁聖は脇の下に手を入れて当てがっている。これで琴勇輝の突っ張りはだんだんうわ突っ張りになってきた」なるほど、そうだったのか!

○正代-勢● すくい投げ
・両者左四つになり、勢が一気に前に出るが、正代がすくい投げで逆転!

○琴奨菊-嘉風● 押し出し
・琴奨菊が一気に前に出て押し出し!

●照ノ富士-豪栄道○ 押し出し
・豪栄道の一方的な展開。照ノ富士は元気がない。

○白鵬-日馬富士● 寄り切り
・立合いは日馬富士が良かった!熱戦の末、白鵬!盛り上がった!が、最後はダメ押し(^_^;) でもイライラして荒れた感じではなく、全力を出し切ったからうっかり癖が出てしまったような感じだった。その後の師匠の解説が的確。

●稀勢の里-鶴竜○ 寄り切り
・稀勢の里はいつもの稀勢の里に戻ってしまった。立合いから上体が起き、鶴竜の外掛けに何も出来ない。。。あーもう!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)の解説がとても的確

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)の解説がとても的確で、面白かったです!
別途記事にさせていただきました。

[ai] 伊勢ヶ濱親方の解説がとても的確だった14日目

14日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

14日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 正代
3位 御嶽海

でした!

期待の若手ばかりがランクイン!
遠藤は11勝目、御嶽海も二桁、正代は負け越した後、盛り返しています!

おめでとうございます^o^

白鵬37回目の優勝が決定

結果、白鵬が勝って稀勢の里が敗れたので、白鵬37回目の優勝が決定!
おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所14日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所14日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする