[ai] 平成28年大相撲夏場所2日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所2日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所2日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




2日目 幕内の実況と解説

2日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 佐藤洋之
解説 : 春日野親方(元栃乃和歌)
向正面 : 中立親方(元小城錦)
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

初日の展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所初日(幕内)取組結果一行メモ

2日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○臥牙丸-千代大龍● 押し出し
・臥牙丸が馬力で圧倒!

●里山(十両)-遠藤○ 突き出し
・遠藤が一気に突き出し!盛り上がった!

○大翔丸-青狼● はたき込み
・大翔丸、青狼の引きにばったり。足首を痛めている右足が出ていない。

○錦木-英乃海● きめ出し
・錦木が一気に前に出る!最後はきめた!

■阿夢露-千代鳳□ 不戦勝
・阿夢露、左膝前十字靭帯損傷のため、本日より休場。前日の豪風戦で痛めたとのこと。2ヶ月の加療を要するけれど、様子を見て再出場の可能性もあり。残りを全休すれば、十両落ちは確実。

●豪風-松鳳山○ 突き出し
・松鳳山、豪風の引きに乗じて一気に出る!

●蒼国来-徳勝龍○ 押し出し
・徳勝龍は双手突きで立ち、蒼国来は胸で受ける立合い。蒼国来、徳勝龍の引きに乗じて前に出て、徳勝龍は小手投げで応戦。蒼国来優勢に見えたが、徳勝龍が形勢逆転して押し出し。
【解説】中立親方(元小城錦)「蒼国来は左からの絞りが足りなかった」

●佐田の海-大栄翔○ 突き落とし
・大栄翔突っかける。二度目で立つ。激しい突き合いで大栄翔が優勢。佐田の海は手繰ったり回り込んで応戦!最後は佐田の海が渡しこみながら体を預けるが、大栄翔が突き落とし、佐田の海の体が先に落ちた。見応えのあるいい相撲だった!

○御嶽海-大砂嵐● 送り出し
・御嶽海、大砂嵐のカチ上げを変わって交わして送り出し。
※部屋の中立親方(元小城錦)は「目の前の一勝にこだわっているようでは……」と渋い声。でも、来場していた御嶽海応援団は大喜び!

○貴ノ岩-豊ノ島● 送り出し
・貴ノ岩、豊ノ島に上手を与えず、胸を合わさせず、頭をつけて送り出し。
【解説】春日野親方(元栃乃和歌)「貴ノ岩は常に豊ノ島の嫌がることをしている」

●玉鷲-高安○ 寄り切り
・高安が立合い張って右を差し、そのまま一気に寄り切り!
【解説】中立親方(元小城錦)「張られて怯んだことで、玉鷲は手だけ前に出る形になり、脇があいてしまった」なるほど!

後半

●嘉風-栃煌山○ 押し出し
・栃煌山が一気に押し出し!いい相撲!

○栃ノ心-安美錦● つき膝
・安美錦、当たってからの引き技を見せるが、自らも倒れる。映像では栃ノ心の足が先に土俵を割っているように見えるが、軍配栃ノ心で物言いはなし。安美錦はどのタイミングかで左のアキレス腱を痛め、車椅子で下がった。

○逸ノ城-勢● 寄り切り
・勢は双差しを狙うがなれず、両者右四つに組み、上手は逸ノ城。しばらく動きが止まり、勢が下手投げを打ったところを逸ノ城、すかさず前に出た!

○稀勢の里-琴勇輝● 押し出し
・稀勢の里、琴勇輝の善戦に落ち着いて対応。よく前に出ていた。

●碧山-照ノ富士○ 押し出し
・碧山は双差しを狙い、照ノ富士は抱え込んで前に出る。最後は押し出し。
【解説】春日野親方(元栃乃和歌)「(碧山について)中途半端な気持ちで相撲を取っている。差し方も下手。こんな相撲を取っているようでは上位は楽だろう」師匠は突き押しに徹してほしい模様。

○琴奨菊-魁聖● 寄り切り
・琴奨菊が一気のがぶり寄り!

●隠岐の海-豪栄道○ 寄り切り
・豪栄道が一気に出る!土俵際危なかったが、何とか勝った。

○白鵬-宝富士● 寄り切り
・白鵬、張り差しカチ上げで右四つに組み止め、一気に寄り切り!

○日馬富士-正代● 寄り切り
・正代、胸で当たって踏み込むが、日馬富士、両廻しをがっちり引いて一気に寄り切り!
【解説】中立親方(元小城錦)「正代は胸で当たる立合いを考えた方がいい。この立合いでは上位には通用しない」

●妙義龍-鶴竜○ 押し出し
・鶴竜が一気に押し出し!妙義龍に回りこみは許さない。

感想

新入幕の錦木は、今日も早い攻めで白星です。
ずっと攻めの遅さを指摘され続けていましたが、幕内に上がってからここまでの相撲を見る限り、それを克服しつつあるように思えます!

大関以上の上位力士は、今日も全員安泰です^ ^

正代が初めて横綱日馬富士に挑みましたが、全く歯が立ちませんでした。

でも、横綱相手だろうが、胸で当たって双差し速攻狙いのスタイルを貫き通そうとするところには好感が持てます^ ^
今場所は自身の相撲が上位力士に対してどれほどのものなのか、試す場所という感覚でいいんじゃないかと思うのです。

彼はきっと強くなると思います。

2日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

2日目の幕内は、

1位 錦木
2位 遠藤
3位 稀勢の里

でした!

錦木と、
力強い相撲で勝った遠藤、
琴勇輝の猛攻を落ち着いてさばいた稀勢の里がランクイン!

遠藤は元気そうでホッとしました(笑)
お客さんのランキングからも、稀勢の里初優勝への期待度が感じられますね^ ^

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所2日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所2日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所2日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする