[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所6日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




6日目 幕内の実況と解説

6日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 玉ノ井親方(元栃東)
向正面 : 玉垣親方(元智乃花)
東リポート : 三輪洋雄
西リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所5日目(幕内)取組結果一行メモ

6日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●千代大龍-里山(十両)○ 寄り切り
・里山が立合い潜って両廻し!そのまま一気に寄り切り!

●遠藤-青狼○ 突き落とし
・青狼が先に前廻しを取りながら、終始横から崩す。最後は遠藤が上手を狙いながら前に出たところを突き落とし。盛り上がった!

○大翔丸-臥牙丸● 突き落とし
・大翔丸、立合いで臥牙丸の圧力を横に逃がす。要するに変化。

●錦木-松鳳山○ 押し出し
・松鳳山が肩で当たって一気に押し出し!

○佐田の海-英乃海● 寄り切り
・佐田の海が立合いから両廻し!一度は引いて呼び込みかけるが、そのあとの攻めはとても良かった!

●豪風-徳勝龍○ 寄り切り
・立合い審判長に止められ不成立。ざわつく。二度目で成立。徳勝龍の一方的な展開。豪風は二度目の立合いで集中力を削がれてしまった印象。

●千代鳳-御嶽海○ 下手投げ
・立合い行司待った。ざわつく。二度目で成立。御嶽海が押っ付けから双差しになり、最後は下手投げ。御嶽海は組む展開になっても負けなくなった。

○豊ノ島-大栄翔● 突き落とし
・豊ノ島は胸で当たって左四つを狙い、大栄翔はいなしてそれを嫌う。流れの中でタイミング良く突き落としが決まる。

●蒼国来-大砂嵐○ 寄り切り
・両者右四つに組んでしばらく動きが止まる。最後は土俵際の攻防に盛り上がる!

●貴ノ岩-玉鷲○ 突き出し
・玉鷲、当たっていなしてよく前に出て突き出し!盛り上がった!いい相撲!

後半

○栃煌山-高安● 引き落とし
・高安、双手突きで立つが、栃煌山下がらず、高安は引いてしまった。栃煌山、平幕ではやはり強い。

○碧山-宝富士● はたき込み
・碧山が当たってからのはたき込み。

●隠岐の海-勢○ 小手投げ
・両者左四つに組んで動きが止まる。土俵中央投げの打ち合い、同時に落ちて軍配隠岐の海で物言い。映像では、隠岐の海の手が先についているように見える。向正面の玉垣親方(元智乃花)も「隠岐の海の手が先についているように見えた」とのこと。結果、隠岐の海の手が先についたとの判定で、差し違い。

○稀勢の里-魁聖● 寄り切り
・稀勢の里が左四つに組み、上手を探りながらじっくり攻める。最後は左で腕を返して上手を取り、巻き替えを許すが構わず前に出た!

○栃ノ心-照ノ富士● 寄り切り
・栃ノ心の一方的な展開。照ノ富士は元気がない。

●琴奨菊-妙義龍○ はたき込み
・妙義龍が立合い変化。激しくざわつく。
【解説】玉ノ井親方(元栃東)「琴奨菊は立合い頭が下がった時に変化を食らっている。相手を見ていない」三瓶アナウンサー「頭を下げていくと体が地面と平行になってしまう」なるほど。

○琴勇輝-豪栄道● 押し出し
・立合い審判長に止められる。二度目は琴勇輝が突っかける。三度目で立合い成立。豪栄道は引いてしまった。立合いが影響しただろうか?

●正代-鶴竜○ 押し出し
・正代は胸で当たって双差しを狙ういつもの立合い。鶴竜の一方的な展開だったが、正代は上体が反らないよう前傾姿勢を保とうという意思は感じた。前進しているのではないか?

○白鵬-逸ノ城● 上手投げ→突き落とし
・逸ノ城がよく善戦!最後、白鵬の上手は切れて突き落としのような形になる。決まり手は上手投げと発表されたが、すぐ突き落としに訂正された。

○日馬富士-嘉風● 引っかけ
・嘉風がよく前に出たが、日馬富士、土俵際で引っかけ!盛り上がった!

感想

それなりに熱戦が多かったのですが、手付き不十分で勝負を止めらる場面が多かったですね。

せっかく呼吸が合ったのに止められてしまい、その後の仕切り直しで立て直すことが出来ず、敗れてしまう力士が多かったのは、少し残念でしたm(_ _)m

勝負を止められると、お客さんもざわついて、嫌な雰囲気になっていたし……

止められなければもっといい相撲がたくさん見られたかもしれないのに、と思うと、少しモヤモヤします。。。

これも一過性のもので、すぐに良くなるものと信じたいですが……

審判部や裏で支える方々には、力士が気持ち良く力を出せる環境を与えてあげてほしいですね。

お客さんの多くは、八角理事長が2日目のインタビューで話しておられた「力と力のぶつかり合いの勝負」を観たいと思っていますから。

参照 : [ai] 八角理事長の語る、これからの相撲協会のビジョン

まあ、とりあえずはこちらも、しばらくは様子見ということで^ ^

6日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

6日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 大砂嵐
3位 勢

でした!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

全勝ははやくも、白鵬と稀勢の里のみ。

この二人が千秋楽まで優勝を争って、決定戦で稀勢の里が白鵬を倒して優勝する、というドラマを、多くのファンは期待しているのではと思いますが……

他の横綱大関も、食らいついて頑張ってほしいです!

くれぐれも、手付き不十分とダメ押しには気をつけて。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所6日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする