[ai] 平成28年大相撲夏場所7日目(幕下)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所7日目(幕下)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所7日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




7日目 幕下の実況と解説

7日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 高山大吾
解説 : 立田山親方(元薩州洋)
リポート : 戸部眞輔
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三輪洋雄
解説 : 稲川親方(元普天王)
リポート : 厚井大樹
(敬称略)

でした。

6日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所6日目(幕下)取組結果一行メモ

7日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●入江-美登桜○ 押し出し
・組んで動きの止まる展開。美登桜が小手投げで崩し、そこから一気に押し出した!

●禧勢ノ山-魁盛王○ 寄り切り
・魁盛王が一気に寄り切り!

●駒木龍-濱栄光○ 外掛け
・濱栄光突っかける。二度目で立つ。濱栄光、前廻しは取れなかったが、よく前に出て動いて外掛け!盛り上がった!

●大元-榮○ 切り返し
・突き合いから榮が左四つ。大元の上手投げを外掛けで堪え、その足で最後は切り返し!盛り上がった!

●笹ノ山-小柳○ 寄り切り
・3連勝同士の対戦。小柳が左を差して一気に前に出る!強い!小柳、入門から11連勝で勝ち越し!笹ノ山は右脇の甘さが出てしまった>_<

●白虎-西山○ 寄り切り
・右四つの攻防。西山が前に出て寄り切り!が、最後ダメ押し気味だったせいか、土俵下の親方に何か言われていた。

○大翔岩-栃清龍● 寄り切り
・大翔岩が前に出て寄り切り。

●相山-寺尾○ 小手投げ
・相山、寺尾の双手突きをかいくぐって双差しになるが、寺尾が極めて応戦。最後は寺尾の小手投げを相山、外掛けで堪えるが、覆いかぶさるように潰された。

○鐡雄山-飛天龍● 寄り切り
・鐡雄山が前に出て寄り切り。3連敗同士のせいか、どちらも元気がない。

○朱雀-魁ノ隆● 押し出し
・小兵同士の対戦。立合い合わない。二度目で立つ。朱雀が双差しを狙う。魁ノ隆が引いたところを一気に押し出し!

●佐々木山-竜勢○ 寄り切り
・竜勢、先に攻め込まれるが、残して慌てずに体勢を作って寄り切り!いい相撲!

○豪頂山-伯錦● 下手投げ
・豪頂山、伯錦の苦し紛れの小手投げの腕を返し、下手投げ!上手い!

●宝龍山-剛竜○ 押し出し
・剛竜が徹底して左からの攻めで相手の右差しを嫌う。攻め込まれても左からのすくい投げで残し、形成逆転!見応えのある相撲で盛り上がる!

○安芸乃山-竜王浪● 押し出し
・安芸乃山がよく前に出て押し出し!

●大翔龍-高春日○ はたき込み
・高春日が当たってからのはたき込み。

○剛士-十勝海● 送り出し
・剛士がいなして崩して送り出し。

●南海力-琴宏梅○ 押し倒し
・琴宏梅、いなしで南海力の右差しを嫌い、最後は押し倒し。

●鳰の湖-彩○ はたき込み
・押し合いから、彩が引いた。

●大波-栃丸○ 押し出し
・大波突っかける。二度目で立つ。小柄な大波が栃丸の突っ張りに下がらず健闘!とても攻防のある相撲で盛り上がる!

○大岩戸-双大竜● 寄り切り
・大岩戸が左四つ右追っ付けで寄り切り。

●慶天海-隠岐の富士○ 寄り切り
・慶天海が先に潜って左の下手を取るが、右の腕を返され、身動きが取れない。隠岐の富士が前に体を預けてよく前に出た。

○碧天-虎太郎● 押し出し
・虎太郎が一気に押すが、碧天いなして残し、最後は腕を手繰ってそこを一気に出た!前の相撲では三保ヶ関親方(元栃栄)に「手繰ったあとの攻めがない」と指摘されたが、そこをよく修正したような相撲だった!

十両土俵入り

○山口-明生● 押し出し
・山口が明生の左差しを振り払い、一気に押し出し!上手かった。

○舛ノ勝-岩崎● はたき込み
・岩崎変わるが立合い不成立。二度目で立つ。岩崎二度目は正面から当たり、中に入るが密着しきれず、はたかれる。

●希善龍-阿武咲○ 押し出し
・阿武咲突っかける。二度目で立つ。阿武咲が一気に押し出し!希善龍は元気がないように見えたが、稲川親方(元普天王)によると「いきなり上手を取りに行かないで当たってから取りに行ったのは良かった。もう少し圧力があればはたきも効いただろう」とのこと。

●天空海-竜電○ 上手投げ
・竜電がいい形を作って上手投げ。

●白鷹山-旭大星○ すそ払い
・とても攻防のある相撲で盛り上がる!序盤は旭大星が積極的に攻め込み、白鷹山がよく残す。旭大星、動きを止められたあとは、足技で応戦!見応えのある相撲だった。
【解説】稲川親方(元普天王)「旭大星は動きを止めた後の攻めがなかった。胸を合わせにいけば有利だっただろう」白鷹山は残すが、動きを止めるで精一杯だったよう。。。

感想

この日も熱戦続きでした!

今場所新十両の佐藤のライバルとして紹介された阿武咲も、4連勝と絶好調。

この分ならすぐに十両へ戻れそうです♪

小柳もめちゃめちゃ強いし……

特にこの2人からは、勢いを感じます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

この日の取組の合間には、相撲どころ・奄美大島出身の力士たちの特集がありました。

[ai] 相撲どころ・鹿児島県奄美大島出身の力士たちと島相撲

平成28年大相撲夏場所7日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所7日目(幕内)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所7日目(十両)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする