[ai] 平成28年大相撲夏場所9日目(幕内)取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所9日目(幕内)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所9日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




9日目 幕内の実況と解説

9日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 桐山親方(元黒瀬川)
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 小林陽広
(敬称略)

でした。

中日までの展開

中日終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

全勝 : 白鵬、稀勢の里
一敗 : 日馬富士、豪栄道

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所中日(幕内)取組結果一行メモ

9日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○大翔丸-阿夢露● はたき込み
・阿夢露が前に出るが、大翔丸、土俵際で逆転!阿夢露はあと一歩、足が出ない>_<

○豪風-錦木● 引き落とし
・豪風が当たってからの引き。

●臥牙丸-松鳳山○ 押し出し
・立合い行司待った。二度目は行司と審判に止められる。三度目で立つ。松鳳山が一気に押し出し!不成立が続き、ちょっと白けた雰囲気に。。。

※審判経験の長い桐山親方(元黒瀬川)、立合い不成立に対し「自分のタイミングで立ちたい気持ちが強すぎるのではないか?相手の気持ちも受け入れないと」と苦言。北の富士さん「今の力士は大きい割に立合いだけは早くしようとする」

●千代大龍-徳勝龍○ 押し出し
・徳勝龍、立合い張って前に出る!千代大龍は防戦一方。

○佐田の海-遠藤● 突き落とし
・遠藤がいい体勢を作って前に出るが、佐田の海、土俵際の突き落としで逆転!上手い!

●青狼-大栄翔○ 突き出し
・大栄翔が一気に突き出し!
※北の富士さん、大栄翔について「出足がいい。突きも大事だが足が出る方が大事」と出足を高評価。

●千代鳳-玉鷲○ 押し出し
・千代鳳が先手を取って前に出るが、玉鷲、いなして崩して一気に押し出し!
【解説】北の富士「千代鳳は顎が上がっていた。顎を上げないのが持ち味なのに」

○貴ノ岩-英乃海● 上手出し投げ
・立合い真っ先に組む。貴ノ岩が上手を取って上手出し投げ。

●蒼国来-高安○ 寄り切り
・左四つに組んでの攻防。高安が蒼国来の右下手を切り、左もねじ込み、寄り切り!

●栃煌山-大砂嵐○ 寄り切り
・大砂嵐が立合いカチ上げ、栃煌山は動きが止まり、組んで動きの止まる展開に。大砂嵐が前に出て寄り切り。

※刈谷さんと桐山親方(元黒瀬川)が「自分のタイミングで立つことにばかりこだわるとそれが出来なかった時、守勢に回ってしまう」というお話に。自分から先に立つと相手に下から入られるリスクもあるとのこと。

後半

○御嶽海-栃ノ心● 押し倒し
・御嶽海が下から押し上げる!栃ノ心はバランスを崩してしまった。
【解説】北の富士「御嶽海は相撲に迷いがない」と絶賛!お客さんも盛り上がる!

○嘉風-豊ノ島● 寄り切り
・嘉風がいい相撲!左で押っつけながら起こして前に出て、最後は右上手を取って寄り切り!

○正代-碧山● 突き落とし
・正代、立合い先に踏み込み、いなしに崩れて一時は攻め込まれるが、突き落としで逆転!盛り上がった!

○魁聖-宝富士● 押し出し
・魁聖が一気に押し出し!

○琴勇輝-妙義龍● 突き倒し→押し倒し
・琴勇輝、妙義龍の中に入ろうという攻めにもよく見て対応。最後は右喉輪で押し倒し!強い!

○琴奨菊-逸ノ城● 寄り切り
・琴奨菊が張って一気にがぶり寄り!

○稀勢の里-豪栄道● 送り出し
・稀勢の里突っかける。二度目で立つ。立合い差し手争いを稀勢の里が制し、あとは一気に前に出る!強い!稀勢の里は終わったあとも平常心。わたしが緊張して疲れた(苦笑)

●照ノ富士-鶴竜○ 寄り切り
・組んで動きの止まる展開。照ノ富士、前日よりは踏ん張りが効いたが……
※照ノ富士について、刈谷アナウンサー、北の富士さんともに、休んだ方がいいのではという雰囲気。

○白鵬-勢● 押し倒し
・左の張り手、右のカチ上げ、一瞬で決まった。一発KO。
※北の富士さん「カチ上げについては横綱らしくないという批判はあるだろうが、相手が何とかしないといけない」というご意見。はい、それはごもっともです。。。

●日馬富士-隠岐の海○ 下手投げ
・隠岐の海が先に左の下手。日馬富士は上手が取れず、隠岐の海が攻め込んでからの下手投げ。

稀勢の里が豪栄道に完勝!

この日一番の目玉は、稀勢の里-豪栄道戦。優勝のかかる大関同士の対決です!

とにかくわたしが緊張して疲れました(笑)
でも、この緊張感がいいんですよね♪

感想は、とにかく稀勢の里が強かったの一言。
決して豪栄道も変な立合いをしたわけではないのです!
それでいてこの相撲!

こういう、大関同士の緊張感あふれる相撲はいいですね^o^

白鵬は勢を一発KO

もう一人の全勝、白鵬も、勢に力の差を見せつけて完勝です。

……この相撲の是非を論じると疲れるので、もう長々とは触れません。

ただ、取組後の北の富士さんのお言葉に、ただただその通りだなと頷くばかりでした。

白鵬もそれなりにいい年で、アスリートとしてはそろそろ円熟期。それでいてこれだけの力技をやってのけるわけだから、やっぱり凄いんですよね。

ぜひともこの必殺技を打ち破る力士に、現れてほしいものです!

「これはちょっと……ルール違反じゃないけどさぁ」な攻撃に対して、割りかし正攻法な方法でブレイクスルーしてくれる人が出てきたら、ドラマみたいで盛り上がるのになぁ。。。

勢関のような正攻法で食らってしまう人たちも、案外「よーし、俺が正攻法で打ち破ってやろう!」と燃えていて、突破口を探っているのかもしれません。

その努力が今に実ることに期待しようと思います(笑)

9日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

9日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 隠岐の海
3位 正代

でした!

稀勢の里が堂々の1位ランクイン!
正代は横綱大関戦が終わってから、強いですね!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、9日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りとなりました。

全勝 : 白鵬、稀勢の里
一敗 : なし
二敗 : 日馬富士、鶴竜、豪栄道、御嶽海

日馬富士には一敗のままついていってほしかったですが…… 白鵬と稀勢の里の一騎打ちな感じですね。

新鋭御嶽海も二敗で頑張っています!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲夏場所9日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲夏場所9日目(十両)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲夏場所9日目(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする