[ai] 平成28年大相撲春場所 東前頭十一枚目 逸ノ城 11勝4敗 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所 東前頭十一枚目 逸ノ城 11勝4敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年春場所 東前頭十一枚目 逸ノ城の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、逸ノ城の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

東前頭十一枚目 逸ノ城 日別メモ

逸ノ城 駿 (いちのじょう たかし)
所属部屋 : 湊
本名 : アルタンホヤグ・イチンノロブ  
しこ名履歴 : 逸ノ城
番付 : 東前頭十一枚目
生年月日 : 平成5年4月7日 23歳
出身地 : モンゴル・アルハンガイ
身長 : 193.0cm
体重 : 211.0kg
得意技 : 右四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 逸ノ城 駿 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 11勝4敗

  • 初日
  • 対 玉鷲 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城が玉鷲の押しを組み止めて寄り切り。が、右四つ左上手になったあとの攻めが遅く、北の富士さんご立腹。相手が玉鷲でなく、他の四相撲の上手い力士だったら、逆転されていただろうとわたしも思う。。。

  • 2日目
  • 対 臥牙丸 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城がいい相撲で寄り切り!盛り上がった!

  • 3日目
  • 対 豊響 ○ 上手投げ
    ・逸ノ城、右四つ左上手の体勢になるが、時間がかかる。佐藤アナウンサー、佐渡ケ嶽親方(元琴ノ若)ともに「なんで押し相撲の豊響相手にこんなに時間がかかったのだろう?」と不思議そうな様子。私も謎。のちの本人談では「体が硬くて動けなかった」とのことだが……

  • 4日目
  • 対 阿夢露 ○ 寄り切り
    ・3連勝同士の対戦。逸ノ城がすぐ右四つになり、左上手も取り、じわじわ出る!早かった。逸ノ城が4連勝!

  • 5日目
  • 対 御嶽海 ○ 送り出し
    ・逸ノ城がいなしで崩して送り出し。御嶽海が豪快に吹っ飛んだ!
    【解説】千賀ノ浦親方(元舛田山)「御嶽海は突き放してから押した方が良かった。相手は大きいので、いきなりハズ押しではきついだろう」

  • 6日目
  • 対 大栄翔 ● 押し出し
    ・大栄翔が前に出る!逸ノ城は引いてしまった。逸ノ城1敗>_<

  • 7日目
  • 対 魁聖 ○ 下手投げ
    ・大柄同士が右四つに組む展開。先に逸ノ城が上手を取るが攻められず、魁聖が上手を取って前に出る。逸ノ城残し、最後は魁聖が出てくるところを下手投げ。

  • 中日
  • 対 妙義龍 ● 寄り切り
    ・妙義龍がよく考えた相撲で逸ノ城を圧倒!上手い!
    【解説】鳴戸親方(元琴欧洲)「逸ノ城は攻めが遅く、土俵際の粘り腰もない」

  • 9日目
  • 対 正代 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城が一気に出る。正代は双差しならず、巻き替えもきかない。

  • 10日目
  • 対 千代鳳 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城が胸を合わせて寄り切り。早かった。

  • 11日目
  • 対 勢 ● 寄り切り
    ・勢が一気に寄り切り!早かった!勢勝ち越し!盛り上がる!

  • 12日目
  • 対 旭秀鵬 ● 寄り切り
    ・旭秀鵬がすぐにいい体勢を作って寄り切り!手順通りといった感じの相撲。

  • 13日目
  • 対 英乃海 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城が両上手で寄り切り。勝ったが攻めが遅い。

  • 14日目
  • 対 里山 ○ はたき込み
    ・体重差のある対戦。里山、潜ろうとするが、潰される。
    ※里山、負け越し>_< 幕内初の勝ち越しならず。。。

  • 千秋楽
  • 対 佐田の海 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城が右四つ、胸を合わせて寄り切り。
    ※佐田の海は負け越し>_<
    【解説】北の富士「逸ノ城は今場所一番いい相撲だったんじゃないのかな?さっききついこと言ったから聞こえたのかな?」(取組前、別段進歩がない、攻めが遅いと言われていた)

平成28年春場所の逸ノ城

11勝4敗と、久々の大勝ちです!(笑)

とはいえ、解説の親方衆からは「あまり稽古をしない」と覚えの悪い逸ノ城。「この番付だから勝てているだけでしょ?」と、辛辣な評価をされる解説者も多かったです>_<

確かに、せっかく右四つ左上手の万全の体勢になったのに、なかなか攻めに転じることが出来なくて相撲が長引く、といった場面も目立ちました。(それも、押し相撲の相手に)

中日の妙義龍戦、11日目の勢戦の内容を見ると、上位では通用しないだろうという解説者の方々の意見にも頷けてしまいますm(_ _)m

でも、千秋楽の佐田の海戦や、御嶽海、正代を退けた相撲はとても良かったので、これを自信に、次の場所も頑張ってほしいです!

潜在能力はとても高い力士のはずなのですが……
はやく本当に目覚めたところを見たいです>_<

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

過去の力士別まとめ

平成28年春場所 全記事一覧

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする