[ai] 平成28年大相撲春場所 東前頭十三枚目 千代鳳 8勝7敗 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所 東前頭十三枚目 千代鳳 8勝7敗

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年春場所 東前頭十三枚目 千代鳳の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、千代鳳の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

東前頭十三枚目 千代鳳 日別メモ

千代鳳 祐樹 (ちよおおとり ゆうき)
所属部屋 : 九重(ここのえ)
本名 : 木下 祐樹
しこ名履歴 : 大木下 → 千代鳳
番付 : 東前頭十三枚目
生年月日 : 平成4年10月11日 23歳
出身地 : 鹿児島県志布志市
身長 : 178.0cm
体重 : 175.0kg
得意技 : 突き・押し
引用元 : 力士プロフィール – 千代鳳 祐樹 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 8勝7敗

  • 初日
  • 対 英乃海 ● 引っかけ
    ・組み合う展開。英乃海が千代鳳の低い攻めをしのぎ続け、見事逆転!
    【解説】北の富士「千代鳳の方が息が上がるのがはやかった」

  • 2日目
  • 対 徳勝龍 ○ 送り出し
    ・千代鳳、徳勝龍が引いたところを一気に出る!

  • 3日目
  • 対 御嶽海 ● 肩透かし
    ・御嶽海、突き放せなかったが、押っつけとはず押しで応戦。最後は肩透かしを打ちながら土俵の外に出した。

  • 4日目
  • 対 里山 ● 引き落とし
    ・里山、完全には潜れなかったが、タイミングをはかって引き落とし。里山初日!
    【解説】芝田山親方(元大乃国)「里山はなかなか左が差せなかったが、タイミングを伺っている。千代鳳は腰が引けている。逆に前に出た方が良かった」

  • 5日目
  • 対 北太樹 ○ 寄り切り
    ・千代鳳が前に出て寄り切り!

  • 6日目
  • 対 臥牙丸 ○ 寄り切り
    ・千代鳳が双差しになって一気に寄り切り!

  • 7日目
  • 対 佐田の海 ○ 押し出し
    ・千代鳳が一気に出る!佐田の海は引いてしまった。

  • 中日
  • 対 大翔丸 ○ 寄り切り
    ・千代鳳が低い体勢で前に出る。大翔丸のいなしには崩れない。

  • 9日目
  • 対 明瀬山 ○ 寄り切り
    ・千代鳳が前に出て寄り切り。

  • 10日目
  • 対 逸ノ城 ● 寄り切り
    ・逸ノ城が胸を合わせて寄り切り。早かった。

  • 11日目
  • 対 妙義龍 ● 押し出し
    ・妙義龍は双差し狙いの立合い。相手の引きに乗じて一気に出る!妙義龍は落ちた時に膝を打ち付けたのか、膝を気にしていた。右膝を擦って出血したようだが、問題はないとのこと。

  • 12日目
  • 対 魁聖 ○ 下手投げ
    ・千代鳳、双差しになってがぶり寄り、最後はすくい投げ!投げる瞬間は廻しを取っていたので、決まり手は「下手投げ」と発表。

  • 13日目
  • 対 大栄翔 ● 押し出し
    ・大栄翔が一気に押し出す!土俵際もついていった。
    ※大栄翔は幕内初の勝ち越し!

  • 14日目
  • 対 玉鷲 ○ 寄り倒し
    ・千代鳳が組み止め、寄り倒し。玉鷲、うっちゃりはならず。

  • 千秋楽
  • 対 阿夢露 ● 送り出し
    ・阿夢露が後ろに回って送り出し。低さ比べの攻防は見応えあり。

平成28年春場所の千代鳳

初日こそ、大師匠の北の富士さんから稽古不足を指摘されてしまいましたが、良かったのではないでしょうか?

負けた相撲も見応えあるものが多かったです!

勝った相撲は、寄り切り、押し出しが多いのがいいですね。

夏場所も頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

千代鳳に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

平成28年春場所 全記事一覧

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする