[ai] 平成28年秋場所 東前頭七枚目 松鳳山の全取組結果と感想 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年秋場所 東前頭七枚目 松鳳山の全取組結果と感想

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年秋場所 東前頭七枚目 松鳳山の全取組結果と感想をまとめました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




本まとめについて

本ブログの全取組結果のメモより、松鳳山の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

全取組内容

松鳳山 裕也 (しょうほうざん ゆうや)
所属部屋 : 二所ノ関
本名 : 松谷 裕也
しこ名履歴 : 松谷 → 松鳳山
番付 : 東前頭七枚目
生年月日 : 昭和59年2月9日 32歳
出身地 : 福岡県築上郡築上町
身長 : 177.0cm
体重 : 138.0kg
得意技 : 突き・押し
引用元 : 力士プロフィール – 松鳳山 裕也 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 8勝7敗

  • 初日
  • 対 玉鷲 ○ 押し出し
    ・激しい押し合いに盛り上がる!いい相撲!

  • 2日目
  • 対 大翔丸 ○ 押し出し
    ・立合い行司待ったで不成立。
    松鳳山は右張り差しだった。二度目で立つ。
    松鳳山、一度目と同様の張り差しの立合いから、
    一気に押し出し!

  • 3日目
  • 対 琴勇輝 ● 押し倒し
    ・琴勇輝突っかける。二度目で立つ。
    琴勇輝が一気に押し倒し!
    手を出してから横に動いて攻め込んでいた。
    でも相撲より、
    立合いが綺麗でないことで悪評高い両力士と、
    「手を!ついて!」に凄みのある
    木村景之助の組み合わせが強烈(笑)

  • 4日目
  • 対 碧山 ● 引き落とし
    ・松鳳山が中に入って前に出るが、
    碧山、土俵際逆転!
    【解説】貴乃花親方
    「松鳳山はよく攻めたが体が伸びてしまった。
    大きな相手に双手で立つと体が伸びやすい」

  • 5日目
  • 対 隠岐の海 ● 押し出し
    ・松鳳山が双差しになり、隠岐の海が極めて出る!
    土俵際もつれ、軍配隠岐の海で物言い。
    映像でも微妙。結果、取り直し。
    (2回目)
    隠岐の海、松鳳山に双差しは許さず、一気に押し出し!

  • 6日目
  • 対 天風 ○ 下手投げ
    ・立合い行司待ったで不成立。二度目で成立。
    天風が先に攻め込む!
    松鳳山のいなしは機敏に反応して残したが、
    体勢を立て直しきれず、膝から落ちる。。。
    【解説】中立親方(元小城錦)
    「天風は腰が高いので逃げられた」

  • 7日目
  • 対 千代翔馬 ○ 押し出し
    ・松鳳山、千代翔馬の当たってからの引には落ちない。
    松鳳山が激しく反撃し、
    千代翔馬は東向正面に吹っ飛ばされる!
    浦風親方が倒れ、後ろのお客さんのところまで落ちた。
    松鳳山、勝った後も相手を睨みつけている。怖い。。。
    (立合い張られて腹が立ったらしい(~_~;))

  • 中日
  • 対 正代 ● 勇み足
    ・正代は胸で当たって双差しを狙ういつもの立合い。
    松鳳山、それを防いで双差しになり、一気に攻め込む!
    松鳳山が寄り倒したかに見えたが、軍配松鳳山で物言い。
    映像では、松鳳山のつま先が先に出ているように見える。
    結果、松鳳山のつま先が先に出たとの判定で、差し違い。
    正代は苦笑いしながら帰っていった。

  • 9日目
  • 対 佐田の海 ○ うっちゃり
    ・松鳳山が一気に出て、
    佐田の海が腕を手繰って寄り返すが、
    松鳳山、体を入れ替えてうっちゃり!
    短いながら激しい攻防の相撲に盛り上がる!

  • 10日目
  • 対 蒼国来 ○ 突き出し
    ・松鳳山は幕内400回目の土俵。
    松鳳山が一気に突き出し!いい相撲!
    【解説】舞の海
    「松鳳山は蒼国来に押っ付けられたら
    すぐに抜いて突っ張りに切り替え、
    押っ付けさせなかった」

  • 11日目
  • 対 千代の国 ○ 押し出し
    ・松鳳山が先手!
    千代の国がギリギリのところを残し、
    以後は激しい相撲に盛り上がる!
    最後は千代の国がはたいたところを、
    松鳳山が押し出し!期待通りの激しい相撲!

  • 12日目
  • 対 勢 ● 突き落とし
    ・勢が下から起こしてからの突き落とし。

  • 13日目
  • 対 遠藤 ● とったり
    ・松鳳山が一気に出るが、遠藤、土俵際交わして逆転!
    【解説】関ノ戸親方(元岩木山)
    「(松鳳山について)突っ張りは突き手を早く引かないと手繰られる」

  • 14日目
  • 対 豊響 ● はたき込み
    ・豊響が押し込んでからのはたき込み。

  • 千秋楽
  • 対 徳勝龍 ○ 押し出し
    ・松鳳山突っかける。二度目で立つ。
    松鳳山、右で張って左四つ。左四つの攻防になり、
    胸を合わされかけると網打ちで崩し、
    そこを一気に押し出し!

松鳳山に関する今場所の記事

過去の力士別まとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする