[ai] 平成29年名古屋場所の新序出世披露力士は5人 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年名古屋場所の新序出世披露力士は5人

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲名古屋場所中日。

この日は新序出世披露が行われました。

スポンサーリンク




平成29年名古屋場所の新序出世力士は5人

平成29年名古屋場所の新序出世披露力士は、
以下の5名です。

新序出世力士

  • 庄司(秋田・武蔵川)

  • 埼玉大学相撲部出身。190cm。

  • 虎来欧(ブルガリア・鳴戸)

  • ブルガリアでレスリングの経験あり。

  • 隅田川(東京・鳴戸)

  • 千葉商科大学付属高校柔道部出身。

  • 若野口(埼玉・田子ノ浦)

  • 相撲未経験。父の弟が元力士。

  • 高木(千葉・朝日山)

  • テレビ番組制作会社でアシスタントディレクターを務めていた。相撲未経験。

再出世力士

  • 宇瑠虎 (栃木・式秀)

個性豊かな経歴の5人

庄司は大学で電子工学を専攻

一番手で出世の庄司は、
国立の埼玉大学出身。

学生相撲ではベスト32などの実績があるものの、
留年して5回生に。

年齢制限に引っかかる前に中退し、
入門を決めたとのことです。

大学では工学部で、
電気電子工学を学んでいたそうです。

参照元 : 史上4人目の国立大出身力士が新序出世披露 専攻は電気電子システム工学 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

虎来欧はブルガリアでレスリングの経験あり

虎来欧(とらきおう)は、
ブルガリアでレスリングの経験あり、
という、

師匠の琴欧洲さんを思い起こさせる力士。

四股名の「虎来欧」は、
「トラキア半島」の地名から
来ているようです。

最近はめっきり入門者が減っている
西洋人の力士。

入門時から話題になっていますが、
活躍を期待したいところです!

途中でよろけた隅田川

虎来欧と同じ鳴戸部屋の隅田川は、
柔道経験者。

かなり立派な体格をしていたので、
重量クラスの選手だったのでしょうか?

相撲は未経験なためか、
途中で蹲踞がよろけてしまい、
虎来欧にぶつかる場面も。。。

虎来欧にはムッとされ、
幕下の解説の荒磯親方(元玉飛鳥)からは

「人数少ないんだからもうちょっと
頑張って欲しかった」

と苦言を呈されましたが、

お客さんからは笑いが起こっていました(笑)

その後、十両の解説を担当された師匠の
鳴戸親方(元琴欧洲)からも、

「隅田川がよろけた時はお客さんみんな
笑ってましたですね。
わたしも笑ってしまいました」

と言われていました。

叔父が元力士の若野口

若野口は相撲未経験者ですが、
お父さんの弟さんが元力士とのこと。

若の里の化粧回しをしていたので、
西岩親方(元若の里)の内弟子でしょうか?

元スポナビライブADの高木

高木は元テレビ局のADという、
異色の経歴の持ち主。

スポナビライブのスタッフも
務めていたそうです。

お仕事で相撲に関わっているうちに、
自分もやりたくなった、
という風に聞いています。

頑張ってほしいです!

関連記事

ここ最近の新序出世披露では、
こんな力士が入門していました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 平成29年名古屋場所の新序出世披露力士は5人
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする