[ai] 平成29年夏場所 初日 十両のハイライト | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年夏場所 初日 十両のハイライト

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

いよいよ初日を迎えた大相撲夏場所。

十両の主な取組を振り返っていきたいと思います。

十両は初口から、
新十両の貴源治と帰り十両の明生が
素晴らしい熱戦を繰り広げました!

スポンサーリンク




貴源治と明生が初口から熱戦!

平成29年夏場所十両最初の取組は、
新十両の貴源治と帰り十両の明生という好取組。

ともに貴乃花一門、
ともに将来有望な期待の若手力士。

貴源治の激しい突っ張りを
明生が組む止め、

貴源治が巻き替えたところを
明生が一気に出たので明生有利かと
思われましたが、

投げの打ち合いになり、
貴源治がこれを制しました!

初口早々熱戦に盛り上がりました!

この日幕内の解説を担当された
北の富士勝昭さんも、
リアルタイムで観戦されていたようで、
大喜びでした(笑)

旭秀鵬が時間前に突っかける珍事

十両最後から2番目の相撲では、
ここ最近は十両と幕内を行き来している
旭秀鵬が登場。

対戦相手はここ最近は十両に
落ち着いてしまっている千代丸。

旭秀鵬は気合が乗ったのか、
時間前に突っかけてしまいました。

千代丸が立たなかったため、
これは呼吸が合わなかったと見なされ不成立。

立合いは時間いっぱいの仕切りで
1回で成立し、旭秀鵬が勝ちました。

時間前に立つことはほとんど見られなくなった
近年ですが、

ここ最近は、時間前に突っかけたり、
立ちそうな雰囲気になることはありますね。

十両落ちの佐田の海は元気そう

十両最後の相撲では、
今場所は十両に落ちた佐田の海が登場。

ここ最近は不調で
大負けしている印象の強い
佐田の海ですが、

この日はいい内容の速攻相撲で
大砂嵐を圧倒!

元気そうで良かったです^ ^

このまま十両に落ち着いてしまったら
寂しい力士なので、
何とか一場所で幕内に戻ってほしいですね。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 平成29年夏場所 初日 十両のハイライト
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする