[ai] 平成29年夏場所 6日目 幕内 前半のハイライト | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年夏場所 6日目 幕内 前半のハイライト

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンのペパーミントあいです。

平成29年夏場所6日目。

この日は今場所で定年を迎える
友綱親方(元魁輝)が久々の解説を担当。

友綱親方(元魁輝)の思い出話なども
交えての実況となりました。

友綱親方が解説

この日は今場所で定年を迎える
友綱親方(元魁輝)が久しぶりの解説を担当。

先場所まで審判部副部長として
勝負審判を務め、

その時は何かと物議を醸す判定も
多い友綱親方(元魁輝)でしたが、

解説席ではのんびりとした
穏やかなお人柄が感じられました。

解説も的確で良かったです^ ^

豊山、2日目から5連敗

新入幕の豊山は十両の佐田の海に敗れ、
2日目から5連敗です。

この日も前日同様、
腰高の課題が出たような相撲でした。

大翔丸が今場所好調!

大翔丸は低い当たりであてがいながらの
押しで豊響を圧倒!

あまり立合いに威力があるようには
見えないのですが、
的確に力を伝えているんですね。

今場所とても元気です!

阿武咲は5連勝!

新入幕の阿武咲は琴勇輝の変化に対応。

ついていって一気に突き出しました!

阿武咲は2日目から5連勝です!

友綱親方、石浦の手付きを指摘

石浦は妙義龍を一気に押し出しますが、
立合いでなかなか手をつかなかったことを
友綱親方(元魁輝)に叱責されます。

それはその通りだなと思いました。

宇良、逸ノ城を豪快に肩透かし!

宇良は大きな逸ノ城を
豪快に肩透かし!

その後の友綱親方(元魁輝)の

「大きな力士が宇良と対戦する時は
動かない方がいい」

「逸ノ城は右四つなので、
右足を前の出してしばらく
止まっているといい」

という解説が、面白かったです。

北勝富士、押っつけの技術を評価される

北勝富士がいい押し相撲で
蒼国来を押し出しました!

友綱親方(元魁輝)から
「小さい相手を押っつける技術」
を高く評価されていました。

自分より小さい相手を押っつけるのは
難しいことなのだそうです。

貴景勝と輝の熱戦!

貴景勝と輝の激しい押し相撲の
攻防に盛り上がりました!

いい相撲でした^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク