[ai] 平成29年夏場所 9日目 幕内後半のハイライト | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年夏場所 9日目 幕内後半のハイライト

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンのペパーミントあいです。

平成29年夏場所9日目。

稀勢の里は栃煌山に敗れて三敗。

白鵬、日馬富士はともに全勝を守るも、
日馬富士は右膝を痛めた様子。

9日目終了時点での優勝争いは、

全勝 : 白鵬、日馬富士
一敗 : 高安
二敗 : 照ノ富士、正代、栃ノ心、宇良

となっております。

スポンサーリンク




大栄翔に初日!

大栄翔が宝富士に勝って
今場所初白星です!

でも、さすが宝富士。

大栄翔の突っ張りには
なかなか下がりません!

隠岐の海は力なく負け越し

隠岐の海は立合いすぐ上手を取るも、
千代翔馬の肩透かしにあっさり崩れて
しまいました。

負け越しです。

見るからにどこか悪そうです。。。

嘉風が御嶽海をはたき込み

嘉風は御嶽海を強烈な右ハズ押しで
攻めます!

御嶽海が懸命に堪えるところ、
タイミングよくはたき込み。

上手かったです^ ^

御嶽海は後半ちょっと
失速気味ですね。

高安は一敗を守り勝ち越し!

高安は千代の国と対戦。

カチ上げで弾き飛ばすには
至らないものの、

千代の国の攻めを受けてから
左四つに組みとめ、
上手投げで仕留めました。

8勝1敗となり、勝ち越しです!

琴奨菊、遠藤を破って踏み止まる!

琴奨菊が遠藤を一気に寄り切り、
負け押しを踏みとどまりました!

いい相撲でした^ ^

豪栄道、余計な動きをして怒られる

9日目はいよいよ大関同士、
照ノ富士-豪栄道戦が組まれます。

時間直前の睨み合いに盛り上がりました!

相撲は照ノ富士が寄り切り。

豪栄道は双差し狙いの立合いを
見せましたが、

照ノ富士に上手を許し、
これを嫌って肩透かしにいき、
体勢を悪くしてしまいましたm(_ _)m

師匠の境川親方(元両国)からは
「余計なことをしている」
と厳しい言葉が飛びました。

稀勢の里、栃煌山に一方的に敗れる!

稀勢の里は張り差しで左四つを狙うも、
差し負けて栃煌山に双差しを許します。

一気に寄り切られてしまいましたm(_ _)m

ふだんは双差しを警戒して
左は押っつけから差す形を取る
稀勢の里ですが、

押っつけられるほど怪我が
回復していない、
ということなのでしょうか?

三敗となり、
優勝争いからは後退です。

白鵬は碧山を上手出し投げ

白鵬は上手出し投げで碧山を破り、
全勝を守ります。

自身も一緒に転がったため
盤石感は若干薄れましたが、
張り差しから上手を取って
投げるまでの攻めが早いですね。

さすがです!

日馬富士は全勝を守るも右膝が心配

日馬富士は玉鷲を下して
全勝を守るも、

一緒に土俵下の落ち、
右膝を痛めた様子。

心配です。。。

ここまで非常に良かっただけに、
大したことないといいのですが……

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事