[ai] 平成29年夏場所4日目 幕内のハイライト | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年夏場所4日目 幕内のハイライト

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンのペパーミントあいです。

平成29年夏場所4日目。

稀勢の里は遠藤に敗れ、
横綱昇進後、初の金星を献上。

白鵬は今場所最も安定感ある相撲で白星。

鶴竜は嘉風に敗れ、
早くも3敗です。

以下、個人的注目の取組、
印象に残った取組について綴っていきます。

スポンサーリンク




阿武咲が豊山に初めて勝った!

阿武咲が初めて豊山に勝ちました!

阿武咲は立合い低く押してから
すくうように左四つ!
そのままどんどん前に出て最後は体を預けての
渡し込み!

去年(平成28年)の夏場所の
幕下の優勝決定戦以来、
十両での対戦も全て豊山が
勝っていた両者の対戦。

幕内に上がって初めて
阿武咲が勝ちました!

栃ノ心、宇良を力でねじ伏せる!

宇良は力相撲の栃ノ心と対戦。

仕切り線から下がって立って
足を狙います。

すぐには取れなかったものの、
何度も足を狙い、ついに取った!

というところで
大いに盛り上がりますが、

栃ノ心に小手投げで裏返されました。

ここで「栃ノ心の手が先についたのでは?」
との物言い。

でも、宇良の体が裏返っているとの判定で、
軍配通りとなりました。

最後は栃ノ心が力でねじ伏せた!
という印象ですが、

宇良は最後までワクワクさせてくれる
力士です^ ^

高安が御嶽海を首投げでねじ伏せた!

この日は高安-御嶽海という、
非常に楽しみな取組が組まれます。

連日大関を弾き飛ばした
高安の強烈な立ち合いに、
御嶽海は一歩も下がりません!

むしろ、前に出て高安を圧倒!

高安は御嶽海に双差しを許し、
密着されて万事休すも、
最後は首投げでねじ伏せました!

ここまで攻め込まれて
勝っちゃうところが凄い!

見応えある大熱戦でしたvv

琴奨菊の勝負の分かれ目は右からの攻め

関脇に陥落して二場所目になる
琴奨菊は、玉鷲と対戦。

今場所玉鷲は元気で
琴奨菊はあまり良くなかったので、
負けると思っていましたが、

双差しになってのがぶり寄りで勝利!

この日解説の鳴戸親方(元琴欧洲)は、

この日の琴奨菊について
「右の使い方が良かった」
と話していました。

初めは抱え込む形だったのを、
下からすくうようにして(?)
双差しになったのが良かったようです。

やはり琴奨菊の分かれ目は、
「右の使い方」なんですね。

一方の玉鷲は、
土俵際で踏ん張った時に
腰を痛めた様子。

付き人の肩を借りて歩いていたので
心配です。。。

照ノ富士は2勝2敗

照ノ富士は千代翔馬に勝って2勝2敗。

星を五分に戻しました。

この調子で盛り返していってほしいです!

豪栄道、大栄翔の挑戦を退ける

豪栄道は埼玉栄高校の後輩である
大栄翔と対戦。

大栄翔の突っ張りを跳ね上げてしのいだあと、
右四つに捕まえて寄り切り。

いい相撲でした^ ^

日馬富士は千代の国に完勝

日馬富士は千代の国を一気に押し出し!

強いです。

今場所、上位力士は日馬富士が一番
安定感ある相撲を取っているように思えます。

鶴竜、また引いてしまった

鶴竜はまた悪い引きグセが出て、
嘉風に敗れてしまいましたm(_ _)m

4日目にして早くも3敗。。。

稀勢の里、遠藤に初金星を献上

稀勢の里は遠藤に敗れ、
初の金星を献上ですm(_ _)m

途中までは遠藤の突っ張りに
稀勢の里も突っ張って応戦していたのですが、

遠藤が足を滑らせて手をつきかけたところで
油断してしまったような感じでした。

でも、実はまだ手をついていなかった
遠藤が体勢を立て直して一気に押し出し!

遠藤は見事でした!

殊勲インタビューで遠藤は
「まだ金星を与えていない横綱から
金星を取りたかった」と話します。

おめでとうございます!

白鵬、今場所最も安定感ある相撲で白星

白鵬は隠岐の海を寄り切り。

しっかり廻しを取って、
腰を割っての寄り切り。

今場所最も安定感ある
相撲だったのではないでしょうか?

徐々に調子を上げてきている感じです。

これは後半戦が楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事