[ai] 平成29年大相撲初場所 序二段優勝 錦富士のインタビュー全文 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲初場所 序二段優勝 錦富士のインタビュー全文

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所の序二段優勝は、
千秋楽、伊勢ケ浜部屋の小笠原 改め 錦富士に決定。

同部屋の庵原 改め 翠富士との
二場所続けての優勝決定戦を制しての
序二段優勝でした^ ^

優勝インタビューでは、
改名した四股名の由来や、

大関 照ノ富士からのアドバイスが
決定戦に生きたことなどを話してくれました。

その錦富士の優勝インタビューの全文を
UPいたします。

※なるべく忠実に書き取るようにはしていますが、
多少の意訳と聞き間違いはご容赦下さい。

錦富士の序二段優勝インタビュー全文

インタビューアー : 大坂敏久

Q. 二場所連続の全勝優勝となりました。先場所に続いてですが、おめでとうございます。

「ありがとうございます」

Q. どうですか?先場所とはちょっと違いますか?

「やっぱり、二場所連続で同じ相手だったので、やりづらさは先場所よりもありました」

Q. 先場所と同じ同部屋同期生、しかも大学も一緒の庵原改め翠富士さんとの決定戦になったんですが、今場所はどうでしたか?

「やっぱりあの、攻め込まれる場面があって、二本差されかけたんですけど、二本差された時の対処法を、場所前に大関に教えてもらってたので、それを上手く出せて、間(距離?)を取ることが出来たかなと思います」

Q. 照ノ富士関に?

「はい」

Q. どういう?

「んっとー、しっかりあの、差された時に腕をロックして、上に上げたら相手がきつくなって抜いてくるから、っていうのを教えてもらってて、それを出せたので、組まずに離れて取れたかなと思います」

Q. それは翠富士さんとの稽古では出さなかったんですか?

「場所前は出してたんですけど、場所中は……封印してやりました」

Q. 勝った瞬間、どうですか?

「すごい嬉しかったですし、二場所連続なので、良かったです」

Q. 四股名が本名の小笠原から錦富士に変わりましたが、この「錦」という字をつけたというのは?

「自分では安美錦関の「錦」をつけてもらったのかなと思ってます」

Q. 今関取(の付き人)についていますが、安美錦関の?

「はい」

Q. どうですか?

「やっぱすごいいい四股名なので、早く上の方に上がっていきたいなと思います」

Q. 最後に、このあと目標としてはどうでしょう?

「これからどんどん相手が強くなっていくんですが、自分たちももっと稽古して、来場所も一緒に決定戦出来るように頑張りたいと思います」

Q. 翠富士さんとですね。翠富士さんとはこのあとどんな話をしますか?

「いや、まあ、とりあえず、『お互いお疲れ様』って言いたいです」

補足 : 四股名の由来について

四股名の由来について、錦富士は

「自分では……思ってます」

と話していますが、

安美錦関本人からは

「錦糸町の錦だよ」

と言われているようです(笑)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

平成29年初場所 その他の優勝インタビュー

平成29年大相撲初場所千秋楽の関連記事

スポンサーリンク







[ai] 平成29年大相撲初場所 序二段優勝 錦富士のインタビュー全文
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク