[ai] 平成29年大相撲初場所10日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲初場所10日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所10日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




10日目 幕下の実況と解説

10日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 立田山親方(元薩州洋)
リポート : 栃乃藤(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 戸部眞輔
解説 : 若藤親方(元皇司)
リポート : 白崎義彦
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

9日目終了時点の幕下の成績優秀者は、
以下の通りです。

5連勝 : 石橋、貴公俊、高立、朝日龍

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成29年大相撲初場所9日目 幕下の全取組結果と感想

10日目は全勝力士の取組はありません。

10日目 幕下 全取組の結果と感想

●本多(三段目)-宝香鵬○ 押し出し

勝ち越しのかかる相撲。
細身で動き回る本多と番付をギリギリまで
落としている宝香鵬。
本多は幕下経験はない。

宝香鵬が一気に押し出し!
本多に何もさせなかった。
実力差を感じた。

宝香鵬が勝ち越し!

●霧の富士-魁ノ隆(三段目)○ 寄り切り

魁ノ隆が組んで一気に寄り切り!
魁ノ隆は勝ち越し!
霧の富士は3連勝の後、2連敗。。。

●千代の勝-玄界鵬○ 寄り倒し

負け越しのかかる相撲。
玄界鵬が一気に寄り倒したかに見えたが、
軍配は千代の勝で物言い。
映像では、際どいけれど千代の勝の踵が
先に出ているように見える。

立田山親方(元薩州洋)によると、
「すり足で寄れば土俵際で足が止まるが、
浮いてしまった」とのこと。
それがややこしくしてしまっているようだ。

結果、千代の勝の足が先に出たとの判定で、
差し違い。

行司さんの位置からは玄界鵬の足が出るのは
見えても、千代の勝の踵が残っているのは
確認出来なかったかもしれない。

○香富士-深海山● 寄り切り

よく攻めていたのは深海山だったが、
最後は香富士が寄り切り。
香富士は柔らかさのある力士のようだ。

●駒木龍-北勝就○ 小手投げ

駒木龍が一気に出るが、
北勝就が土俵際で小手投げ!

●桜児竜-北勝川○ 押し出し

北勝川、左は押っつけ、
右はハズ押しで前に出て押し出し!

○王輝-越ノ龍● はたき込み

王輝が押し合いからのはたき込み。

○磋牙司-貴健斗● 押し出し

勝ち越しのかかる相撲。
激しい押し合い。
貴健斗は大きな回転のある突っ張りで、
磋牙司は下から当てがいながらいなしを交える。
そしてすっと中に入って一気に押し出し!
見事だ!

●湘南乃海-舛東欧○ 寄り切り

舛東欧がよく前に出て寄り切り。

栃乃藤さん、
湘南乃海が立合いから組みにいった
ことについて、
「突っ張ってから組んだ方が良かった」

本来はいい突っ張りの力士である。

○朱雀-巨東● 送り投げ

細身の朱雀と長身で懐の深い
巨東の対戦。

朱雀がくるくる回って後ろについて
送り投げ!
土俵際、後ろに回った後も一回転していた。
盛り上がった!

○高麗の国-勇輝● 押し出し

攻防のある相撲に盛り上がる!
最後は高麗の国が押し出し。
勇輝、一度は前廻しを取ったが、
すぐに切られてしまった。

●克乃富士-高三郷○ はたき込み

高三郷は立合いからすぐ引いてしまったが、
網打ちのような形のはたき込みが決まった。

○古場-力斗● 突き落とし

古場が右四つの体勢で一気に出る!
最後は突き落とし。
力斗は膝から落ちる心配な倒れ方だった。

●大翔龍-蓮台山○ 寄り切り

蓮台山が先にいい形を作って一気に寄り切り!
蓮台山は2勝目!
大翔龍は負け越し。。。

○千代嵐-東里● 押し出し

千代嵐が左からの押っつけで
一気押し出し!

●肥後ノ城-千代栄○ 押し出し

千代栄が二度突っかける。
三度目で成立。
激しい押し合い!
千代栄がいなして形勢逆転!
そこから一気に押し出し!

●虎太郎-大和富士○ はたき込み

勝ち越しのかかる相撲。
大和富士が双手で起こしてからのはたき込み。
盛り上がらない。

●出羽鳳-荒篤山○ 送り出し

負け越しのかかる相撲。
出羽鳳突っかける。
二度目で立つ。
荒篤山が左押っつけから後ろに回って
送り出し。

●栃登-諫誠○ 送り出し

2勝2敗同士の対戦。

栃登は今場所、
立合いから変わり気味に動く相撲が多い。
「相撲感の良さで勝っている相撲が多い」
と栃乃藤さん。
本来は右四つの良い型がある。

諫誠が左から押っ付けて
後ろに回って送り出し!
早かった!

●寺尾-一木○ 突き落とし

一木が立合い当たってからの突き落とし。
寺尾は立合いカチ上げたが、
あまり効いていなかったようだ。。。

○阿炎-南海力● 押し出し

突っ張りの阿炎と、
捻り技が得意の南海力の対戦。

南海力突っかける。
二度目で立つ。
阿炎が一気に押し出し!
いい相撲!

●大岩戸-鳰の湖○ はたき込み

幕内経験者同士の対戦。
大岩戸は目の下に大きな傷。
鳰の湖が当たってからのはたき込み。
大岩戸は負け越し。

●霧馬山-木崎○ 送り出し

勝ち越しのかかる相撲。
モンゴル出身の霧馬山と日大出身の木崎、
将来有望な楽しみな対戦。

組んでの少し長い攻防!
最後は木崎が頭をつけて前に出る!
出投げで相手を後ろに向かせる形になったので、
決まり手は送り出し。

●竜王浪-剛竜○ 押し出し

剛竜が前傾姿勢で前に出る!
竜王浪は終始引き気味だった。

●栃の濱-入江○ 下手捻り

入江は立合いから頭をつけて前廻し!
押し相撲の栃の濱は苦しい体勢。
そこからの捻り!

●白鷹山-舛の勝○ 押し出し

舛の勝が一気に押し出したかに見えたが、
勝ち名乗り直前に物言い。
映像では、髷もつかんでいないし、
特に怪しいところはない。

結果、舛の勝の手が先についているのではとの
物言いで、ついていないとの判定で軍配通り。

○志摩ノ海-鏡桜● 押し出し

志摩ノ海、鏡桜の投げには対応して
前に出る!

十両土俵入り前の取組は以上。

○彩-常幸龍● 押し出し

以後は十両土俵入り後。

彩が立合いから先手で突っ張る!
常幸龍に廻しを取らせず、押し出し!

若藤親方(元皇司)は
「常幸龍は下半身がバタバタし、
上半身と連動出来ていない」と解説。

やはり幕内にいた頃と同じようには
動けていないようだ。。。

常幸龍は復帰の場所と思われたが、
負け越し。。。

○明瀬山-天空海● 寄り倒し

天空海の掛け投げが決まったかに見えたが、
軍配天空海で物言い。

映像では、両者とも頭が同時に
落ちているように見える。
痛そう。。。

結果、同時に落ちたとの判定で、
取り直し。

(2回目)

立合い行司待ったで不成立。
二度目で成立。
明瀬山が捕まえて一気に寄り倒し!
下からすくうように双差しになった。

○明生-玉木● 寄り倒し

明生が一気に寄り倒し!
玉木に何もさせなかった!
いい相撲!

○剛士-武玄大● 寄り切り

2-2同士の対戦。
剛士が胸を合わせて一気に寄り切り!

○豊ノ島-貴源治● 寄り切り

突っ張る貴源治を、
豊ノ島、廻しを取って組み止めて寄り切り!
先場所は敗れてしまったが、
今場所は貴源治の突っ張りに全く下がらなかった!

優勝争い

10日目終了時点での幕下の成績優秀者は
以下の通りです。

5連勝 : 石橋、貴公俊、高立、朝日龍

11日目は石橋-貴公俊、高立-朝日龍戦が
組まれました。

この勝者同士が13日目に対戦し、
優勝が決定するものと思われます。

4人中3人は十両未経験者。

楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成29年大相撲初場所10日目の関連記事

10日目の記事
幕内と十両の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成29年大相撲初場所10日目 幕下の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする