[ai] 平成29年大相撲初場所11日目 幕内の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲初場所11日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所11日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

11日目 幕内の実況と解説

11日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 舞の海秀平
向正面 : 雷親方(元垣添)
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 沢田石和樹
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

10日目終了時点での成績優秀者は、
以下の通りです。

一敗 : 稀勢の里
二敗 : 白鵬、蒼国来、貴ノ岩、逸ノ城

10日目の幕内の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成29年大相撲初場所10日目 幕内の全取組結果と感想

11日目 幕内 全取組の結果と感想

●大砂嵐-逸ノ城○ 寄り切り

逸ノ城が右四つ左上手で寄り切り!
右の下手を取るのは早かった。
上手も一枚だったがいい位置を引いた^ ^

逸ノ城は二敗を守った。

○輝-錦木● 寄り切り

輝、立合いで突き起こして
双差しになって一気に寄り切り!

●貴景勝-蒼国来○ 寄り切り

蒼国来、貴景勝の突っ張りをしのいで
双差しになって寄り切り!
貴景勝の突っ張りはクリーンヒットせず、
蒼国来は落ち着いているように見える。

蒼国来も二敗を守った。

○大翔丸-石浦● 押し出し

立合いは頭で当たりあい、
大翔丸が石浦を正面に置いて
よく見て押し出し!

日大の先輩と後輩の対戦なだけに、
大翔丸は勝ち方を
よく分かっているように見える。

○魁聖-千代皇● 押し出し

魁聖が一気に押し出し!

魁聖は7敗で踏みとどまった。
千代皇は7敗とあとがなくなる。

○佐田の海-千代の国● 寄り切り

佐田の海が立合いから双差しになって
一気に寄り切り!
佐田の海は7勝目!

○北勝富士-千代大龍● 押し出し

日体大出身同士の対戦。
北勝富士が4年後輩。
前回の対戦は北勝富士が勝っている。

千代大龍が立合い変化!
そこからは激しい押し合いに。
千代大龍が何度も押し込んでからの
はたきを見せるが、北勝富士、
全て残して押し出し!

北勝富士は勝ち越し!

●千代鳳-碧山○ 小手投げ

千代鳳は後半登り調子。
千代翔馬に「稽古場では廻しを取っているのに
何で本場所では廻しを取らないの?」と
言われたことがきっかけだったよう。

千代鳳、右の下手は取ったが、
左は腕を返された状態に。
碧山がこの腕を振って小手投げ!
腕が折れそうな小手投げだ。。。

●妙義龍-臥牙丸○ 押し倒し

臥牙丸が突っ張って押し倒し!
妙義龍は粘れず、負け越し。。。

●千代翔馬-貴ノ岩○ 押し出し

短いながら激しい相撲!
貴ノ岩は突き起こして攻め込み、
千代翔馬は回り込んで激しく抵抗し、
その流れの中で千代翔馬の足が出た。

貴ノ岩も二敗を守る。

前半戦は以上。

●隠岐の海-琴勇輝○ 送り出し

以後は後半。

琴勇輝の一方的な展開。
隠岐の海は元気がない。
琴勇輝は初めて隠岐の海に勝った!

○嘉風-荒鷲● 寄り切り

嘉風突っかける。
二度目で成立。
嘉風が左を差して一気に出る!
荒鷲の小手投げは食わない。

●豪風-御嶽海○ 引き落とし

両者とも勝ち越しのかかる一番。
過去は豪風の1対2。

豪風突っかける。
二度目で成立。
御嶽海、豪風のいきなりのはたきは食わない。
最後は豪風が腕を取りにきたところを潰した!

雷親方(元垣添)、御嶽海について
「勢いのある押し相撲の力士は
はたきで落ちてしまうことも多いが、
御嶽海には柔らかさもある」
と高評価。

御嶽海は勝ち越し!
豪風のはたきについては、
頭にあったし、動きも見えていたとのこと。

なかなか自信満々な
勝ち越しインタビューだった(笑)

○宝富士-栃煌山● 押し出し

負けたら負け越しの対戦。
過去の対戦は宝富士の6対8で、
接っている。

宝富士が一気に押し出し!

宝富士は7敗で踏みとどまる。
栃煌山は3場所連続の負け越し。。。
元気がない。。。

○高安-正代● 引き落とし

高安は勝ち越しのかかる相撲。

高安が一気に突っ張る!
正代が押し返したところを
引き落とし。

正代は胸で当たる立合いなので、
押し相撲に力士には突っ張りやすいようだ。

高安、勝ち越し!
正代は7敗目。。。

●玉鷲-松鳳山○ 突き出し

激しい突っ張りあいから、
松鳳山が双差しになる!
玉鷲、一度はほどきかけたが、
引いてしまった。
過去1対8の相性が出たような相撲。

押し相撲の力士は押し相撲の力士が
苦手だとよく聞くけれど、
玉鷲は今場所、押し相撲の相手に
苦戦している気がする。。。

●勢-豪栄道○ 上手投げ

勝ったほうが勝ち越しの一番。

豪栄道は変わり気味に上手を取る。
呼び込みかけたが、
土俵際で何とか逆転!

その後のリポートによると、

豪栄道は「土俵際は余裕があったけれど、
立合いが中途半端だった」
勢は「体を預けるのが早すぎた」と反省。

■鶴竜-琴奨菊□ 不戦勝

鶴竜、首と肩を痛めて本日より休場。

師匠の井筒親方(元逆鉾)によると、
「これ以上横綱らしい相撲は取れないと判断。
終盤の休場で申し訳ない」とのこと。

肩は元々傷めていた箇所なだけに心配だ。。。

※結びの一番だったけれど、
ここで勝ち名乗り。

○稀勢の里-遠藤● 小手投げ

過去の対戦は稀勢の里の3対2と、
意外とせっている。
その上、先場所は遠藤が勝っている。

遠藤がいい形を作って寄りかけたが、
稀勢の里、小手投げで何とか勝った!

一敗を守った!

内容はほぼほぼ遠藤が良かっただけに、
この1番をどんな内容であれ勝てたのは
大きいだろう。

●照ノ富士-白鵬○ 寄り切り

右の相四つ同士、
右四つに組み合う展開に。

白鵬の上手は切れて
しばらく動きが止まるが、
巻き替えて一気に出た!

どうやら巻き替えのタイミングを
伺っていたようだ。

少し時間はかかったが、
上手が切れた後の攻めはさすが!

白鵬も二敗を守った。

幕内の優勝争い

結果、11日目終了時点での成績優秀者は、
以下のようになりました。

一敗 : 稀勢の里
二敗 : 白鵬、蒼国来、貴ノ岩、逸ノ城

稀勢の里は遠藤に何とか勝って
単独トップを守り、
白鵬も平幕の二敗力士たちも勝って、
大きな変遷はありません。

三敗には豪栄道もいますが、
これから稀勢の里、白鵬との
直接対決を控えているだけに、
終盤で急浮上してくる可能性もありますね。

ただ、今日の白鵬を見る限りだと、
これからますます上り調子になって、
負かすのは難しそうな気がします。

日馬富士に続いて鶴竜も休場なので、
今後、上位力士と逸ノ城や蒼国来の
対戦が組まれるかも気になるところです。

11日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

11日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 高安
3位 御嶽海・北勝富士

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成29年大相撲初場所11日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成29年大相撲初場所11日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク