[ai] 平成29年大相撲初場所4日目 幕内の全取組結果と感想 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲初場所4日目 幕内の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所4日目
幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




4日目 幕内の実況と解説

4日目 NHK中継の幕内の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 舞の海秀平
向正面 : 阿武松親方(元益荒雄)
東リポート : 岡崎太希
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

3日目までの展開

3日目の幕内の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成29年大相撲初場所3日目 幕内の全取組結果と感想

4日目 幕内 全取組の結果と感想

●大砂嵐-佐田の海○ 寄り切り

両者立合いから組む展開。
佐田の海が一気に寄り切り!

阿武松親方(元益荒雄)
「佐田の海は休まず攻めたのが良かった」

佐田の海、
今場所は元気そうで何より^ ^

●臥牙丸-千代大龍○ はたき込み

千代大龍が当たってからのはたき込み。

●貴景勝-千代皇○ 突き落とし

新入幕同士の対戦。
舞の海さん、両力士とも白いものがないことを
高評価。

貴景勝が突っ張り、
千代皇が当てがう。
最後は千代皇が土俵際逆転!

阿武松親方(元益荒雄)は
「千代皇は肘の下を当てがい、
突っ張りの威力を殺していた」
と解説

なるほど!
貴景勝は前のめりに突っ張っているのが
気になった。

両氏とも貴景勝については
「うわ突っ張り」「足が出ていない」
との評価だった。

○千代鳳-大翔丸● 押し出し

大翔丸、立合いは良かったが、
千代鳳に低さ負けする。
土俵際では力なく土俵を割ってしまった。
厳重にテーピングしている足首が
悪いのだろうか?

舞の海さんも大翔丸について
「今場所は覇気がない」と一言。

○逸ノ城-錦木● 寄り切り

攻めが遅い者同士の対戦(笑)
逸ノ城が先に右の下手。
逸ノ城、なかなか上手が取れなかったが、
前に出ながら上手を取って寄り切り!

●魁聖-蒼国来○ 上手投げ

蒼国来、大きな魁聖に上手を取られたが、
捻った!

阿武松親方(元益荒雄)
「蒼国来は隙間を作ってしのいだのが良かった。
守りの時は隙間を作ることが大切。
逆に攻める時は密着しないといけない」

阿武松親方の解説は
勉強になる!

●輝-石浦○ 押し出し

輝が一気に突っ張るが、
石浦が土俵際で中に入って形勢逆転!
そこから一気に攻め込んだ!

深い双差しではなく、
浅く中に入って
投げるように振って隙間を作ったのが
良かったようだ。

○貴ノ岩-千代の国● 突き落とし

貴ノ岩が千代の国の攻めを交わして突き落とし。
千代の国は上半身だけで攻めていたように見える。

○妙義龍-碧山● 押し出し

碧山が先に踏み込んだが、
妙義龍が押し返して一気に押し出し!
碧山は当たってすぐに引いてしまった。

今場所の妙義龍は元気がないが、
碧山も元気がないm(_ _)m

○北勝富士-琴勇輝● 寄り切り

北勝富士、左右で押っつけながら
一気に前に出て寄り切り!
琴勇輝に突っ張らせなかった。

阿武松親方(元益荒雄)、
北勝富士の左の押っつけの強さを
高評価。

琴勇輝の相撲をよく研究していたような
相撲だった。

●豪風-千代翔馬○ 引き落とし

千代翔馬が当たってからの引き落とし。

●嘉風-遠藤○ 押し出し

以後は後半。
攻守が激しく入れ替わる相撲に盛り上がる!

嘉風のペースと思われたが、
遠藤はよく我慢した!

阿武松親方(元益荒雄)、
遠藤の左の押っつけと下半身の構えが
崩れなかったことを高評価。

○隠岐の海-栃煌山● 押し出し

隠岐の海が挟み付けて一気に押し出し!
栃煌山は膝から下に大量のテーピングで4連敗。
踏ん張りが効いていない。
相当状態が悪いのだろうか?

栃煌山、妙義龍あたりが元気がないのは
寂しい。。。

○玉鷲-高安● 押し出し

立合い両者とも合わない。
二度目で立つ。
玉鷲が一気に押し出し!強い!

阿武松親方(元益荒雄)は

「玉鷲は迷いがない。
高安は差そうか前みつを狙おうか
迷ったような立合いだった」

と解説。

●照ノ富士-勢○ すくい投げ

勢が双差しになって一気に前に出る!
最後は右を深く差してのすくい投げ。
勢、対照ノ富士戦は5連勝!

●宝富士-豪栄道○ すくい投げ

豪栄道、なかなか十分な体勢にはなれなかったが、
よく我慢して双差しになり、
そこから一気に出る!最後はすくい投げ。

○稀勢の里-松鳳山● 突き落とし

松鳳山が攻め込み、
稀勢の里が土俵際で突き落とし。

軍配松鳳山で物言いがつくが、
物言いがついてから行司は
稀勢の里に軍配を上げ直した。
映像でも稀勢の里の足は出ていない。

行司の玉二郎は
稀勢の里が勝ったという認識だったけれど、
うっかり西側に軍配を上げてしまい、
差し違いとなってしまったとのこと。

友綱審判があたふたしながら
説明している姿が面白かった(笑)

○正代-琴奨菊● 寄り切り

正代、胸で当たって上体が起きたかに見えたが、
双差しになって形勢逆転!
そこから一気に寄り切り!
正代の相撲だ!

○白鵬-栃ノ心● 寄り切り

栃ノ心突っかける。
二度目は両者が待った。
三度目で成立。

右四つに組み合う展開。
白鵬の上手は一枚で伸びていたが、
白鵬が栃ノ心の上手を切って寄り切り。

舞の海さん、毎回同じように上手を
切られて負けている栃ノ心の研究のなさを
酷評。

●荒鷲-日馬富士○ 寄り切り

荒鷲と並ぶと、
日馬富士も小さく見えない。

日馬富士が一気に寄り切り!
問題にしなかった。

日馬富士は連敗脱出。
星を2勝2敗の五分に戻した。

●鶴竜-御嶽海○ 押し出し

御嶽海が鶴竜を引かせた!
マジですか!?
鶴竜、引くな!

御嶽海は今場所2つ目の金星!

4日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる
敢闘精神あふれる力士。

4日目の幕内は、

1位 御嶽海
2位 正代
3位 遠藤

でした!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成29年大相撲初場所 4日目の関連記事

十両と幕下の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成29年大相撲初場所4日目 幕内の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする