[ai] 平成29年大相撲初場所5日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲初場所5日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所5日目
幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




5日目 幕下の実況と解説

5日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 三輪洋雄
解説 : 山分親方(元武雄山)
リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 岩友親方(元木村山)
リポート : 大坂敏久
(敬称略)

でした。

4日目までの展開

4日目の幕下の相撲につきましては、
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成29年大相撲初場所4日目 幕下の全取組結果と感想

5日目 幕下 全取組の結果と感想

●富栄(三段目)-宝香鵬○ 送り出し

富栄突っかける。
二度目で立つ。
宝香鵬が後ろについて送り出し!
富栄は立合いから終始間合いを嫌い、
最後まで噛み合わずに終わってしまった印象。

○駒木龍-玄界鵬● 寄り切り

組んで動きの止まる展開。
最後は駒木龍が胸を合わせて寄り切り。
本来は左四つの駒木龍だが、
今日は双差し狙いの立合いを見せた。

○千代の勝-北勝就● 寄り切り

千代の勝が右を巻き替えて双差し!
そこから一気に寄り切り!
千代の勝、幕下で初白星!

○碧天-深海山● 押し出し

碧天が手繰っていなして押し出し!
動きのある相撲だった。

○貴健斗-桜児竜● 押し出し

貴健斗が一気に押し出し!
一方的な相撲だった。

●王輝-鳩岡○ 下手投げ

鳩岡が左四つになって先に攻め込む!
最後は相手の残す力を利用して下手投げ。

鳩岡は右四つを目指したいけれど、
根が左四つなのですぐ左四つになってしまう
とのこと。

○安芸乃山-琴鎌谷● 寄り切り

立合い行司待ったで不成立。
二度目で成立。
安芸乃山が一気に寄り切り。
琴鎌谷は立合いがやり直しになったためか、
力が抜けてしまったような相撲だった。

●磋牙司-高春日○ はたき込み

磋牙司が押す。
高春日、土俵を回り込み続けてはたき込み。

●朱雀-琴弥山○ 押し出し

朱雀、立合いの蹴たぐりは失敗。
攻め込まれるが、土俵際で逆転!
したかに見えたが、軍配朱雀で物言い。

映像では、朱雀の膝もかなり早くついている。
琴弥山の体とどちらが早いか微妙。
結果、取り直し。

取り直しの相撲は、
琴弥山が相手の両手を極めて一気に出た!
きめきってはいなかったので、
決まり手は押し出し。

●高麗の国-羅王○ 寄り倒し

体格差のある2連勝同士の対戦。

羅王、土俵際で相手の懐に入り、
そこから形成逆転!
我慢して少しずつ双差しの体勢を作り、
寄り倒し!

盛り上がったが、
高麗の国は土俵下から起き上がれない。
どこか打ち付けたのだろうか?
礼は出来なかったが、
自力で歩いて帰っていった。

※その後のリポートによると、
高麗の国は脳震盪を起こしたっぽい
とのこと。

脳震盪はとても危険なので、
本当は自力で歩いたりしては
いけないのだけれど……
200キロを超えるお相撲さんゆえ、
そこは仕方ないかもしれない。。。

突然死の危険とかもあるから、
ちゃんと検査を受けて、
脳震盪なら休んでほしいところだ。。。

●隠岐の富士-力斗○ 小手投げ

隠岐の富士が一気に出るが、
力斗、相手の勢いを利用しながら小手投げ!

●彩の湖-高立○ 押し出し

こちらも体格差のある2連勝同士の対戦。

彩の湖は仕切り線近くに仕切り、
高立は離れて仕切る。

彩の湖は低く当たって外掛けを仕掛けるが、
足が届かない。

高立、相手の腕を捕まえて一気に押し出し!
が、高立は足の指を気にしている。

●肥後嵐-勇輝○ 寄り切り

組んで動きの止まる長い相撲。
最後は勇輝が巻き替えて煽って
一気に寄り切り!

肥後嵐は本来押し相撲の力士だが、
押し切れずにまわしを取ってしまう癖が
あるようだ。

●琴太豪-野上○ 押し出し

真面目さが好感の力士同士の対戦(笑)
野上が一気に押し出し!
廻しにこだわらずに押し切った!

※嘉風と野上のエピソードが紹介されました。
詳しくは下記記事にて。

[ai] 嘉風に励まされて頑張った野上

○千代嵐-安芸乃川● 突き落とし

安芸乃川十分の左四つになるが、
右の小手投げで呼び込んでしまった。

○虎太郎-碧己真● 押し出し

虎太郎が一気に押し出し!

○双大竜-諫誠● 寄り切り

組んでの攻防!
初め攻めていたのは諫誠だったが、
最後は双大竜が左の肩透かしで相手の体勢を崩し、
右で腕を返して一気に寄り切り!
上手かった!

●栃登-竜勢○ 寄り切り

竜勢がすぐ左の上手を取っていい形を作る。
そこから一気に寄り切り!
栃登は双手突きで起こしにかかったようだが、
逆に自分が起きてしまった。

○阿炎-鳰の湖● 押し出し

突っ張りの阿炎と
押しの鳰の湖の対戦。

立合いは阿炎が待った。
二度目は鳰の湖が突っかける。
三度目で成立。

阿炎は踏み込まず、
体を前に倒して手を出す立合い。
最後は回り込んで突き出し。
よく間合いを保っていたと思う。

○一木-竜王浪● 突き落とし

激しく攻防のある相撲に盛り上がる!
竜王浪優勢に見えたが、
最後は突き落としで一木が逆転!
捕まっているようで捕まりきっては
いなかった。

○栃の濱-剛竜● はたき込み

剛竜突っかける。
二度目で立つ。
初めは剛竜が踏み込み、
綺麗な前傾姿勢の攻め。
栃の濱は突き起こしきれなかったが、
最後ははたいた。

○入江-鏡桜● 寄り切り

入江、鏡桜の変化には落ちない。
そのままついていって一気に寄り切り。

鏡桜、今場所は膝に何もつけて
いないけれど、ちょっと元気がない。

○志摩ノ海-魁● 押し倒し

志摩ノ海がいい押し相撲で押し倒し!

●天鎧鵬-玉木○ 送り出し

玉木が後ろに回って送り出し!
終始動いて翻弄した!

十両土俵入り前の取組は以上。

●白鷹山-明瀬山○ 寄り切り

以後は十両土俵入り後。

組んでの攻防から、
動きの止まるやや長い相撲。
最後は明瀬山が前に出て寄り切り。

○貴源治-海龍● 寄り切り

突っ張り合いから、
貴源治が右上手を取る。
そこから引き付けて寄り切り!

岩友親方(元木村山)は、

「突っ張り合いは海龍が有利だったが、
貴源治の方が前に出ていた。
足が前にあったから上手が取りやすかった」

と解説。なるほど。

●朝弁慶-富士東○ 押し出し

朝弁慶は引いてしまった。
そこを富士東が一気に出る!

朝弁慶、途中までは起こされないように
よく我慢していたが……
我慢しきれなかったm(_ _)m

○大翔鵬-朝赤龍● 押し倒し

大翔鵬はカチ上げ気味の立合いから
抱え込んで一気に出る!
朝赤龍は元気がない。

○北磻磨-栃丸● 押し出し

北磻磨が一気に押し出し!
いい相撲!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成29年大相撲初場所 5日目の関連記事

幕下に関する記事
幕内と十両の感想
スポンサーリンク







[ai] 平成29年大相撲初場所5日目 幕下の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする