[ai] 平成29年大相撲春場所11日目 幕下の全取組結果と感想 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲春場所11日目 幕下の全取組結果と感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲春場所11日目
幕下の全取組を振り返っていきたいと思います。

11日目 幕下の実況と解説

11日目 BS-NHK中継の幕下の実況と解説は、

実況 : 岡崎太希
解説 : 甲山親方(元大碇)
向正面 : 伯龍(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 枝川親方(元蒼樹山)
リポート : 大坂敏久
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

10日目終了時点での幕下の成績優秀者は、
以下の通りです。

5連勝 : 明生、阿炎、彩、魁盛王

10日目の幕下の相撲について、詳しくは
下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成29年大相撲春場所10日目 幕下の全取組結果と感想

11日目は阿炎と魁盛王が対戦し、
明生は十両の照強と、
彩は4勝1敗の栃飛龍と対戦します。

11日目 幕下 全取組の結果と感想

○朱雀(三段目)-大翔龍● 送り出し

朱雀が大翔龍の出足を交わして送り出し。

○魁禅-東里● 上手投げ

魁禅が右四つ左上手の体勢になり、
上手投げを打ちながら攻めた!

○肥後嵐-巨東● 押し出し

肥後嵐が立合いからノド輪で起こして
一気に押し出し!

○駿馬-高麗の国● 引き落とし

駿馬が当たってからの引き落とし。

●琴欣旺-玄界鵬○ 下手投げ

玄界鵬突っかける。
二度目で成立。
玄界鵬が先に左四つになって前に出る。
土俵際投げの打ち合いを玄界鵬が制した。

●白虎-濱豊○ 押し出し

濱豊が前に出て押し出し!

○周志-出羽鳳● 寄り切り

周志が頭をつけて少しずつ体勢を作る。
時間はかかったが、じわじわ前に出て寄り切り!

●池川-大波○ 送り出し

大波が変わり気味に上手を取って送り出し!

○湘南乃海-蓮台山● はたき込み

湘南乃海突っかける。
二度目で成立。
湘南乃海が当たって起こしてからのはたき込み。

●王輝-諫誠○ 送り出し

負けたら負け越しの一番。
諫誠が押っ付けて後ろに回って送り出し。
膝は悪そうだが、負け越しを踏みとどまった!
王輝は負け越し。

●香富士-安芸乃山○ 押し出し

安芸乃山がよく前に出て押し出し!
大きな力士が前に出る様は圧巻!

○碧の正-力斗● 突き出し

先に踏み込んだのは力斗だったが、
途中で止まってしまう。
そこを碧の正が一気に押し返して突き出し!

甲山親方(元大碇)、力斗について
「身長の割に顎があがっている」とのこと。

力斗は終わった後、
痛そうな顔をしていた。
どこか悪いのだろうか?

●千代の海-魁渡○ 押し出し

魁渡が千代の海の引きに乗じて押し出し。

●栃の濱-舛東欧○ はたき込み

舛東欧が先に攻め込んで引き落とし。

甲山親方(元大碇)
「栃の濱は仕切り線から離れて仕切ったことで
立ち遅れてしまった」

●剛竜-鏡桜○ 寄り切り

鏡桜が右四つ左上手で寄り切り!

鏡桜に対して、
伯龍さん「元幕内のプライドは捨てて」
甲山親方(元大碇)
「十両に上がった頃の相撲を思い出して」
とコメント。

○肥後ノ城-琴弥山● 押し出し

琴弥山突っかける。
二度目で成立。
肥後ノ城、琴弥山の小手投げを残し、
いい突っ張りで押し出し!

○隠岐の富士-豪頂山● 押し出し

豪頂山が先に双差しになって攻め込むが、
攻めきれずに引いてしまった。
そこを隠岐の富士が一気に押し返して押し出し!

●栃登-琴太豪○ 上手投げ

琴太豪が先に上手を取って、
先に先に攻めて上手投げ!

○大和富士-翔天狼● 押し出し

大和富士が一気に押し出し。
翔天狼は立合いから棒立ちで、元気がない。

●慶天海-徳真鵬○ 押し出し

徳真鵬が慶天海を中に入れず、押し出し。

慶天海は新十両の場所、
徳真鵬との相撲で大怪我をしている。

甲山親方(元大碇)、慶天海について
「この相手に怪我をさせられた意識が
あったのではないか?」と話す。

○阿炎-魁盛王● 突き落とし

5連勝同士の対戦。

阿炎の突っ張りをかいくぐって
魁盛王が中に入る!

阿炎、魁盛王の攻めを交わして、
土俵際逆転!

阿炎が6連勝!

○勝誠-靏林● つき膝

勝誠が攻め込み、
靏林が突き落としたかに見えたが、
軍配靏林で物言い。

映像では、靏林の膝が先についている
ように見える。

結果、靏林の膝がついているとの判定で、
差し違い。

●魁-大成道○ 押し出し

大成道がよく前に出て押し出し!

●貴公俊-武政○ 突き落とし

武政、貴公俊の突っ張る腕を手繰って
突き落とし。

○栃飛龍-彩● 突き出し→突き倒し

4-1の栃飛龍と5連勝の彩の対戦。
彩は関取経験者に勝ち続けて5連勝。
今日の相手も関取経験者。

立合い合わない。
二度目で成立。

激しい突っ張り合いを栃飛龍が制した!
いい相撲に盛り上がった!

彩、負けたけどいなされても残し、
体はよく動いて好調ぶりがうかがえた。

●芝-天空海○ 寄り切り

天空海突っかける
二度目で成立。
天空海、立合いは引いたが、
その後は一気に攻め込んだ。

●朝赤龍-剛士○ 寄り切り

立合いから両者組み合う。
剛士が一気に寄り切り!

十両土俵入り前は以上。

●若乃島-志摩ノ海○ 寄り切り

以後は上位五番。

志摩ノ海が攻め込み、
若乃島が土俵際突き落としたかに見えたが、
軍配志摩ノ海で物言いはなし。

スロー映像を見てみると、
先に若乃島の足が出ていた。

○舛の勝-朝弁慶● 押し出し

舛の勝がよく前に出て押し出し!

●豊ノ島-天鎧鵬○ 突き落とし

豊ノ島が双差しになって攻め込んだが、
豊ノ島、膝から落ちてしまった。
と思ったら、軍配天鎧鵬で物言い。

映像では、豊ノ島の膝が先についていて、
天鎧鵬は髷を掴んでもいない。

結果、確認の物言いで、軍配通り。

最後足の踏ん張りは効かなかったものの、
豊ノ島らしさはよく出た相撲だった。

●岩崎-貴源治○ 突き出し

貴源治が右の喉輪で起こして
一気に突き出し!
岩崎は喉輪押しでも簡単には起きなかったが、
最後は起きてしまった。

○阿夢露-明瀬山● 寄り切り

阿夢露が両前廻しを引きつけて寄り切り!

阿夢露が3-3で踏み止まり、
明瀬山は負け越し。

優勝争い

その後、明生は十両の照強に敗れ、
幕下の成績優秀者は以下のようになりました。

6連勝 : 阿炎

恐らくは13日目に阿炎と1敗力士の取組が
組まれるものと思われます。

その場合、阿炎が勝てば全勝優勝、
負ければ1敗力士との優勝決定戦となります。

3人以上の決定戦になる可能性も。

楽しみです^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

平成29年大相撲春場所 11日目の関連記事

スポンサーリンク







[ai] 平成29年大相撲春場所11日目 幕下の全取組結果と感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク