[ai] 平成29年大相撲春場所13日目 幕内のハイライト | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年大相撲春場所13日目 幕内のハイライト

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲春場所13日目。

幕内の相撲で印象に残ったことを
ハイライト形式でまとめさせていただきました。

稀勢の里が心配です。。。

スポンサーリンク




大栄翔のきれいな押し相撲

大栄翔が徳勝龍を電車道で一気に押し出し!

大栄翔は立合いのラインがとても綺麗ですね^ ^

これは後世に残したい立合いであり、
押し相撲だと思いました!

北の富士さん「輝は足腰に問題がある」

輝は攻め込みましたが、
栃ノ心に土俵際回り込まれてバッタリ。

北の富士さんに、

「立ち腰で足が揃っている。歩幅も狭い。
足腰に問題がある」

と言われてしまいましたm(_ _)m

言われてスロー映像を見ると、
確かにそうだなと思いました。

宇良、稲川親方を押せなくても7勝目!

この日向正面の解説は、
木瀬部屋所属の稲川親方(元普天王)。

宇良にぶつかり稽古で胸を出しているそうですが、
宇良はまだ、稲川親方を押し切れないとのこと。

それでも勝って7勝目を上げました!

大したものです!

正直、こんなに勝てるとは思っていませんでした。

(5勝10敗くらいで負け越すと思ってました(^_^;))

栃煌山は3敗に後退

二敗の栃煌山は遠藤に敗れて三敗に後退。

どう見ても本調子とは言い難いながらも、
幕内下位ということもあり優勝争いに加わっていた
栃煌山ですが、さすがに遠藤は強かったです!

一方の遠藤は7勝目。

ここ最近、比較的早い段階で7勝しているのに
千秋楽に負け越すことの多い遠藤。

今度こそ勝ち越してほしいです!

荒鷲が休場

荒鷲は前日の稀勢の里戦で
左の足首を傷め、休場です。

逸ノ城が不戦勝の勝ち名乗りを受けました。

琴奨菊が正代に渾身のがぶり寄り!

2連敗で大関復帰に後がない琴奨菊は、
正代を渾身のがぶり寄りで寄り切りました!

正代に双差しを許し、
決して十分な体勢とは言い難かったですが、
精神力で勝ったという感じの一番。

勝ち越したので、
来場所も関脇の番付は確保しました。

高安、嘉風に一方的に敗れる

高安は嘉風に一方的の敗れます。

10連勝していた時とはまるで別人な相撲。

刈谷アナウンサーやマービンJr.さんは、
怪我を負っていることを疑っているようでしたが……

うーん、何とか立て直してほしいm(_ _)m

照ノ富士が鶴竜との熱戦を制した!

一敗の照ノ富士は横綱鶴竜と対戦。

組んで引き付けあい、
巻き替えあいの激しい攻防を
制しました!

上手さの鶴竜を力でねじ伏せた!
という感じの相撲。

完全復活と言っていいと思います!

見応えのある熱戦でした^ ^

稀勢の里が日馬富士に敗れ、左肩を負傷

13連勝をかけた稀勢の里と、
集中力を増している日馬富士の
非常に楽しみな一番は、思わぬ結末に!

日馬富士が一気に寄り倒しました!

日馬富士はやっぱり強い!
凄まじい集中力だな、と感服していたら、

稀勢の里が土俵下で左肩の辺りを
押さえて起き上がれない!!

結局稀勢の里は土俵に戻ることが出来ず、
痛そうに肩を押さえて下がっていきました。

その後は応急処置を受けて、
救急車で運ばれたとのこと。

骨折や脱臼ではないようなのですが、
滅多に痛そうな姿を見せない稀勢の里が
あんなの痛がるほどの痛み。

心配です。。。

もしかしたら

ぱっと見はどこで怪我をしたのかまるで
分からない相撲。

もしかしたら、この場面で怪我を
したのかもしれません。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。