[ai] 平成29年春場所の優勝及び三賞受賞力士とインタビューのまとめ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年春場所の優勝及び三賞受賞力士とインタビューのまとめ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

稀勢の里の劇的逆転優勝に
大いに盛り上がった平成29年春場所。

稀勢の里をはじめとする各段の優勝力士、
三賞受賞力士のこの場所の概要と
受賞インタビューをまとめてみました^ ^

スポンサーリンク




幕内最高優勝 : 稀勢の里

この場所の主役は、
最初から最後まで間違いなく稀勢の里でした。

新横綱にして19年ぶりの日本出身横綱、
さらには新たな4横綱時代の幕開けと
場所前から大いに話題になりましたが、

初日から圧倒的な強さで13連勝して、
13日目に怪我をして
どうなることかと思ったけれど、

千秋楽にこれは漫画か!
と言いたくなるような逆転優勝!

期待を裏切らない活躍でした^ ^

優勝インタビューでは、
滑舌が悪くて聞き取りにくい部分も多く、
テレビ慣れしていないように思えましたが、

「見えない力が働いた」
「(千秋楽は)気持ちだけぶつけようと思った」

と話していたのが印象的です。

[ai] 稀勢の里の優勝インタビュー全文(平成29年春場所)

十両優勝 : 豊響

幕内が漫画みたいなドラマなら、
十両は7年ぶりの巴戦での決定戦という
歴史的な優勝決定戦でした。

千秋楽に6人が同じ星で並ぶという大混戦の中、
大砂嵐、朝乃山、豊響の3人が巴戦に進み、
これを制したのは幕内経験者の豊響。

本割、決定戦の計3番は、
いずれも持ち味のいい押し相撲での
勝利でした(≧∇≦)

優勝インタビューでは、
真面目で不器用そうな人柄を感じました。

[ai] 豊響の十両優勝インタビュー (平成29年春場所)

幕下優勝 : 阿炎

この場所の幕下優勝は十両経験者の阿炎。

長らく幕下に低迷していましたが、
この場所は持ち味のいい突っ張りがよく出て
全勝優勝です!

ここ最近は、突っ張っては引く、
というパターンを対戦相手に覚えられて
勝てない相撲が多いように思えましたが、

この場所に関しては、
突っ張り切って勝つ相撲も
多かったですね^ ^

16枚目というギリギリ一場所で十両に
戻れない番付なのが惜しいところです。。。

何にせよ、わたしにとっては
ご当地力士なので頑張ってほしいです(笑)

優勝インタビューでは一生懸命真面目に
応えようという意思は感じるものの、
きょろきょろと落ち着きがなく、
チャラい印象を受けました(苦笑)

[ai] 阿炎の幕下優勝インタビュー(平成29年春場所)

三段目優勝 : 玉金剛

この場所の三段目優勝は、
片男波部屋の玉金剛。

とても稽古熱心な力士で、
師匠の玉春日や玉鷲関のような押し相撲を
目指しているそうです。

高校相撲を経験していて、
その時の恩師は元武哲山の栗本先生。

2013年に42歳の若さで亡くなっています。

優勝インタビューでは、
この栗本先生のことも話題に上がりました。

あまり話し慣れていないなりにも
一生懸命受け答えしている姿に
好感が持てました。

[ai] 玉金剛の三段目優勝インタビュー(平成29年春場所)

序二段優勝 : 若山

序二段優勝は阿武松部屋の若山。

初場所の序ノ口優勝に続く
序二段優勝です。

幕下上位の経験もある若山ですが、
怪我をして前相撲まで陥落。

復帰後は序ノ口、序二段と順当に
全勝優勝を重ねています。

優勝インタビューでは、
また怪我をしてしまわないよう、
基礎の四股・鉄砲・すり足をしっかり
やるようにしていると話していました。

見た目は怖そうだけど、
話すと爽やかな好青年でした^ ^

[ai] 若山の序二段優勝インタビュー(平成29年春場所)

序ノ口優勝 : 一山本

序ノ口優勝は初場所初土俵の一山本。

新たに導入された、
実績による年齢緩和制度が初めて
適用されて入門した力士です。

実績があって入門しただけに、
やはり序ノ口では強かったのでしょうか?

入門前は北海道富久縞町の町役場で
働いていたそうですが、
挑戦してみたいと思って入門したとのこと。

他のスポーツと違い、
入門するだけならただなのが
相撲のいいところですね^ ^

社会人経験もあるせいか、
この場所の各段優勝力士の中では
もっともしっかりした受け答えを
していたように思えます。

堀が深くて睫毛の長い美青年さんでした(笑)

[ai] 一山本の序ノ口優勝インタビュー(平成29年春場所)

殊勲賞 : 高安

殊勲賞は関脇の高安が3回目の受賞を
はたしました。

横綱にこそ勝てなかったものの、
前半戦では大関の豪栄道、照ノ富士を
破ったことが評価されたようです。

特に照ノ富士は、
この場所とても強かったですからね!

時間の都合上、
NHKでの受賞インタビューは
放送されませんでしたが、
おめでとうございます^ ^

敢闘賞 : 貴景勝

敢闘賞は入幕二場所目の貴景勝が
初の受賞です!

千秋楽勝てば、という条件つきでしたが、
見事勝って11勝をあげての受賞!

新入幕の初場所こそ負け越しましたが、
春場所は大活躍でした^o^

受賞インタビューでは、初日に負けたことで、
気持ちが負けると相撲自体も悪くなることを
学んだと話していました。

まさに「負けて覚える相撲かな」ですね。

[ai] 貴景勝の敢闘賞受賞インタビュー全文 (平成29年春場所)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。