[ai] 平成29年春場所限りで引退する力士たち | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成29年春場所限りで引退する力士たち

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンのペパーミントあいです。

平成29年春場所をもって引退する力士は、
最年長の北斗龍を含む8人。

お疲れ様でした^ ^

スポンサーリンク




平成29年春場所限りで引退する力士たち

平成29年春場所限りで引退する力士たちは、
以下の8人です。

  • 竜王浪(立浪)
  • 朱鷺ノ若(湊)
  • 浜東(玉ノ井)
  • 武の湖(山響)
  • 北斗龍(山響)
  • 姫勝山(武蔵川)
  • 高麗湊(湊)
  • 勇聖(阿武松)

現役最古参の北斗龍

北斗龍さんは現役最古参の46歳。

(※正確には同年生まれで誕生日の早い力士が
いるので最年長ではないのですが、最年長と
言っていいと思います)

初土俵は昭和61年春場所。
31年前になります。

北の湖前理事長のお弟子さんで、
ずっと陰ながら部屋を支えていた方のようですね。

元々は師匠が定年退職されるまで
続けるつもりだったようですが、

定年前に亡くなってしまわれたため、
一周忌までは続けると女将さんに約束。

それ以降は体と気持ちが続く限り、
ということだったようですが、

先場所の初場所、
力士生活初の7戦全敗を経験し、
引退を考えたそうです。

Yahooニュースにもなっていました。

現役最古参46歳力士引退、料理の「腕は相撲界一」序ノ口・北斗龍が勝ち越しで土俵に別れ (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

「大股」を決めた武の湖

北斗龍と同じ山響部屋の武の湖は、
以前序二段の相撲で珍しい決まり手
「大股」を決めた力士ですね。

下記記事にて、分解写真付きで
ご紹介させていただいております。

[ai] 序二段の武の湖が珍しい決まり手・大股を決める!

大股を決めた相撲は、
珍しい決まり手が出なくてもふつうに
素晴らしい熱戦でした!

武の湖さんの取組は
ずっと見続けていたわけではないけど、

この時、
とても感じのいい力士だなと思いました^ ^

引退と聞いて少し寂しいと感じています。

お疲れ様でした。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 平成29年春場所限りで引退する力士たち
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする