[ai] 後輩たちから慕われている小野川親方(元大道)、初解説 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 後輩たちから慕われている小野川親方(元大道)、初解説

こんにちは^ ^ ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所7日目。

この日のBS-NHK 幕下の相撲の解説は、今年一月に引退された小野川親方(元大道)でした。

スポンサーリンク




後輩たちから慕われている小野川親方

親方デビューされたばかりの小野川親方。この日が初解説でした。

まだ現役力士の雰囲気が残っていましたが、解説はとても的確で分かりやすかったです^ ^

たまたまリビングを通りかかった母が「この親方、感じいいね」と言い残して去っていくほど、お人柄の良さも伺えました。

部屋の後輩たちのお話によると、忙しくしている若い衆のために牛丼を差し入れてくれたり、とても後輩思いの優しい先輩なようです。

まさに見た目の印象通りのエピソードですね(笑)

後輩たちの談話からは「優しい先輩」「自分も小野川親方のような関取になりたい」というお話がたくさん聞けて、慕われているのを感じました。

若い頃は師匠から厳しく指導されていた

一方で後輩たちは、若い頃の大道が、師匠の阿武松親方(元益荒雄)から誰よりも厳しく指導されている姿も見ていたようです。

その大道が、厳しい指導の後、幕内に昇進したことは、後輩たちの励みになったようです。

阿武松部屋は、近所の子供たちとの交流を大事にしている部屋なんですかね?

みんな入門前から部屋によく出入りしていて、幕下時代の中西(大道の本名)をよく知っているようでした。

子供の頃から、背中で教えられてきたんですねぇ。。。

引退後は・・・

小野川親方(元大道)は、若い力士に胸を出せるよう、引退後も体重は落としていないそうです。

そして、現役を退いたら、若い力士たちのことがよりよく分かるようになった、と話しておられました。

元が優しい性格なのか「なかなか阿武松親方のように厳しく出来ない」と悩んでおられるようでしたが、一足先に引退された不知火親方(元若荒雄)とも相談しながら、若い力士たちをどう指導していくか、試行錯誤されているようです。

阿武松親方も不知火親方も、わたしの中では「いい先生」という印象の親方なのですが、小野川親方もきっと、いい先生になれるのではと思います^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

この日小野川親方が解説をされた、平成28年名古屋場所7日目の記事は、こちらです。

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所7日目(幕下)取組結果一行メモ

引退された時の記事にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 元幕内 大道が引退 年寄「小野川」を襲名

スポンサーリンク







[ai] 後輩たちから慕われている小野川親方(元大道)、初解説
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする