[ai] 技能賞 栃ノ心のインタビュー(平成28年夏場所) | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 技能賞 栃ノ心のインタビュー(平成28年夏場所)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所千秋楽。技能賞は春日野部屋の栃ノ心に決定いたしました!

その受賞インタビューの概要をUPいたします。

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

スポンサーリンク




栃ノ心のインタビュー

西前頭四枚目 栃ノ心
本名 : レヴァニ・ゴルガゼ
成績 : 10勝5敗
所属 : 春日野部屋
昭和62年10月13日生 (28歳)
ジョージア・ムツケタ出身
平成18年3月場所初土俵
参照元 : 各段の優勝力士・三賞力士 – 日本相撲協会公式サイト

インタビューアー : 刈谷富士雄

Q. 技能賞というのはどうですか?

「えー、いや本当嬉しいです。良かったっす」

Q. 6回目の三賞ですが、技能賞は初めてですもんね。

「そうです、はい」

Q. どこが評価されたと思いますか?

「どこだろうかね?つり出しっすかね?(笑)」

Q. そうなんです!つり出しもありました、評価の中には。

「(頷く)」

Q. 今場所の自分の内容はどうですか?振り返ってみて。

「そうですね……場所前に軟骨折れちゃって、本当に場所前、場所に出るかどうかって、感じだったんすけど、出て10番勝って、良かったと思いますね。ただ悔しいのは、今日勝って、今場所を終わりたかったですね。負けたことが悔しいですけども。また頑張って、怪我を治して、名古屋でまた頑張りたいと思います」

Q. でも、初日は立合い変化して、どうなることかと心配しましたけども、どう立ち直ったんですか?

「そうですねぇ、やっぱりー……変化して、なかなか上手く相撲が取れないで、自分の相撲取らないと上手くは相撲出来ないんで、部屋に帰って親方に休場せいって言われて、そこでちょっと気持ちが変わったっすね。明日から自分の相撲やってみて、そこで、ダメだったらまた、傷めたらそこでまた休場すればいいんじゃないかなと思って。そこから気持ちが変わったっすね。で、そこ、良かったと思います」

Q. これで来場所は三役に戻れそうな感じですね。

「……はい。頑張ります」

Q. 三役でどういう相撲を見せてくれますか?

「そうですね、一つでも多めの勝てるように、そういう相撲、見せたいと思います」

Q. 技能賞をもらった相撲を磨いて下さいよ。

「……また、つり出しの勉強をします(笑)」

つり出しが評価された技能賞

栃ノ心はどちらかというと、力相撲という印象のある力士なので、技能賞受賞は正直、意外です。

でも選ばれた理由の一つは「つり出し」という、最近では珍しい決まり手があったことが大きいようです。

相手を持ち上げるのって、力だけでなく、技術も要りますもんね。
(素人ながら、要るのだろうなと思います)

※つり出しについては、下記記事もご参照のこと。

参照 : [ai] この人この技・若浪のつり出し特集

今場所は直前の稽古で肋軟骨を骨折した栃ノ心。

初日は滅多にない立合いの変化もあったりして、どうなることかと思いましたが、師匠の「休場せい」の一言で奮起し、痛いなりにも、しっかり自分の相撲が取れたようです。

千秋楽負けたのは悔しかったでしょうが、場所を通して自分の相撲が取りきれたのは、良かったです^ ^

次の場所は多分三役。

今場所のように横綱も大関も元気だと、勝ち越すのも難しい番付になるかとは思いますが、頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

平成28年夏場所の三賞の記事

スポンサーリンク







[ai] 技能賞 栃ノ心のインタビュー(平成28年夏場所)
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする