抜井記者が語る横綱会の話が面白い | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

抜井記者が語る横綱会の話が面白い

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンの
ペパーミントあいです。

稀勢の里が始めて
横綱会に参加したにあたり、

朝日新聞の抜井規泰記者が
横綱会について面白い話を
ツイートしてくれていました!

スポンサーリンク




抜井記者の一連のツイート

抜井記者の一連のツイートは、
以下の通りです。

最後の「究極の選択」には
笑ってしまいましたが(笑)

面白いお話でした!

抜井さん、ありがとうございます^o^

故・元隆の里は横綱会を楽しみにしていた!

お話を伺うに、
稀勢の里の師匠の故・先代鳴戸親方(元隆の里)は、
横綱会をとても楽しみにしていたみたいですね。

「まさかその年の横綱会に
出られなくなるなんて」
で、切なくなりました。。。

にしても、
一人30万円の会費、
って凄い!

さすが出費も横綱クラスです、
横綱会!

元横綱たちに羨まれた伊勢ヶ濱親方

そして、
日馬富士がメンバーに加わった年には、

弟子に背広を着せられる
伊勢ヶ濱親方(元旭富士)を見て、

他の元横綱たちが
たいそう羨んだとか!

横綱に育てた弟子と一緒に
横綱会に参加、って、
究極の夢ですよね。

にしても、
横綱になっても師匠に背広を着せる
日馬富士が素晴らしい!

とか、思ってしまいました。

相撲界では割と
ふつうのことなのかも
しれないけど^^;

舞台裏のことまでは
よくわからないですからね(苦笑)

日馬富士は自慢の弟子に違いない

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)が
大相撲中継の解説に来ると、
日馬富士をとても信頼していることが
コメントからよく分かります。

世間が稀勢の里の応援モード一色でも、

「私は日馬富士の師匠なので、
日馬富士が稀勢の里の壁に
なってくれることしか考えていない」

と話していたことを
よく覚えています。

はっきりしていていいなと
思いました!

宝富士のことは
あまり褒めない師匠ですが……

言うまでもなく、日馬富士は
自慢の弟子なんでしょうね^ ^

元横綱全員がメンバーではない

ちなみに、
横綱会のメンバーは
元横綱全員というわけではなく、

現役の横綱と
親方になった元横綱のみ。

定年退職された方や
相撲協会を出られた方は
メンバーではないようです。

(お金がきついからですかね?)

隆の里が生きていたら・・・

もし隆の里の先代鳴戸親方が
生きていたら、

今年は伊勢ヶ濱親方(元旭富士)と
ともに、

横綱に育てた弟子を連れて
横綱会に参加していたんですよね。

それを思うと、
少し切なくなります。。。

でも、
天国で喜んで
見守ってくれていたでしょうか?

クリスチャンの中には
「イエス様を信じないで死んだ人は
必ず地獄に落ちる」と
決めつけている人もいますが、

私はそうは思いません。

死後のことは、
亡くなった方ご本人と
神様にしか分かりません。

喜んでくれていることを
願うばかりです^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







抜井記者が語る横綱会の話が面白い
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする