[ai] 新入幕から横綱までの所用場所数ランキング | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 新入幕から横綱までの所用場所数ランキング

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

大関 稀勢の里の初優勝で幕を閉じた
平成29年大相撲初場所。

優勝後には横綱昇進も決定!

久々の日本人横綱の誕生に
世間は大盛り上がりですが、

一方で、だいぶ前から次の日本人横綱に
最も近いと言われながら、

なかなか優勝出来ずにいた
大関でもありました。

その稀勢の里。

新入幕から横綱まで所用場所数
もっともかかった力士です。

新入幕から横綱まで所用場所数の
ランキングは、以下の通りです。

  1. 稀勢の里 73
  2. 琴櫻・三重ノ海 60
  3. 隆の里 50

師匠の隆の里を大きく引き離しての1位!(笑)

でも、横綱としての真価は
昇進まで早かったか時間がかかったかではなく、

横綱になった後、
どれだけ強い横綱になれるか
どうかだと思うので、

これから頑張ってほしいですね^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

平成29年大相撲初場所千秋楽の関連記事

スポンサーリンク







[ai] 新入幕から横綱までの所用場所数ランキング
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク