[ai] 新弟子検査の年齢制限が平成29年初場所より緩和 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 新弟子検査の年齢制限が平成29年初場所より緩和

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所後の9月29日。

相撲協会は理事会にて、
次の年より新弟子検査の年齢制限を
緩和することを決定。

詳しくは、
下記ニュースをご参照のこと。

実績考慮し来年初場所から新弟子検査の年齢制限緩和

日本相撲協会は29日の理事会で新弟子検査に関する規定を変更し、年齢制限を緩和する基準を設けた。

 中学卒業以上で、23歳を超えて、なおかつ幕下、三段目の各付け出し資格の基準を満たさなかった者でも、相撲を含む各競技で実績があると理事会が承認した場合は、25歳未満(新弟子検査日)まで新弟子検査を受検できることになった。師匠の責任で「各競技実績証明書」を提出し、理事会が受験資格を判断する。

 来年初場所の新弟子検査から適用され、身長や体重の体格基準や内臓検査などを合格した者は前相撲から相撲を取る。各競技の実績については理事会で適宜、判断する。

 これまでは、各付け出し資格の基準を満たしていた場合は25歳未満まで、それ以外は23歳未満までが年齢制限だった。

参照元 : 実績考慮し来年初場所から新弟子検査の年齢制限緩和 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

ますます力士の高齢化に
拍車をかけそうな決定ですが、
これも少子化の影響なのでしょうか?

新弟子が減っていることが起因していることは
間違いないと思います。

若い入門者が増えて、
大相撲が国技として継承されていくことを
願うばかりです。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 新弟子検査の年齢制限が平成29年初場所より緩和
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク