[ai] 日馬富士、立合い不成立にも動じず、豪栄道を下す! | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 日馬富士、立合い不成立にも動じず、豪栄道を下す!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所14日目。

2敗で単独首位の横綱 日馬富士は、
勝ち越しをかける大関 豪栄道と対戦。

一度目の立合いは不成立となりますが、
仕切り直しに動じることなく、
上手投げで豪栄道を破りました。

立合い不成立も、動じず

終盤にきて、
存在感も集中力も増している日馬富士。

この日の対戦相手は、勝ち越しをかける豪栄道。

最初の立合いは審判に止められ、
不成立となりますが、
仕切り直しに動じることなく、
二度目の立合いで勝負が成立。

両者ともに左の下手を引き、
上手は日馬富士のみが取る体勢に。

日馬富士が上手投げで勝負を制しました。

3敗で追う力士たちは

3敗の白鵬と稀勢の里が直接対決。

こちらも立合い不成立で仕切り直しと
なりました。

二度目で成立し、稀勢の里が土俵際の
突き落としで逆転。

どちらも集中力を欠いたような相撲と
なってしまいました。

平幕の貴ノ岩は、
激しい相撲で宝富士を圧倒!

千秋楽まで3敗で優勝争いに
名前を残すことになりました!

仕切り直しに、精神の充実ぶりが出ている

奇しくも優勝のかかる相撲で仕切り直しが
続きましたが、日馬富士は仕切り直しに
動じませんでした。

集中力、充実ぶりが伺えます。

日馬富士の千秋楽まの相手は、白鵬。

ふだんなら白鵬が有利でしょうが、
今場所のここまでの両者を見ていると、
日馬富士が有利に思えます。

うーん、やっぱり優勝は、日馬富士かなぁ。。。

でも何が起こるか分からないので、
最後まで見届けます!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク