[ai] 日馬富士が白鵬を破って優勝!横綱同士の素晴らしい熱戦でした! | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 日馬富士が白鵬を破って優勝!横綱同士の素晴らしい熱戦でした!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所千秋楽。

横綱同士の結びを制し、
日馬富士が8回目の優勝を飾りました!

日馬富士、横綱同士の熱戦を制する!

3敗の貴ノ岩と稀勢の里はともに勝ち、
日馬富士は勝てばその場で優勝、
負ければ優勝決定戦という大一番。

日馬富士が先に左の上手を取り、
右四つに組み合う展開に。

白鵬は上手が引けず、
日馬富士の上手を切ることも出来ません。

最後は日馬富士が左を巻き替えて双差しになり、
一気に寄り切りました!

横綱同士の結びに相応しい熱戦でした!

白鵬は不調を抱え、
明らかに本調子とは言えない感じでしたが、
それでも本調子でないなりに、
最大限の力を発揮した相撲だったと
思います!

日馬富士が8回目の優勝!

結果、日馬富士の8回目の優勝が決定!

おめでとうございます^o^

稀勢の里の綱取りは持ち越し

一方、3敗の稀勢の里は12勝目をあげ、
綱取りを翌場所まで持ち越し。

貴ノ岩は初の敢闘賞を受賞しました。

照ノ富士は千秋楽に勝ってカド番を脱出、
稀勢の里に敗れた豪栄道は負け越し、
来場所はカド番となります。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク