[ai] 明生vs千代皇!手をつかない対決が熱かった11日目 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 明生vs千代皇!手をつかない対決が熱かった11日目

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲名古屋場所11日目。

十両の取組で、
明生と千代皇が行司に6回
「手をついて」と言われても手をつかない、

“手をつかない対決”を繰り広げました!笑

スポンサーリンク




1分近く手をつかなかった明生と千代皇

この日対戦した立浪部屋の明生と、
九重部屋の千代皇。

時間いっぱいになっても、
なかなか手をつきません。

まあ、それはよくあることなのですが^^;

この時の両力士は、
尋常じゃないほど手をつきませんでした。

行司の木村要之助が

「手をついて!」

と促したのは6回!

この間約45秒。

たまらず明生がつっかけ、
仕切り直しとなりますが、

二度目も両者20秒も手をつかず、
もはや手をつかない対決。

先に手をついた方が負け、
と言わんばかりの我慢比べとなりました。

勝ったのは明生。

瞬殺で千代皇を吹っ飛ばしました!

始まるまでが非常に長い相撲となりました(苦笑)

両力士の熱い

“手をつかない対決”

に、拍手を送りたいと思います!

もちろん、本当はダメです!

……本当はダメなんですけどね^^;

本来なら制限時間内に立たないと
いけません。

時間いっぱいになっても立たないというのは、
ダメ中のダメです。

よくある光景ではありますが、
本当はルール上、ダメなんです。

きっと双方とも、

師匠、あるいは審判部なり理事長室へ
呼び出しを食らって、

怒られたものと思います(苦笑)

でも、そこは負けず嫌いの力士さん。

つい我慢比べをしてしまったんでしょうねぇ。。。

ぜひ木村晃之助さんに裁いてほしい取組

行司が幕内格の木村晃之助さん
(「手をついて!」の声にとても凄みのある方)
だったら、

どんな惨事になっていたのでしょうか?笑

ぜひ見てみたいものです^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 明生vs千代皇!手をつかない対決が熱かった11日目
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする