[ai] 春日山親方、相撲協会を退職 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 春日山親方、相撲協会を退職

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2017年1月16日、
春日山親方(元濵錦)が日本相撲協会を
退職しました。

年寄名跡証書を巡ってトラブルになっていた春日山親方

年寄名跡証書の引き渡しを巡って、
先代師匠と裁判沙汰になっていたという
春日山親方。

わたしには詳しいことは分かりませんが、
聞いた話を自分なりに総合すると、
以下のような流れなのではと思います。

(間違っていたらすみません)

先代師匠が不祥事で退職することになり、
濵錦が引退して年寄 春日山を襲名。

でも、処分に納得出来なかった先代が
年寄名跡証書を渡してくれなかったため、

現春日山親方は相撲協会に
「紛失した」と嘘を言って再発行を依頼。

そのことを先代が公言したため、
裁判沙汰に。

わたしには証書を渡さない先代が
悪いようにしか見えないのですが、

何千万だか何億だかの価値のある証書を、
嘘を言って再発行してもらおうとしてしまった
ことがまずかったようで
(詐欺罪に当たってしまうとか)、

現春日山親方が先代に
莫大な損害賠償を支払って
譲ってもらわないといけない、

という判決が出たと
解釈しています。

相撲協会との委託契約が更新出来なかった

とても払える金額ではなかったため、
裁判は長引きましたが、

そうこうしているうちに
相撲協会と部屋の委託契約の
更新の時期になり、

年寄名跡証書を所持していないため、
契約が更新出来ず、退職願いを出した。

と、いったところでしょうか?

ふつうに考えたら何それ?なことが、
法律の世界ではなぜか
正しくなってしまうことって、
ありますからねm(_ _)m

これからの人生が祝福されることを祈るばかり

私には法律のことも年寄名跡証書のことも
よく分からないので、

あまり偉そうなことは言えないですが、

退職された春日山親方と
親方に対する処分への抗議として
辞めていった14人の力士たちの、

これからの人生が祝福された
ものとなることを祈るばかりです。。。

「あの時は辛かったけど、今は幸せだ」
って、何年先でも何十年先でもいいから、
言えるようになってほしいです。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 春日山親方、相撲協会を退職
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク