[ai] 昭和5年に優勝した山錦という力士について | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 昭和5年に優勝した山錦という力士について

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所千秋楽。

この場所は豪栄道が、
大阪出身力士として86年ぶりの
幕内最高優勝を決めましたが、

豪栄道の前に優勝を果たした
大阪出身力士・山錦について、
NHK中継中に語られていました。

スポンサーリンク




元関脇 山錦ってこんな人

こちらがその山錦関のお写真。

元関脇 山錦。
優勝回数は1回。
昭和5年夏、11戦全勝で優勝。

元関脇ですが、
優勝時は平幕に落ちていたとのこと。

関西大学出身で、
学生相撲出身力士としては
先駆者的な存在だったようです。

同郷の横綱 大錦を慕って
出羽海部屋に入門したとのこと。

北の富士さんの入門当初は、
関取として第一線で活躍されていたそうです。

「山関」と呼ばれていた関取が
いたことを覚えていると、
北の富士さんは話しておられました。

引退後は、相撲協会には残らなかったようです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

山錦に関する記事
平成28年大相撲秋場所 千秋楽の感想
スポンサーリンク







[ai] 昭和5年に優勝した山錦という力士について
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする