[ai] 朝興貴の三段目優勝インタビュー | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 朝興貴の三段目優勝インタビュー

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所13日目。

三段目優勝は高砂部屋の朝興貴に決定いたしました!

その優勝インタビューの概要をUPいたします。

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

朝興貴の優勝インタビュー全文

インタビューアー : 厚井大樹

Q. 4年ぶりの各段優勝、前回は序二段でしたけども、今回の味はどうでしょうか?

「いや、もう、嬉しいです。すごく嬉しいです」

Q. 今日対戦相手は、錦戸部屋の彩扇(さいおう)さんとの相撲でしたが、振り返ってどうでしたでしょうか?

(ここで映像)

「いやもう、しっかり前に出れて良かったと思います」

Q. 相手が少し立合いずれましたけども、よく見えていましたか?

「相手をしっかり見て突っ張っていこうと思ったんで、それが良かったんだと思います」

Q. 取組前にはちょっと表情が硬くて、緊張しているように見えたんですが?

「はい。だいぶ緊張してました。入る前からずーっと緊張していました」

Q. ただ取組は、のびのび取っているように見えたんですが、何か切り替えは出来たんですか?

「いやもう……勝ち越しは決まってるんで、相手だけ見て、しっかり相撲取ろうと思いました」

Q. 今回7戦全勝で優勝出来た要因というのは、ご自身ではどう考えていますか?

「やっぱり今年入った学生2人と、もうよく稽古して、そういうのも、あると思います。しっかり稽古できて」

Q. 近畿大学の石橋さんと玉木さんですね?

「はい、そうです」

Q. どんな稽古内容なんでしょうか?

「んーーん、負け、ばっかりなんですけど……そう、何でも自分の実になるんだなと思いました」

Q. ご自身ではそうした稽古で、どんなところが実になっていると感じていますか?

「んー、やっぱり負けても、相手にぶつかっていこうと、そういう気持ちですかね」

Q. 優勝が決まって、師匠からも祝福を受けていました。部屋の期待はどういう風に感じていますか?

「いやもう……本当にもう……嬉しい限りで、応援してくれてるのも、すごい嬉しかったんで」

Q. 部屋にはその石橋さんと玉木さんもいて、ライバルには事欠きませんね?

「そうですね。もうこのまま、一緒に強くなっていきたいと思います」

Q. これで自己最高位が大きく更新します。このあたりに向けてはどうでしょうか?

「一番一番、大事にとっていきたいですね。欲を言えば勝ちたいですね」

Q. どんどん勝ち越して下さい。

「ありがとうございます!」

(NHK中継より)

感想

飄々とした感じの方だなと思いました。

以前、部屋の親方の若松親方(元朝乃若)が
幕下の相撲の解説で、朝興貴さんについて

「闘志があるのかないのかよく分からない」

と、おっしゃっていたのを思い出しました。

話している姿を見て、何となく納得です(苦笑)

でも、今年入門してきた石橋と玉木に
刺激を受けていることは、確かなんでしょうね。

高砂部屋のこれからが楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

    朝興貴に関する記事

  • [ai] 平成27年大相撲名古屋場所 東幕下五十二枚目 朝興貴 日別メモ
スポンサーリンク







[ai] 朝興貴の三段目優勝インタビュー
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク