[ai] 松鳳山と栃ノ心のつり出し対決! | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 松鳳山と栃ノ心のつり出し対決!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所13日目。

松鳳山-栃ノ心戦にて、
お互いがお互いをつり上げる
“つり対決”を見ることが出来ました!

取組内容

ともにすでに負け越して迎えた13日目。

立合い。

松鳳山は突っ張りではなく、差しにいきました。

松鳳山が双差しになり、栃ノ心は抱え込む格好です。

松鳳山がつりの名手・栃ノ心を高々とつり上げた!

でも、土俵の外まで運びきれず。。。

逆につり返されました。

すとん。

土俵際に下ろしてから
もう一歩前へ出ているので、
決まり手は「寄り切り」です。

松鳳山に下がりを返す栃ノ心。

「お前のつり、なかなかだったよ」
と、健闘を称えあっているようにも
見えます(笑)

松鳳山がつりきれなかった理由

松鳳山がつりきれなかった理由について、
この日解説の伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、
このように話しておられました。

松鳳山は深い双差しの状態で
相手を自分のお腹に乗せていたため、
前に運べなかったのだそうです。

自分より大きい相手をお腹に乗っけると、
胸やお腹に相手の体重がもろにかかり、
運べない、とのこと。

自分より大きい相手は、横からつるべし!

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は松鳳山に対し、
「横についてどちらかの前廻しを引いて
寄ってから吊った方が良かった」
と話しておられました。

双差しになる場合は、
どちらかを浅くした方がいいとのこと。

「横からつる」が、ポイントのようです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







[ai] 松鳳山と栃ノ心のつり出し対決!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク