照ノ富士の九州場所が非常に心配 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

照ノ富士の九州場所が非常に心配

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

照ノ富士の九州場所が
非常に心配です。。。

スポンサーリンク




照ノ富士の九州場所が非常に心配

理由は下記のニュースです。
照ノ富士が悲壮稽古 貴乃花親方からアドバイスも (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

朝乃山との三番稽古で負け越し、
さらには左膝の痛みも発症。

貴乃花親方からも
「無理するな」と言われ、
稽古を切り上げたとか。

次の九州場所で大関復帰がかかるので、
本人としては、

少しでも10勝出来る可能性があるなら
這ってでも出場したいところでしょうが、

とてもそれどころではないのではないかと
いう気がしてきました。。。

仮に大関復帰出来たとしても

仮に九州場所で無理して
大関復帰が叶ったとしても、
照ノ富士の膝は万全ではありません。

本来の力が発揮出来ず、
大関としての威厳を示すことが
出来るのでしょうか?

良くて何度もカド番を繰り返すのが
やっとな気がします。。。

古き悪きブラック企業体質が変わりますように

少しでも大関復帰の可能性があるなら
這ってでも出場するのは、
まあ百歩譲ってですが、
いいと思います。

でも、もしそれが叶わなくなったり、
負け越しが決定したら、
すぐに休場してほしいです。。。

大関復帰の10勝をした時点でも、
休場してほしいです。

でも多分、しないんだろうなぁ……。

照ノ富士はかつて、
大関で負け越しても出場し続けて
2勝10敗という成績だったことも
ありますからね。

負け星の数で番付の下り幅が変わる
平幕力士ならともかく、

大関の場合、
8敗でも10敗でも番付は
変わらないのに。。。

でもそういうこと気にして出ないのは、
相撲界では「粋じゃない」とか
「力士らしくない」って話に
なっちゃうんでしょうねm(_ _)m

それこそ、
先場所みたいに歩けなくなってやっと、
観念して休むような世界なんだろうなぁ。。。

先場所は照ノ富士以外にも
多くの力士が休場しましたが、

これだけ怪我が蔓延しているのは、
こういう休む=悪な古き悪き日本古来の
ブラック企業体質によるものではないかと
思います。

「休むことは逃げることだ」とか
「休む=悪」という価値観って、
残すべき伝統なのかな?

むしろ負の遺産だと思うので、
素晴らしきものだけ残して
変わっていってほしいものです。

以上、
ちょっと厳しめな口調になってしまいましたが、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







照ノ富士の九州場所が非常に心配
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする