[ai] 特等床山の床和さんが今場所限りで定年 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 特等床山の床和さんが今場所限りで定年

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年に名古屋場所限りで、特等床山の床和さんが定年を迎えられます。

5日目の取組合間に、床和さんのインタビューが放送されておりました。

床和さんコメント

床山歴45年の床和さん。

45年という歳月は、色々あったので、長いようで短かったと感じておられるそうです。

初めの頃は初っ切りの力士の大銀杏を結って勉強。

その様子を離れて見ていた先輩に「上手くなった」と褒められたことが、何より嬉しかったとのこと。

床山さんの仕事は、力士の髪質を見て、顔に似合った形に出来て一人前。

後輩たちには、先輩のいいところを盗んで勉強してほしい、と、メッセージを残されていました。

部屋の師匠・春日野親方のコメント

この日、NHK中継の解説は、床和さんの所属する部屋の師匠・春日野親方(元栃乃和歌)でした。

師匠から見た床和さんは、物静かで優しい人。

とてもお世話になり、ずいぶんわがままも聞いてもらったそうです。

でも、栃乃和歌の入門当時は、当時の流行の“ロン毛に裾の広いズボン”というファッションをされていて、「何だこの人は!?」と思っていたとのこと(笑)

床和さんは美容師から床山に転身した、異色の経歴の持ち主。

おしゃれな方だったようです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

下記記事では、床和さんが使用している道具をご紹介しております。

よろしければあわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 床山さんが使う4種類のつげ櫛

スポンサーリンク







[ai] 特等床山の床和さんが今場所限りで定年
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク