[ai] 玉金剛の三段目優勝インタビュー(平成29年春場所) | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 玉金剛の三段目優勝インタビュー(平成29年春場所)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲春場所13日目。

三段目優勝は片男波部屋の玉金剛に決定いたしました!

玉金剛が三段目優勝

この日解説の雷親方(元垣添)から、
「泥だらけになって稽古していた」
と、努力を評価された玉金剛。

この日の対戦相手は苦手の中園。

先に双差しを許しましたが、
突き落としで逆転勝利!

全勝優勝を決めました。

その優勝インタビューの全文をUPいたします。

緊張していたのか、
あまり話し慣れていない雰囲気でしたが、
一生懸命受け答えする姿は好感が持てました^ ^

玉金剛のプロフィール

西三段目三十五枚目 玉金剛
本名 : 木暮 拓磨
成績 : 7勝0敗
所属 : 片男波部屋
平成7年9月19日生(21歳)
茨城県笠間市出身
平成26年3月初土俵
参照元 : 各段の優勝力士・三賞力士 – 日本相撲協会公式サイト

玉金剛のインタビュー全文

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

インタビューアー : 船岡久嗣

Q. 初めての各段優勝ですね。

「そうですね。実感がないというか、まあ、嬉しいです、はい」

Q. 6連勝で今日土俵に上がりました。どんな気持ちで、どんな思いで上がりましたか?

「先場所負けてる相手だったので、緊張したんですけど、勝ってやるぞと思って臨みました」

Q. 二所ノ関部屋の中園さんとでしたね。

「稽古場でもあまり勝てない相手だったので、まあ、勝てて良かったです」

Q. 勝った瞬間は改めてどうでした?

「なんか……はい……本当言うと、嬉しかったですね。
あの、高校の、亡くなった栗本先生に、いい報告が出来ると思います」

Q. アマチュア時代の恩師ですね。

「そうですね、はい。本当にお世話になったので、いい報告が出来ると思います」

Q. 今場所は特に、どのあたりが良かったですか?

「あの、全体的に、前に攻めることが、出来たと思います」

Q. さらに磨いていきたいという部分は、このあとどうでしょうか?

「やっぱこう、師匠だったり、玉鷲関だったりみたいに、押し相撲をもっと磨いて、まずは幕下で勝ち越せるよう、頑張ります」

Q. 幕下の経験もありますが、次は幕下で?

「はい。2回上がって2回とも負け越してるんで、今度こそ勝ち越してやろうと思います」

Q. 来場所もぜひ、活躍して下さい。

「はい、ありがとうございます。頑張ります」

※栗本先生=元武蔵川部屋の関取の武哲山。
最高位は十両11枚目。引退後、
東洋大牛久高校で相撲を教えていた。
2013年7月に42歳で亡くなっている。
心不全とのこと。

平成29年春場所の優勝及び三賞インタビュー

スポンサーリンク







[ai] 玉金剛の三段目優勝インタビュー(平成29年春場所)
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク