[ai] 琴仁成、秋場所限りで引退「理学療法士を目指す」 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 琴仁成、秋場所限りで引退「理学療法士を目指す」

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所14日目。

この日、三段目の琴仁成は、
最後の相撲を取り終え、引退。

これからは理学療法士の勉強をし、
怪我をしないアスリートの育成に
携わっていくとのことです。

スポンサーリンク




最後の相撲

琴仁成、
今場所は勝ち越しこそならなかったものの、
最後の相撲はいい相撲で押し出し!

白星で飾りました^ ^

最後の勝ち名乗り。

深々と礼をし、

花道でファンの方から花束を受け取ると、

奥で師匠の佐渡ケ嶽親方(元琴ノ若)と対面。

握手をしていたようです。

琴鎌谷が小さい頃、よく面倒を見ていた

師匠の息子である琴鎌谷は、
小さい頃、琴仁成によく面倒を見て
もらっていたとのこと。

そんな兄弟子の引退に、
胸に帰するものがあったようです。

引退後は、怪我をしないアスリートの育成を目指す

引退後は理学療法士の勉強をし、
怪我をしないアスリートの育成を
したいとのこと。

佐渡ヶ嶽部屋に残るのかは分かりませんが、
相撲にも出来る限り関わっていきたいと
話していたそうです。

怪我はどんな競技もつきものとはいえ、
今、相撲界は怪我がとても多いですもんね>_<

第二の人生に
とても熱意を持っているのを
感じました。

ぜひその夢、
実現させて欲しいですね^ ^

琴仁成さん、
今までお疲れ様でした。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

琴仁成に関する過去の記事
平成28年大相撲秋場所 14日目の感想
スポンサーリンク







[ai] 琴仁成、秋場所限りで引退「理学療法士を目指す」
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする