[ai] 琴奨菊、優勝した初場所とは別人すぎた九州場所 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 琴奨菊、優勝した初場所とは別人すぎた九州場所

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年九州場所 東大関 琴奨菊の全取組結果と感想をまとめました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




全取組内容

琴奨菊 和弘
(ことしょうぎく かずひろ)
所属部屋 : 佐渡ヶ嶽
本名 : 菊次 一弘
しこ名履歴 : 琴菊次 → 琴奨菊
番付 : 東大関
生年月日 : 昭和59年1月30日 32歳
出身地 : 福岡県柳川市
身長 : 180.0cm
体重 : 182.0kg
得意技 : 左四つ・寄り
引用元 : 力士プロフィール – 琴奨菊 和弘 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 5勝10敗

初日 : 魁聖に快勝

初日の対戦相手は魁聖。

琴奨菊が立合いすぐに上手を取って、
上手出投げ!

快勝でした^o^

福岡のお客さんも大喜び!

2日目 : 御嶽海の肩透かしに敗れ、暗雲

琴奨菊は立合いから御嶽海に双差しを許し、
密着出来ないまま前に出て、土俵際でばったり。

前の秋場所は琴奨菊が勝ちましたが、
御嶽海もなかなか下がらず、
そろそろ勝つんじゃないかという予感は
ありましたが……

とうとう勝ちましたね!

3日目 : 絶好調の玉鷲相手に何も出来ず

3日目は絶好調の玉鷲相手に何も出来ません。。。

この日もあっさり双差しを許してしまいました。

玉鷲はそこからの喉輪押し。

(決まり手は寄り切り)

4日目 : 遠藤の快進撃に撃沈

4日目の対戦相手は、
この場所明らかに力をつけていると
感じた遠藤。

遠藤は楽しみ、
琴奨菊は心配な対戦でしたが、

相撲は遠藤が当たってからのはたき込みという、
非常に淡白な内容に。。。

琴奨菊は膝が悪いのでしょうか?
2日目から全く足が送れていないですね。

遠藤は3日連続大関撃破です!

5日目 : 嘉風を一気に押し出し

5日目の対戦相手は嘉風。

心配な相手でしたが、
琴奨菊が一気に押し出しました!

引っ張りこむ動きはありましたが、
押しに転じたのが良かったようです。

逆に嘉風は、
少し噛み合わない相撲に見えました。

6日目 : 密着は出来ずも隠岐の海を渡し込み

6日目の対戦相手は隠岐の海。

過去は何度となく痛手を受けている相手ですが、
今回は相手も不調とあってか、

琴奨菊がわたしこみながら
一気にガブリ寄りました!

決まり手は渡しこみです。

ただ、隠岐の海の持ち前の柔らかさゆえか、
密着しきれてはいなかったですね。

7日目 : 高安に逆転の突き落としを食らう

7日目の対戦相手は、
この場所大関をかける高安。

最初の立合いは高安が焦れて突っかける形で待った。
二度目で成立します。

琴奨菊が一気にがぶり寄りますが、
高安が土俵際で逆転!

琴奨菊は密着しきれず、
体が伸びたままがぶってしまった印象です。

高安は上体が起きていましたが、
よく見ると起き切ってはいなかったように見えます。

鳴戸親方(元琴欧洲)は琴奨菊について
「右の使い方が悪い」と解説。

素人目には説明されてもよく分からないのですが、
悪い時の琴奨菊は右の使い方が悪いようです。

中日 : 照ノ富士に一方的に寄り切られる

中日は大関戦が組まれ、
相手は照ノ富士。

照ノ富士の一方的な展開でした。

照ノ富士が小手で振って、
組み止めて寄り切りです。

序盤は照ノ富士が心配でしたが、
この時点では琴奨菊が心配で
仕方がありませんでしたm(_ _)m

9日目 : 白鵬の横綱相撲に敗れる

9日目は横綱戦が組まれ、
相手は白鵬。

白鵬は琴奨菊のかぶりを
がっつり組み止めます。

徐々に体勢を作って、
最後は豪快に上手投げ!
余裕はがあるように感じました。

この場所は白鵬も休場明けで
本調子ではなかったですが、
やっぱり強いですね。

横綱相撲でした^ ^

10日目 : 豪栄道に一気に寄り切られる

10日目の対戦相手は
この場所初の綱取りに挑んだ豪栄道。

豪栄道が一気に寄り切りました!
いい相撲です^o^
土俵際の詰めも万全でした!

琴奨菊はこの黒星で7敗目となります。

11日目 : 日馬富士に投げられる

11日目の対戦相手は横綱 日馬富士。

日馬富士が張って左の下手!

足を払いながらの下手投げです!

強いです!

琴奨菊は負け越しです。。。

12日目 : 鶴竜に華麗に巻き替えられる

12日目はこの場所優勝した横綱、
鶴竜と対戦。

鶴竜が立合いから右四つ!
左も巻き替えて双差しになって
一気に寄り切りました!

やはり横綱、
巻き替えるのが手早く、
華麗です!

13日目 : 栃煌山を突き落とし

琴奨菊が当たってからの突き落とし。
栃煌山は負け越しです。。。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、

「栃煌山は立合いが悪い。

下から入ろうとしているが、
上半身だけ先走っている。

足から当たらないといけない」

と解説。

どちらも不調だったせいか、
どことなく元気のない相撲に思えました。

14日目 : 碧山に変わられる

14日目は碧山が立合い変化!

ざわつきました。
罵声も聞こえます。。。

碧山、琴奨菊のご当所で変わるとは……
心が強いですね。

千秋楽 : 松鳳山の変化を意地でも残して寄り切り!

通常なら稀勢の里との対戦が組まれる
千秋楽でしたが、

琴奨菊が不調すぎたためか、
千秋楽の対戦相手は松鳳山となりました。

琴奨菊は松鳳山の変化には落ちません。
左で腕を返してがぶり寄りました!

最後は左四つが抜けて、
渡しこみながらの寄り切りです。

琴奨菊の意地を感じる相撲でした。

琴奨菊の平成28年九州場所総括

初場所優勝した時とは
明らかに別人な相撲内容でしたね。

悪かった頃に戻ってしまったようで
残念ですm(_ _)m

去年の後半から今年の頭にかけては、
土俵際の逆転を食らわなくなり、
とても相撲が良くなったように
感じていたのですが、、、

この九州場所に関しては、
上体が伸び上がった状態でガブったり、
脇があいた状態でガブリ寄って、

土俵際、膝からコロンと
落ちてしまうことが多かったですねm(_ _)m

尾車親方(元琴風)は
「抱え込んでガブリ寄るのは良くない」

北の富士さんと鳴戸親方(元琴欧洲)は
「右の使い方が悪い」

というお話をされていましたが……

膝の状態が悪くて、
場所前の調整が上手くいかなかった
のでしょうか?

次の場所はカド番となりますが、
元気な相撲が見たいですね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

琴奨菊の過去のまとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする