[ai] 琴恵光の網打ち履歴を調べてみました! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 琴恵光の網打ち履歴を調べてみました!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年名古屋場所初日。

十両の琴恵光が珍しい決まり手
「網打ち」で天風を破りました!

スポンサーリンク




「網打ち」ってこんな技

「網打ち」は、相手の腕を取って
漁師さんが網を打つように投げ飛ばす決まり手。

詳しくは下記、
相撲協会公式サイトにて
教えてくれています。

ハッキヨイ!せきトリくん- 日本相撲協会公式サイト

琴恵光は大きな天風に土俵際まで
攻め込まれましたが、
網打ちで見事逆転しました!

琴恵光にとっては得意技?

珍しい決まり手の網打ちですが、
琴恵光は比較的よく網打ちで勝つことの
多い力士。

そんな印象が強かったので、
ここ一年分のみですが、

琴恵光の過去の網打ち履歴を
調べてみました。

結果は以下の通りでした。

  • H29 初 小柳
  • H28 九 東龍

出て来たのは2回だけ^^;

そこまで網打ちで勝っているわけでは
ありませんでした(苦笑)

過去の網打ち履歴

そこでさらに、
琴恵光以外の網打ち履歴も
調べみました。

網打ちはだいたい1〜3年に1回のペースで
出ていて、

時々年に2回出るケースもあったようです。

千代の富士、朝青龍、白鵬、日馬富士といった
横綱も決めています。

以下のサイトで詳しく紹介してくれていました。

参照 : 【大相撲珍決まり手40選】 網打ち(あみうち) – まるほんネット(湘南茅ヶ崎情報とその他いろいろ多動力ブログ)

琴恵光=網打ちなイメージがついたのは

こうして見ると、
やはり珍しい決まり手ですよね。

琴恵光がしょっちゅう網打ちで勝っている
印象が強かったのは、

そんな珍しい決まり手を、
同じ人が一年以内に3回も出していたから
かもしれません。

あと多分、
網打ちに近い体勢になったけど
結局決まり手は「突き落とし」を採用された、

とか、

逆転の網打ちを狙ったけど
決まらなくて負けちゃった、

というケースもあったかと思います。

琴恵光の勝った決まり手履歴を見てみると、
「突き落とし」が多かった印象です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 琴恵光の網打ち履歴を調べてみました!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする