白鵬にも厳しい!藤井康生アナの大相撲実況 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

白鵬にも厳しい!藤井康生アナの大相撲実況

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンの
ペパーミントあいです。

昨日は吉田賢アナウンサーの
大相撲実況の話をしたので、

今日は藤井康生アナウンサーの
大相撲実況の話をしようと思います。

吉田さんの大相撲実況については、
下記記事をご参照のこと。

吉田アナの小粋な大相撲中継

スポンサーリンク




藤井アナ「白鵬、いけません」を連呼

吉田アナの大衆感溢れる雰囲気とは違い、
藤井アナの大相撲実況は厳しめです。

よろしくないと思われる振る舞いについては、
相手が白鵬だろうが審判長だろうが客だろうが、
「これはいけません」とはっきり言います。

いつも厳しいことばっか
言っているわけではないですが、
要所ではガツンと言います。

この記事を書いた
平成29年大相撲九州場所の11日目は、

白鵬が待ったと勘違いして
力を抜いてしまったせいで嘉風に敗れ、
待っただと主張したけど結局通らず、
この場所の初黒星を喫した日。

立合いが成立したという判定に
納得がいかず、1分以上も土俵に戻らない、
判定を受け入れない白鵬の振る舞いに、

藤井アナウンサーは、
「大横綱、これはいけません」
「気持ちは分かりますが、これはいけません」

と繰り返しました。

誰に対しても厳しい藤井アナ

藤井アナウンサーは以前にも、
白鵬の土俵下への入場が遅れた時には

「白鵬、これはいけません。
取組の最中に力士が入ってくる光景は
美しくありません」

と実況。

審判が勝ち名乗り後に
物言いをつけようものなら、

「最近物言いをつけるのが遅すぎます」

と実況。

時には手拍子コールで応援する
一部のお客さんに対しての苦言を
言ったこともありました。

NHKのアナウンサーなので、
ちゃんと言葉は選ぶし、
変に感情的になったりはしませんが、
要所要所で厳しいことを言います。

あんまりいつも厳しいことばっか
言われたら視聴者も疲れちゃいますが、

ちょっとイラッときた時に
それをガツンと言ってくれるので、
私としてはスカッとします(笑)

お堅い人ではない

かと言って、
単にお堅いだけの人かというと
そういうわけでもなく、

先場所阿炎が十両優勝した時の
インタビューでは、

阿炎のチャラくて面白いキャラを
引き出すようなインタビューを
していたし、

今場所の初日、
最年長再入幕をはたした安美錦が
白星を挙げた時のインタビューでは、

「今日は面白い発言が少ないですね」

と振ったり、
視聴者に楽しみを提供してくれる方です^ ^

実況アナウンサーの矜持

そんな藤井アナウンサーからは、
大相撲中継の実況アナウンサーとしての
矜持をとても感じます。

単に大相撲に精通しているだけでなく、
藤井さん自身が相撲がとても好きで、
相撲の素晴らしさ、面白さを実況を通して
伝えたいという心意気を感じます。

藤井さんの実況、
とても好きですvv

誇りを持ってお仕事に臨んでいる
アナウンサーはかっこいいと思います!

藤井さんと吉田さんのキャラが生きる日

今場所はたまたま
吉田さんと藤井さんの実況が
連続で続いたわけですが、

まあ見事にマッチする日に
当たったなと思いました。

ただ白鵬の優勝ロードが
整えられただけで平和だった日は
吉田さんの居酒屋実況が
面白みを添えてくれて、

白鵬が何かやらかした時には
藤井さんがガツンと言ってくれる、
という。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







白鵬にも厳しい!藤井康生アナの大相撲実況
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする